木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

休みの日なので休んでみた

 相変わらず、困った状態の続くウチの職場ですが、特に今週は小さなミスとトラブルが続き、これはヤバい感じ。で、その対応策として思いついたのが、なんと画期的な方法!

 休みの日は休んでみる!

お松:う・・・。
やや:ところが、このところまともに休み慣れていないこともあって、休みの日って、ナニして過ごしてたっけ?みたいな・・・
お松:はぁ・・・?
やや:そうだ、山に行こう!
お松:あぁ・・・。
やや:いきなり思いついて行けそうな・・・茶臼山にテッ・テッ・テェ~っと登ってみました。
山代郷北新造院跡史跡公園からみた茶臼山
 画像は、茶臼山の北の麓、史跡山代郷北新造院跡の公園から見た茶臼山です。北新造院跡は、厳密には松江市矢田町ですが、この辺りから茶臼山を含む一帯が松江市山代町です。

茶臼山からの風景
 『出雲国風土記』意宇郡条に見える山代郷の地名の由来は、「所造天下(アメノシタツクラシシ)大神、大穴持(オオナムヂ)命の御子、山代日子(ヤマシロヒコ)命坐す、故、山代と伝う」とあって、アメノシタツクラシシ大神と呼ばれるオオクニヌシ命の御子であるヤマシロヒコ命が鎮座しているから山代なのだと記しています。このヤマシロヒコと言う神様は、他にはほとんど出てこない神様です。ヤマシロなのは、古墳時代後期の様々な動きの中で山背国の人と関わりができた地域なのか・・・。

 一方、『出雲国風土記』には「山代社」も記されていますが、現在の山代神社は山代町ではなく、お隣の古志原町に鎮座しています。
 古志原町にある山代神社は、江戸時代に勧請されたようですが、その時の社名は高守神社。江戸時代の地誌、『雲陽誌』によれば、山代山(茶臼山)の中腹の森に鎮座した神社だったと言います。
山代神社

 つまり、山代の由来となった山代社は、後に高守神社と呼ばれるようになり、その後、山代から古志原に遷宮した後、山代神社に社名を戻したということでしょうか。
 その山代神社から茶臼山は・・・
山代神社から見た茶臼山
よく見えない・・・。


おまけ
呼んだぁ?

「呼んだ?」シッポ振りフリ!

お松:ま、なんにせよ、休み慣れてない感は、しっかり伝わってきました。
やや:・・・と、とりあえず、サッカー見るか!アイスランド頑張れ!
スポンサーサイト
  1. 2018/06/16(土) 17:07:02|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

崎の風景

 承久三(1221)年5月、後鳥羽上皇は、京都守護の伊賀光季を打ち、鎌倉幕府の執権北条義時追討の院宣を発します。・・・が、北条義時は幕府軍を率いて京都に向かい、上皇方の将を惨殺。鎌倉幕府を転覆させ、朝廷に政治の実権を取り戻そうとした承久の乱は、わりとあっさりと終結してしまいました。
崎のお寺のお地蔵さんたち

 乱の関係者の処分が決まる中、首謀者である後鳥羽上皇は隠岐に島流しとされ、美保関から隠岐へと向かわれたのだとか。やがて、隠岐諸島に近づいてくると、次第に波風が強くなり、とうとう時化となってきたのだとか・・・。そこで上皇は、
  我こそは新島守よ隠岐の海
        荒き波風心して吹け
 と、詠まれたのだと。

 承久の乱には失敗したものの、日本の一員として、隠岐を守ると宣言されたと言うことでしょうか。ま、とにかく時化のため、上皇の一行を乗せた船は、予定していた隠岐諸島中ノ島の苅田には近づけず、やむを得ず中ノ島の最南端、崎の港にたどり着いたのだそうです。
崎の風景

 南東に開口した入り江は、西風による時化から逃れるには最適の港だったのでしょう。
現在の崎の港周辺は静かなところです。どこかで、漁師さんたちの話し声が風に乗って聞こえてきます。しばし、時間が止まったような錯覚に・・・
 で、上陸した上皇が、その夜の宿が決まるまで腰掛けていたとされる石・・・。
上皇が腰掛けたとされる石

お松:これ、いつのお話でしたっけ?
やや:13世紀・・・今から700年も前に、上皇が、ほんのしばらく腰掛けていた石。
お松:これは事実なのでしょうか?
やや:ノーコメントです。

おまけ
隠岐牛と見つめ合う

やや:好評だったので、アップです。
お松:ハエだらけです。
  1. 2018/06/09(土) 12:28:43|
  2. ネタ切れにつき在庫処分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

隠岐に配流

 非常事態で壮絶なウチの職場・・・机の上は書類がてんこ盛りですが、それでも出張には行かねばならない。その出張先は、日本海に浮かぶ隠岐諸島の海士町!
 現地での用務はホンの数時間で片付いたのですが・・・でも、帰りの船は明日の朝までやってこない。山ほどの書類の山は・・・。しょうがない。どうしようもない。船が来るまでどうしようもないのだ。・・・なので、仕事を忘れてちょっと休憩!

 出雲ではなく隠岐ですが・・・。
村上家

 鎌倉幕府転覆を企てた承久の乱(1221年)の失敗により隠岐へと配流になった後鳥羽上皇(乱の時点では天皇)は、隠岐島前(どうぜん)の中ノ島に配流されます。その後19年後の延応元(1239)年に、ついに隠岐を出ることなく60歳で崩御されました。
 その後鳥羽上皇の配流を管理し、後鳥羽上皇崩御の後はその墓を護ったのが村上家です。村上家はそもそもは隠岐の豪族の末裔(?)とされ、地域の有力者。戦国期には尼子氏と毛利氏の合戦にも関与していますが、その後は海運業を営んだようです。そのお屋敷が今でも残されています。
 現在の建物は明治33年に建てられたものですが、巨大な屋敷に美しい庭園が再整備されています。
村上家のお庭

 近年まで、末裔の方がお住まいだったようで、後鳥羽上皇の時代はもちろん、中近世の面影を伝えるものは多くはありませんが、それでも、超巨大な靴脱ぎ石に隠岐の有力者の力を見せつけられた気がします。
巨大な靴脱ぎ石

 棗形の大きな手水は松江藩の息のかかったものでしょうか?
手水鉢


おまけ
岬の灯台へ向かい、西ノ島にある焼火山(たくひやま:焼火神社のある船乗りの守神)を見ようと思ったら、目の前に・・・。
焼火山と牛

お松:なんか、めっちゃ見られてますよ?
やや:見つめ合っちゃいました。
  1. 2018/05/26(土) 21:50:53|
  2. 出雲のお庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

現実逃避!

4月はわりとぽんぽん更新していたかと思えば、気がつけば5月も後半。
 実は、仕事の方が大変なことになってまして。職場始まって以来の危機的状況。しかもその原因に気付いていながら放置していた元上司は、問題発覚直前にご栄転!な、なんだそりゃ・・・。と言う訳で、時間的にはもちろん、気分的にもブログの更新どころではなくなってました。
 と言う訳で、やっと取れた休日。現実逃避に飛び出して行った先は・・・。
御来屋駅

お松:おんきや?ごきや?おんくるや?よ・読めない・・・。
やや:これが、「みくりや」と読みます。
御来屋駅の待合室

 明治35年11月に鳥取県内初の鉄道が開通しますが、それが鳥取市のある東部ではなく、県西部の御来屋~境港間。現在の山陰本線御来屋~米子と、境線米子~境港間に相当しますね。
 当時はまだ物流の中心は海運だったため、港のある境港から鉄道が延ばされていったようです。
御来屋駅の元切符売り場窓口

 もちろん、当時の各駅は、順次近代的な駅舎に建て替えられていますが、奇跡的に残ったのが、この・・・。
お松:名前の読めない駅。
やや:御来屋(みくりや)駅です。もちろん屋根瓦は葺き替えられていますが、そこら中がなんだかレトロ。

 平成14年に改装された駅舎は、地元の皆さんにもしっかり愛されているようで、とてもきれいに保たれています。
御来屋駅のホーム

 しかも、現役!もちろん無人駅ではありますが、完全に機能しています。

おまけ
ナゾの料金表

こんな表示も残されています。何のことかわかりませんが。

お松:ところで、この先のお仕事は?
やや:暑くなって、涼しくなり始める頃までは、大変な状態が続くかも・・・。山にも行ってるヒマがない・・・。
お松:ま、頑張ってくらはい。
 そう言えば、このところの更新が、なんか、鳥取ですね。
やや:お?そう言えば・・・。
  1. 2018/05/20(日) 18:37:14|
  2. 屋根フェチの小部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

橋津の藩蔵に行ってきた

 暖かいをとおりこし、暑くなり始めた山陰地方です。
 と言う訳で、ちょっこと行ってきたのは鳥取県東伯郡湯梨浜町。湯梨浜町と言えばハワイ!羽合温泉のある東郷湖は、橋津川を通じて日本海へつながっており、近代以前は重要な港湾だったはずです。
 その橋津の港は日本海海運の拠点として多くの舟が出入りし、江戸期代後半には鳥取池田藩の年貢米を運び出す重要な施設が置かれ、近隣には廻船問屋、米問屋、旅籠などが軒を並べにぎわったと伝えられています。そうした鳥取池田藩の藩蔵が現在も残されています。
橋津の藩蔵

 当時は多くの蔵が軒を連ねていたはずですが、現存するのが古御蔵、三十間北蔵、片山蔵の3棟。いずれも鳥取県指定文化財に指定されています。

 屋根フェチ的には、瓦の一部に島根県西部が震源地の石州系瓦が使用されていたりもしますが屋根の一番高いところ、棟に置かれた棟居石が気になります。
 これは、松江(宍道町来待)産の来待石製棟石で、北前船のバラストとして主に出雲よりも東に点々と見られる屋根です。
庇のある藩蔵


お松:なんだか横に長く立派な蔵です。
やや:江戸時代の税金は主に年貢。つまりお米です。これを現金化しないとどうにもならないので、どこの藩でも大阪や尾道に送って換金していました。よって、藩の財政は、米相場に左右されたのだそうです。
横に長い藩蔵

お松:藩の施設と言うことは、藩のシンボルとがあったりするんですか?
やや:蔵の一つの鬼板瓦に池田藩の家紋が見えます。
鳥取池田藩の家紋

お松:池田藩の家紋は蝶なんですね。
やや:岡山も鳥取も池田家の家紋は蝶です。優美ですよねぇ。どっかの三つ葉葵と違って。
お松:また、そう言うことを・・・。
  1. 2018/04/22(日) 21:15:17|
  2. 屋根フェチの小部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (70)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR