木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

邑美冷水(おうみのしみず)と前原埼

 松江市大海崎町の十二所神社です。以前の大海崎町は道が狭い上に大型バスが通っていたので、混雑する時期には、対向車がフン詰まって動けなくなることがありましたが、現在はバイパスができ、静かな集落に戻りました。その岬の背後の谷の最奥にあるのがこの十二所神社です。
十二所神社

『出雲国風土記』には出てこない神社ですが、そもそも、『出雲国風土記』の「島根郡条」には、脱落が多く、いろいろ問題の多い事もよく知られています。「島根郡条」の記載は大橋川付近から始まり、中海沿いから美保関を回り、日本海岸を西に向かう、反時計回りに記されていきますが、それぞれの記事の比定地を見ると、現在の本庄町付近に関しては、まったく記事が見られず、すっぽりと抜け落ちています。こうしたことから、島根郡条に見え、大海崎に比定されている「前原埼」などが、もっと北東の下宇部尾町万原(まんばら≑まえはら)と言う節もあります。
十二所神社の御本殿

 仮に万原説を採っても、本庄町周辺の空白は埋まらないことから、まったく違う可能性を考えても良いのかもしれません。
 で、「島根郡条」には「邑美冷水(おうのしみず)」の記事があります。ここでは、「男も女も老いたるも少きも、時々に叢がり集いて、常にうたげするところ」とあり、泉の湧き出す景勝地に、人々が集まって遊興する様子が記されています。この場所は、現在の「目無し水」と言う湧水の場所に比定され、しっかりと「風土記記載の邑美の冷水」と説明板が立てられていますが、それも、もしかすると違うのかも知れませんね。
お松:ち、違うんでしょうか?
やや:個人的には違うと考えているんですが・・・。
 邑美=大海でしょうから、大海崎町からはずれることはないと思いますが、現在の大海崎町内を流れる小河川の源流とかでも良いのではと・・・。なんで、そんな事を思っているかと言えば、目無し水周辺が、景勝地だったとは思えないので・・・。
お松:ややさんに、景勝地がどうとかと言うセンスがあるかどうかは疑問ですが・・・。
やや:それはそうですが・・・(←お松:認めるんだ!)。
久良彌の清水

 先週紹介した久良彌神社付近は、まさにこの島根郡の空白近くに所在し、地元の人たちから「久良彌の清水」と呼ばれる湧き水があります。邑美≑久良彌は、だいぶ苦しい感じですが、ここじゃないにしろ、この界隈に邑美冷水や前原埼があったのではないでしょうか?

おまけ
なぜか、神社を向いている狛ワンコさんたち
十二所神社の狛ワンコさんたち

お松:あれ?なにか気になる匂いでもしたんでしょうか?
やや:犬じゃないんだから・・・。バイパス工事で参道が付け替わって、居場所がなくなったんでしょう。
お松:それはそれでかわいそうですね。
やや:でも、本人(本狛犬)たちは、楽しそうですけどね。
お松:犬じゃないんだから!
スポンサーサイト
  1. 2017/09/09(土) 14:47:49|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八束水臣津野命が引っ張ってきた闇見国って・・・

お松:こにゃにゃちは~!
 窓から入ってくる風も、すっかり秋の気配。明け方は寒いくらいになってきた山陰地方です。みなさまいかがお過ごしでしょうか?
やや:ってぇか?げぇ~!!気がつけば9月じゃないかぁ?なんの断りもなく勝手に9月にしやがってもぉ。何にもしないうちに夏が終わっちゃったじゃないかぁ!
お松:・・・。
 え~、もぉいいからぁ、とにかく今日の話題を始めてくださいな。
やや:夏がぁ・・・。
お松:あのぉ?
やや:はいはい、始めますってばぁ。
久良彌神社付近から見た山々

さて、
 このブログでは毎度おなじみの天平五(733)年に記された地誌、『出雲国風土記』の冒頭近く、「意宇郡条」には、有名な国引き神話が記されています。
 八束水臣津野(ヤツカミズオミヅヌ)命が出雲国を「小さく作っちゃったなぁ」って後悔して、あちこちの余っている国を引っ張ってくると言う壮大な物語の最後に、杖を突いて「おぇっ」って言ったので「意宇(おう)」って言うオチを付けるような地名説話です。
そのストーリーの中で、近年の研究で注目されているのが「闇見(クラミ)国」です。闇見国は、西から始めて3番目に引っ張ってきた国で、狭田国(さだのくに)と三穂埼(みほのさき)の間。松江市の大橋川北岸から旧鹿島町、旧島根町あたりの事だと考えられているようです。
久良彌神社参道

で、問題となっていたのは、狭田にしろ三穂にしろ、現在にも続く地名が残っているのですが、闇見については、現在の久良彌神社、『出雲国風土記』の「久良弥社」が記されているぐらいで、地名が残っていないのです。しかも、『出雲国風土記』の「島根郡条」は、神社部分が脱落していて、『延喜式』から補訂されたと言われている部分なので、闇見国という地名はホントーにナゾでした。闇見国は、風土記の時代にすでに使われなくなった古い地域名だったのかも知れませんが・・・。で、最近の研究によれば、その古い地域名、闇見国は、倉と名が付く山が見える地域の事ではないかと言う説が示されています。
久良彌神社の御本殿

 『出雲国風土記』にはたくさんの山が記されているのですが、出雲のすべての山が記されている訳ではなく、記されている山にはそれなりの意味があるのだろうと思われています。で、「島根郡条」に記されている山には、「大倉山」と「小倉山」があったりします。その事に深遠な意味があるなんて考えたこともありませんでしたが・・・。
大倉山から小倉山

 久良彌神社から北に見える山塊の右端が大倉山・・・現在の枕木山。左端が小倉山・・・現在の太平山ですね。つまり、「大倉、小倉が見える」のが倉見(くらみ)・・・闇見・・・久良彌ではないかと(←お松:なるほど!)。
 「島根郡条」については、『出雲国風土記』の中でも欠落や間違いが非常に多い部分なのですが、だからこそ、突っつきがいのある楽しい記事とも言えるようです。
  1. 2017/09/02(土) 16:58:39|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遊びをせんとや生まれけん~のラスト

 夏も終わろうとしているのに、この夏の天候不順を取り戻そうとするかのように好天の続く山陰地方です。
お松:夏、終わっちゃいますねぇ。この時期って、なんかさみしいんですよねぇ。
やや:熱中症の季節が終わり、スズメバチのシーズンです。マダニやマムシも活動が活発になるので、山中の探検は十分に気をつけましょう!
お松:・・・。
やや:え~、そもそもの話にもどりますってえ~と、平安時代に作られた歌謡集、『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』に「聖(ひじり)の住所(すみか)は何処(どこ)どこぞ~ 箕面よ勝尾よ、播磨なる、書写の山、出雲の鰐渕(わにぶち)や日の御崎~ 南は熊野の那智とかや~」と、詠われ、鰐淵寺のある鰐淵(わにぶち)の他に、日御碕も修験の聖地として知られていたはずだ。でも、日御碕ゆ~たら、山林修行に関わるようなお寺があんのんかいな?それ、どこやねん?つ~話でした。
お松:どこのひとですか?
・・・日御碕神社には、天照大神やスサノオ命の他、月読(ツクヨミ)命も祀られているってとこまでのお話でしたが、未だに修験や山林修行のお寺の話は出てきてません。このまま終わってしまうんじゃないでしょ~か?
天一山中の平坦面

やや:さて、日御碕神社の背後にそびえる天一山(あまかずやま)には、月読神社が建てられ、月読命が祀られているのですが、その山中には、墓所の他、多くの平坦面が残されています。こうしたところが古くは僧坊跡、つまり聖の住処だったのかも知れません、ま、発掘調査をしないと判りませんが・・・。
天一山神宮寺

 で、実は日御碕には、曹洞宗神宮寺と言うお寺があります。神宮寺ですので、日御碕神社の神宮寺です。日御碕神社の古い絵図には、境内に塔などの仏教に関わる建築物が描かれているものがあります。つまり、鰐淵寺が出雲大社と関係し、神仏習合の時代があったのと同じように、日御碕神社も、江戸時代までは神仏習合の神社だったと言う事です。

 神宮寺は、現在は曹洞宗ですが、元々は真言宗のお寺だったと伝えられています。比較的早く、15世紀頃に曹洞宗に改宗したらしく、そのために密教の印象が薄くなっていますが、真言宗と言えば密教。まさに山林修行のお寺ですね。現在では、日御碕神社と天一山を挟んだ東側にあります。例によって明治政府の神仏判然令によって、分離したようです。
 境内には、薬師堂が建てられ、いにしえの山林修行のお寺の様子を伝えています。
神宮寺の薬師堂

お松:やっと、結論ですか。引っ張ったわりにはごくごく普通の結論で・・・。
やや:はい、そうですね。
  1. 2017/08/27(日) 07:05:46|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遊びをせんとや生まれけむ~の続き

 後白河法皇の『梁塵秘抄』に導かれ、日御碕神社に行った話の続きです。
夏の終わりの稲佐の浜

 日御碕神社では、大きな2つの社殿で、天照大神とスサノオ命を中心にお祀りされていますが、そもそもこの神様方、『古事記』によれば、イザナギ命が、亡くなったイザナミ命に会いに行って、黄泉醜女(ヨモツシコメ)とかに追いかけ回され、やっとこさ逃げ帰ってきたところで登場される神様方です。
 何とか逃げ帰ったイザナギ命は禊(みそぎ)を始めます。で、左目を洗ったときに現れたのが天照大神、右目を洗ったときに現れたのが月読(ツクヨミ)命、そして鼻を洗ったときに現れたのが建速須佐之男(タケハヤスサノオ)命、つまりスサノオ命です。3神が現れたのに喜んだイザナギは、アマテラスに高天原を、ツクヨミに夜の国を、スサノオには海原を治めるように命じました。
お松:な、なんか・・・。アマテラスとツクヨミは対になっているような感じですが、スサノオは鼻から?太陽神と月の女神が高天原と夜の国って言うのは判る気もしますが、スサノオは海原なんですね。
やや:で、気に入らないスサノオはイザナミのいる根の国に行きたいとダダをこね始め、暴走が止まらなくなって天岩戸事件に発展するのですが・・・。今日は月読命です。
お松:あまり印象がない神様ですが・・・。
やや:『古事記』『日本書紀』にも登場する機会の少ない神様ですね。
 さて、日御碕神社です。
 日御碕神社は、『出雲国風土記』記載の美佐伎社と考えられており、当時は、現在の経島(ふみしま:ウミネコの繁殖地として有名)にあったようです。もちろん、天照大神とは書かれていません。出雲地方の古い文献からは、日御碕神社と天照大神や月読命の関係は追いにくいようですが、中央の歴史書にはそれらしい一文が出てきます。
 『日本書紀』には・・・、『日本書紀』は本文だけでなく、「一書に曰く」として、別の伝承を列記しているのが特徴ですが・・・、有名な国譲り神話について、「一書に曰く」としてフツヌシ神が、オオアナムヂ(オオクニヌシの別名)に国譲りの条件を示しています。それが、
 「住むべき宮殿は、日隅宮(ヒスミノミヤ)と同じように大きな神殿を建てましょう」
ということです。
お松:大きな神殿というのは出雲大社のこと?ヒスミノミヤは・・・あ、ヒシズミノミヤ?日沈宮の事ですか?
やや:そうとも取れそうですよね。とにかく日本海に沈む夕日を背に、天照大神を祀った日沈宮を建て、月の昇る東の天一山に月読命が祀られているようです。
月読神社の参道

 日御碕神社に車を止めて、県道をしばらく登ると月読神社の参道が見えてきます。で、そこから登ること15分ほど。
月読神社本殿

 山頂近くの月読神社に到着です。日沈宮や神の宮に比べると恐ろしく質素なお宮ですが、それでももちろん、地元の皆さんに大切に管理されており、道もしっかりしています。
お松:山頂からの眺望は?
天一山から見た経島

やや:何とか見えるのは経島!『出雲国風土記』記載の美佐伎社のあった場所ですね。
お松:日御碕神社は?
やや:もちろん見えます。
天一山から見た日御碕神社

お松:・・・。見えると言えば確かに・・・。
やや:真夏に行く所じゃないな・・・。
お松:・・・そう言えば、山寺はどうしたんでしたっけ?
やや:あ、続く・・・ってことで。
お松:だ、だいじょうぶかぁ?
  1. 2017/08/20(日) 18:45:16|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遊びをせんとや生れけ~ん(前編)

 いや~。夏もそろそろ後半戦。
夏の終わりの稲佐の浜

 なのに遊んでいるヒマがな~い!本当なら・・・
 ♪遊びをせんとや生れけ~ん  ♪たわむれせんとや生れけん~
お松:どっかで聞いたことがあるような?
やや:何年か前、松山ケンちゃんがやってた『平清盛』のオープニングですね。
お松:ん?「山寺で修行中」カテゴリですが、松山のケンちゃんと何の関係が?
やや:松山ケンちゃんはどうでも良くって、松田ショウタくんがやってた後白河法皇ですね。後白河は、院政期の、つまり平安末期の天皇、退位後は法皇として権勢を振るい、源氏や平家と覇権を争ったので有名なかたですね。
お松:源平の合戦の直前の人?平清盛と並んで、歴史上はあまり好かれていないキャラのようですが、この手の人は、へそ曲がりのややさんのお好きなタイプでは?
やや:平清盛と並び、大変立派な業績を挙げたかたです。冒頭の「♪遊びをせんとや生れけ~ん」は、『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』と言う後白河法皇が治承年間(1180年頃)に編まれた歌謡集の一節です。残念ながら内容の多くは失われてしまいましたが、一部が伝えられています。後白河法皇は、この他にも『年中行事絵巻』を作らせるなど、当時の文化を現代に伝えると言うたいへんな功績を残されたです。平清盛と共に平安末期の最高におもしろい人達なのですが、それを源頼朝がムチャクチャにひっくり返して・・・。
お松:はい、はい。で、その松田ショウタくんがど~したの?
やや:え~、その『梁塵秘抄』の中に
 「聖(ひじり)の住所(すみか)は何処(どこ)どこぞ~ 箕面よ勝尾よ、播磨なる、書写の山、出雲の鰐渕(わにぶち)や日の御崎~ 南は熊野の那智とかや~」
と言う一節があって、聖のすみか・・・つまり山林修行僧が居た有名な場所と言うのが詠われているんです。箕面や熊野の那智なんかが、平安時代の都でも有名だったと言う事ですね。
お松:お~!出雲の鰐淵というのは、現在の鰐淵寺のことですね?
やや:その周辺の山の事なのでしょう。それよりも気になっているのが日の御崎~。
お松:日の御崎~は、日御碕の事でしょう?
やや:日御碕って、密教のお寺とか修験道とかで有名ですっけ?
日御碕神社日沈みの宮

お松:あ・・・?日御碕神社はあるけれど、そう言えば、お寺の印象って無いですね。日御碕神社と言えば、近頃は日本遺産「日が沈む聖地出雲」に選ばれたので話題の・・・。
やや:・・・。
お松:お~い!
やや:日本遺産とか、よく分からないものは置いておいて、天一山(あまかずやま)です。
日御碕神社神の宮から見た天一山

お松:お~い、カメラがあらぬ方向を向いてますぜ~?
やや:よいの。現在の日御碕神社の社殿は、随身門の真っ正面にあるのが、天照大神を祀った「日沈みの宮」。向かって右手の小高いところにあるのがスサノオ命を祀った「神の宮」。
お松:ご兄弟の神様を同時に祀っているんですね。
やや:3人兄弟の真ん中をお忘れですよ。
お松:あれ?
やや:月読(ツクヨミ)命ですね。
お松:忘れてるんですか?
やや:・・・。だから、その月読命を祀ったお社があるのが天一山。日御碕神社の真正面にそびえる標高約130mの山です
お松:へ~。
 で、そこに登ったんですね。でも、月読命・・・まだ、山寺じゃない・・・。
やや:と、言う訳で次回に続く。
お松:だ、だいじょうぶか次回?本当にあるのか?次はいつだ~!
やや:やかましい!
  1. 2017/08/19(土) 22:33:22|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (54)
出雲のお庭 (33)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (8)
雪舟を探して (9)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (26)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (65)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (39)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR