木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

恵比寿神社の修理

 16世紀後半に大量の銀を積み出したとされる石見銀山の港、沖泊は、現在では大田市温泉津町にある小さな、小さな漁村です。
 その漁村の入り口ある恵比寿神社は、島根県指定文化財の古いお社。長年の風雨で傷んでいたのですが、このほど修理が行われ、公開されましたので、ちょっくら見に行ってきました。
 しかし、これが・・・。
恵比寿神社拝殿

 修理をすると言う事は、こういうことだろうとは思いますが、なんと言うか、た・たましい抜かれちゃったような気が・・・。
お松:だはは・・・。ややさんは、ピカピカのツヤツヤのハデハデがイヤなんですよね。
やや:文化財の修理は、原則として使える古材は再利用し、どうにもならないものを新材に替えます。また、ターゲット年代があって、より古かったり、意味の大きい年代の形状が判った場合には、その形状に復元したりします。つまり、こんなにピカピカ、ツヤツヤになったと言う事は、ずいぶん傷んでいたという事なんですが・・・。
お松:では、修理以前の様子はどんなだったんですが?
やや:こんな感じだすぅ。2013年秋の様子だす。
2013年の恵比寿神社

お松:な、なんと言うか。つっかえ棒だらけですね。
やや:拝殿が傾いてますね。ケラバと言うのですが、壁から伸びる屋根の部分が長いんです。なので、どうしても屋根が下がっちゃう。それに、屋根の反りを形作る垂木も、現代なら湾曲した形状に削って作るのですが、この神社の拝殿の屋根は、加熱して曲げた垂木を使っていたのだそうです。ムリヤリ曲げた所に重い瓦を載せたので、反りが戻って屋根が下がり始めたと・・・。
お松:そ、そもそも問題のある建築だったと言う事ですか?
恵比寿神社の側面

やや:わ・は・は。そうかもね。とにかく、航海の安全を祈る港の神社で、沖泊集落の人々によって維持されてきたステキな神社です。
お松:いつ頃に建てられた神社なんですか?
やや:よ!よくぞ聴いてくださいました!これがまた!島根県指定になったときには、大永六(1526)年と言う伝承があり、戦国期に遡るかも?とされていたんです。大永六年というのは、なんと石見銀山の発見された年なんです。
お松:それは、すごいことじゃないですか?
やや:今回の修理に伴う調査で、慶安四(1651)年に建てられらしいことが判りつつあります。ま、軽く100年以上新しくなっちゃいました。
お松:あぁ?
やや:ま、事実が判ると言うのは、学問が進歩したと言うことですので、喜ばしいことではありますがね。
恵比寿神社のアップ

お松:・・・。と、とにかく、石見銀山の大切な文化財の一つを後世に伝える準備が一つ整ったと言うことで。
やや:でも、これに、たましいが戻ってくるには・・・。
お松:だいじょうぶです!もう戻ってきます!

温泉津のニャンコ

やや:な、なんか、睨まれているんですけど。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/25(土) 20:07:16|
  2. 石見銀山で散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろいろやばいかも3

 銀ぶら(銀座でぶらぶらではない)の続きです。
清水谷精錬所跡
 夏草の生い茂る(茂りすぎだって!)清水谷精錬所跡です。
 さて、
 佐毘売山神社は、少なくとも石段の修理がされていました。豊栄神社は、おいたわしい感じですが、それでも、重量物である瓦を除去し、トタンを拭いたことによって、倒壊の危機を遅らせることにはなったことでしょう。でも、こちらは・・・。
龍昌寺跡
 応永年間に創建され、慶長九(1604)年にこの地に移ったとされる龍昌寺は、昭和の頃に移転しました。ずいぶん前に建物を失った寺跡は、杉木立の中に礎石を残すのみとなっています。その龍昌寺跡の周囲には、多くの古い墓地が残っていたのですが・・・。
 背後の斜面を少し登ったところには、岩窟が掘られ、その中には県指定文化財となっている巨大な宝筺印塔などが納められているのですが・・・。

 そこへ登る道は、確か自然石の石段らしきものだったはずですが、落石危険立ち入り禁止の看板が・・・、で、こ・これは・・・。
代官墓の参道
 どうやら上にあった墓の玉垣や灯籠の破片のようです。上の墓は・・・28代目の代官の浅岡胤直の墓だと思うのですが、その代官墓の玉垣や灯籠が崩壊して、こんな事になってしまったようです。つい数年前には、しっかりと建っていたはずですが・・・。
 石垣などもそうですが、石でできた文化財を保存していくのは、容易な事ではありません。石そのもの劣化はどうしようもなく、ましてや墓石のような石材は、加工しやすい柔らかい石。外で風雪にさらされていれば劣化していくのは当然のことですが・・・。


 でも、それでもそこに蛇口はある。
駒ノ足の蛇口
やや:・・・だいぶ前ピン。
お松:ですよね。
やや:うるさい!
お松:自分で・・・。まぁいいか。とにかく、このシリーズ、もう終わりにしましょうね。
やや:そうですね。これで終わりにします。
  1. 2015/06/24(水) 20:05:32|
  2. 石見銀山で散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

いろいろピンチだっちゅ~の2

 久しぶりの銀ぶら(銀山でぶらぶら、銀座でぶらぶらではない)で、前回の続きです。
 以前から、いつ倒れても不思議でないほど傾いていた豊栄神社なのですが・・・。
豊栄神社
 豊栄神社は、元は長安寺というお寺です。戦国時代、毛利元就が石見銀山を支配していた頃、自らの像を銀山の中心のお城である山吹城に置きました。その像を300年間伝えていたのが山吹城の麓にある長安寺でした。しかし、長安寺も次第に廃れ・・・。
 約300年後の慶応2(1866)年、倒幕を目指し東に進む長州軍は石見銀山にも兵を進めます。それに対し、幕府方の大森代官所には、わずかな兵しかいなかったため、さっさと笠岡(岡山県)へ撤退。長州軍は一切の戦闘行為無しに石見銀山へ進行してきたのですが、そこで彼らが見たものは、藩祖である毛利元就像を祀るお寺。しかも、当時、かなりくたびれた様子だったようです。
 その後、長安寺は、なんと神社に改修したいと訴え出て、それを受け、長州軍からは様々な石像物(他もあったに違いありませんが)の寄進がありました。毛利元就造を護った長安寺は、毛利元就像を祀る豊栄神社となったのです。
お松:お寺が神社になるって、簡単にできるんですか?そもそも、そんな事をして良いんですか?
やや:時代は近代化直前。「神仏判然令」をきっかけに廃仏毀釈の風潮が吹き荒れる頃です。傾きかけたお寺が神社に変わるというのは、必殺の生き残り策だったのかもしれませんね。
 ただ、そうした特殊な神社であったため、氏子が少なく、維持費の捻出も大変だったようです。近年では多くの石像物が、風雨にさらされ劣化し、拝殿や本殿の軒先は下がり、柱は傾き・・・。もしも、拝殿に近所の子どもが寄りかかったら倒れるかも?って、心配で・・・。石見銀山へ行くたびに、「今日も建ってた。」っとほっと息をついていたのですが・・・。
豊栄神社の拝殿
 何かおかしい。
 何かが無い・・・。
 あ~!屋根瓦が無い!ト・トタンになってる!う~、おいたわしや。
 周囲を見ると、土塀の崩壊も一段と進み、拝殿の傾きもさらに進んだような・・・。
一に三つ星
 この神社は、毛利元就を祀る豊栄神社なので、屋根の鬼瓦を始め、あちこちに「一に三つ星」の毛利家の家紋が記され、軒瓦にも略式?の「一に・・・」の紋が記された特製石州瓦だったのですが・・・。

 随身門の瓦はまだなんとか残ってますが・・・。
随身門の瓦
 以前は、子どもとかがもたれかかると倒れるかもって心配しましたが、こりゃ、くしゃみで倒れるかも・・・。
お松:それじゃぁ、ドリフですよ。

狛わんこ「ん?」
でも・・・。それでもちゃんと護っていてくださいね。
狛ワンコ「あ!」
たのむよ~ぉ。笑ってる場合じゃないですよ。
  1. 2015/06/22(月) 21:24:18|
  2. 石見銀山で散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あちこちピンチです1

 久しぶりに石見銀山で散歩です。しかもかなり本気で・・・(←お松:って事は、冗談で散歩とか、しゃれで散歩とかもあるわけですね?←やや:そう言うムダなつっこみはいらない)。
佐毘売山神社参道
 雨の予報もあったのですが、暑いぐらいの天気。ふらふらと銀山の中心、佐毘売山(さひめやま)神社へ。急で長~いここの石段は、多少は直されたようですが、それでも長年の風雪を物語るがたがたさ加減がたまりません。でも、その長い石段を登り切ると、何かがおかしい・・・。
佐毘売山神社の石段
 鉱山の神様である金山彦を祀るこの神社は、石見銀山最大の鉱脈の真上に建ち、地元では山神(さんじん)さんと呼ばれ親しまれていたはずですが・・・。
 よく見ると、巨大な拝殿のあちこちに、痛々しい破損が・・・。それに、本殿の周囲は、草刈りすらもままならないようです。
拝殿の縁が・・・
 地元では、募金を募って修理を計画されているようですが、間に合うのでしょうか?どうすれば、この立派な神社を末永く伝えることができるでしょうか?
犬のおまわりさん・・・ではない
犬のおまわりさんは・・・教えてはくれない・・・。

お松:いや、犬でもおまわりさんでもないし。そもそも、おまわりさんに聞いてもしょうがないし。
やや:そう言うムダなつっこみはいらない。
 でも、実は、佐毘売山神社はまだましな方でした。他の場所の様子は、次回・・・。
観世音寺の地蔵
  1. 2015/06/21(日) 15:54:14|
  2. 石見銀山で散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

静かな石見銀山

 近くに用事があったもので、久しぶりに石見銀山で散歩です・・・が。
雨の代官所長屋門
お松:って?なんだかその・・・。
やや:夕方の、しかも雨の石見銀山は、観光客と思われる方は皆無。地元の皆さんも、足早に・・・。
雨の町並み
お松:な、なんで雨の中?しかも夕方になってから?
やや:久しぶりだったので行きたかったの!・・・とは言っても、少し寂しいですね(←お松:す、少しですか?)。

 このブログでは、何度か紹介していますが、石見銀山はちょっとした偶然が重なって世界的になっちゃった鉱山です。非常に特殊な鉱脈なのだそうですが、鉱山の規模としては中小の部類。なので、本当にバンバン銀を産出したのは、16世紀中頃から17世紀前半のわずか100年ほど。その後は銅を中心に操業を続けますが、昭和19年には完全に操業を停止しています。それでも江戸時代を通じて天領石見銀山御領の中心として栄えたはずですが、明治以降は次第に人口が減少し、静かな田舎町となっていました。
むかし栄えた大森の町並みは、人口減少によって新たな開発が押さえられ、それによって昭和の町がパックされてしまったようです。
雨の床屋さん
お松:なるほど!それでこんなレトロな床屋さん?とかが残っているんですね。ん?「こばた」ってなんですか?
雨のたばこ屋さん
やや:にゃはは・・・右から読むの。
お松:あ!たばこ屋さんだ。
やや:もちろん、営業してませんが。・・・修理されて、小ぎれいになっちゃいましたね。それも寂しいような・・・。
雨の観世音寺

お松:でも、少しは修理しないと、伝えて行けないですよね。前から気にしていた奥の方の神社とか、どうなっていましたか?
やや:日没コールド。
お松:は?
やや:日が暮れてしまって、そこまで行けなかったの。
お松:ほ、ホントーに何しに行ったんですか?
やや:・・・。
  1. 2015/04/21(火) 20:10:25|
  2. 石見銀山で散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (54)
出雲のお庭 (33)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (8)
雪舟を探して (9)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (26)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (65)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (39)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR