木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

休みの日なので休んでみた

 相変わらず、困った状態の続くウチの職場ですが、特に今週は小さなミスとトラブルが続き、これはヤバい感じ。で、その対応策として思いついたのが、なんと画期的な方法!

 休みの日は休んでみる!

お松:う・・・。
やや:ところが、このところまともに休み慣れていないこともあって、休みの日って、ナニして過ごしてたっけ?みたいな・・・
お松:はぁ・・・?
やや:そうだ、山に行こう!
お松:あぁ・・・。
やや:いきなり思いついて行けそうな・・・茶臼山にテッ・テッ・テェ~っと登ってみました。
山代郷北新造院跡史跡公園からみた茶臼山
 画像は、茶臼山の北の麓、史跡山代郷北新造院跡の公園から見た茶臼山です。北新造院跡は、厳密には松江市矢田町ですが、この辺りから茶臼山を含む一帯が松江市山代町です。

茶臼山からの風景
 『出雲国風土記』意宇郡条に見える山代郷の地名の由来は、「所造天下(アメノシタツクラシシ)大神、大穴持(オオナムヂ)命の御子、山代日子(ヤマシロヒコ)命坐す、故、山代と伝う」とあって、アメノシタツクラシシ大神と呼ばれるオオクニヌシ命の御子であるヤマシロヒコ命が鎮座しているから山代なのだと記しています。このヤマシロヒコと言う神様は、他にはほとんど出てこない神様です。ヤマシロなのは、古墳時代後期の様々な動きの中で山背国の人と関わりができた地域なのか・・・。

 一方、『出雲国風土記』には「山代社」も記されていますが、現在の山代神社は山代町ではなく、お隣の古志原町に鎮座しています。
 古志原町にある山代神社は、江戸時代に勧請されたようですが、その時の社名は高守神社。江戸時代の地誌、『雲陽誌』によれば、山代山(茶臼山)の中腹の森に鎮座した神社だったと言います。
山代神社

 つまり、山代の由来となった山代社は、後に高守神社と呼ばれるようになり、その後、山代から古志原に遷宮した後、山代神社に社名を戻したということでしょうか。
 その山代神社から茶臼山は・・・
山代神社から見た茶臼山
よく見えない・・・。


おまけ
呼んだぁ?

「呼んだ?」シッポ振りフリ!

お松:ま、なんにせよ、休み慣れてない感は、しっかり伝わってきました。
やや:・・・と、とりあえず、サッカー見るか!アイスランド頑張れ!
スポンサーサイト
  1. 2018/06/16(土) 17:07:02|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神の降る山

 大雪も一段落の出雲地方です。
 大雪直後の晴天に放射冷却の出雲地方は極寒。宍道湖にも薄氷が張るほど。打ち寄せる波で護岸に打たれた杭もご覧のありさまでした。
先日の宍道湖

さて、
 『続日本紀』によれば、和銅六(713)年、国毎にその土地の様子を報告するよう命令が出されています。後に『風土記』と呼ばれるその報告書は、日本全国の国が提出しているはずで、つまり、当時の国の数と、国に残された控え、下書きなどのプラスアルファがあったはずですが、1,300もの年月を経て、そのほとんどが散逸してしまいした。
 なので、奈良時代の原本はまったく残されていませんが、写本という形でかろうじて残されているのが常陸・播磨・肥前・豊後、そして出雲の5風土記です。しかしいずれも脱落した部分があり、ほぼ完全な形で残されているのは『出雲国風土記』だけだと言われています。
 「ほぼ完全な」・・・。「完本に近い」・・・。そうした形容詞で呼ばれる『出雲国風土記』ではありますが、「ほぼ」とか「近い」と付いている以上、完全ではありません。中でも、「島根郡条」には脱落や誤写が多く、そのために様々な問題を残しているのですが、「島根郡」の隣の「秋鹿郡」も、いろいろ微妙な問題を残していることで知られています。

 前にも一度紹介しましたが、『出雲国風土記』には、4つの神名火山=神の降る山が記されているのですが、この内の一つ、秋鹿郡の神名火山は、その山がどれなのか確定していません。
 秋鹿郡の神名火山は、一般的には朝日山(標高341m)だと言われることが多いのですが、『出雲国風土記』を素直に読めば、「その山の麓」に佐太神社があるようにも、「高さ四十丈(約120m)」しか無いように思えないのです。このため、近年の研究では、佐太神社の背後にある小さな山が神名火山では?と言う説が説得力を持ち始めています。
 しかし、ぱっと見、それがどの山かわからないような山を、神名火山として『出雲国風土記』に載せるのでしょうか?それ以前に、神の降る山は、もっと神々しく、存在感のある山であるべきではないのか・・・。古代の人の感覚を無視した、個人的な願望に過ぎないかもしれませんが・・・。
大雪が止んで、一気に晴れて、で、すんごく冷え込んだ朝。朝日山を見に行ってみました。
霧に浮かぶ朝日山

 霧に浮かぶ朝日山は、神の降る山にふさわしい神々しさと存在感を持って、そこにあったのですが・・・。
  1. 2018/02/11(日) 21:19:33|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その名はWolf!

 天気も良いので、ちょいとドライブです。一度行きたかった松江市八雲町平原の小さな神社へ。
宇留布神社の参道

 行きたかった理由は、別にややこしい歴史とか神話とかと言った理由は一切なく、ただ、その神社名が気になるから。
お松:気になる神社名ってなんでしょう?
やや:宇留布神社です。

宇留布神社拝殿の扁額

お松:Wolf?
やや:ウォォォォォォ~~~ン
お松:・・・。

宇留布神社の御本殿

やや:『出雲国風土記』意宇郡条には神祇官社として「宇流布社」と見えるだけで、特別な神話などは記されていません。『延喜式』神名帳にも「宇留布神社」と見えますが、もちろんそれ以上の記事はありません。
 また、江戸時代に記された『雲陽誌』では、「三島明神」とあり、「大山祇(オオヤマツミ)命をまつる、勧請年代しれず、本社は守留山(宇留山?)という高山にあり」と書かれています。宇留山は、現在の室山(260m)のこととされていますので、このことから三島明神が『延喜式』の宇留布神社だったと考えられています。
宇留布神社の狛犬

 現在の宇留布神社は大山祇命と木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)命が祀られています。コノハナサクヤヒメは、オオヤマツミ命の御子神で美しい女神様。美しくはない(美しさ以外の特別な意味を持つ)イワナガヒメと姉妹の神様とされています。

 さて、神社はその時々の人々の願いや諸事情により移転したり合祀されたりして、社地や神社名を替えることはよくあること。宇留布神社も明治期に三島大明神を始め三社が合祀され、その時から延喜式神名帳に見える宇留布神社となっています。なので、むしろ旧社地と伝えられる室山の方に興味津々なのですが、登山道もないそうなので・・・。

おまけ
こいつは春から縁起がいいねぇ

やや:大当たりです。大吉です!
お松:こいつぁ春から縁起がいいねぇ。
やや:午年だった年の事ですけれど・・・。
お松:あ・・・。
  1. 2018/01/21(日) 18:23:23|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪が積もったので

 この冬最強の寒波が山陰地方にも到来。松江では、雪はさほどでもありませんが、・・・とにかく寒い!
雪の茶臼山

茶臼山も雪化粧です。登りたい気もしますが、”なんちゃって装備”ではさすがに危険なので断念して・・・茶臼山を横目で見つつ、神魂(かもす)神社へ。
神魂神社の参道

 神魂神社は松江市大庭町にある古い神社で、このブログでも、過去に何度か登場しているはずです(←お松:忘れた?)。江戸時代の地誌『雲陽誌』には「大庭社」と記され、御祭神はイザナキノミコト。
神魂神社の手水

 大社造りの大きな本殿は、国宝建造物。大きいとは言っても出雲大社本殿に比べると半分ほどの規模ですが、それでも十分に巨大です。
神魂神社本殿

 現在の本殿は棟札の写しから天正11(1583)年の建築とされ、最古の大社造り建築。出雲大社本殿などに代表される大社造りですが、出雲大社本殿などより古い様式を残していると言われ、宇豆柱(うずばしら:正面中央の棟を支える柱)が側柱よりも飛び出しているのが特徴です。これは、弥生時代の神殿建築などに見られる「独立棟持ち柱」に近い形状です。
 東向きの御本殿の正面に広がるのは古代出雲の中枢、意宇平野です。この周辺には、出雲最大級の古墳群や出雲国分寺跡・出雲国府跡などもある地域です。
神魂神社の境内

 さて、この神魂神社は、出雲国造家と関りの深い神社だと言うことは判っていますが、『延喜式』神名帳や『出雲国風土記』など奈良~平安期の文献に記載が見えません。現在でも行われている祭礼や伝えられている由緒などを根拠に、出雲国造家の私的な社、私的な斎場だったからだと考えられています。

お松:寒いのに大庭まで行ったんですね。
やや:雪が降ると、出かけたくなる!
お松:よろこび庭かけまわり!
やや:お松さんは?
お松:こたつで丸くなります。
  1. 2018/01/12(金) 17:55:44|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

秋鹿郡の神名火山とアライグマかハクビシンについて

やや:今朝、まだ暗い時間、我が家の屋根裏をドタドタドタッ!ダ~ッ!って音で目が覚めて、・・・どうやらアライグマかハクビシンか?ナゾの野生生物が侵入した模様です。
 で、さっそく生物化学兵器を屋根裏に投入!
お松:な・ナニを投入したんですか?
やや:カプサイシンの動物避け、つまりトウガラシの束みたいな物です。
お松:びっくりしたなぁ。
やや:ま、それはさておき、今日の話題は秋鹿郡の神名火山のお話です。
 奈良時代に記された地誌、後に風土記と呼ばれた文書は、全国の国毎に記されたはずですが、1200年もの時を経て、現存するのはわずかに5風土記。中でも『出雲国風土記』だけは、その内容がほぼ完本として伝えられている、とされています。
佐太神社の御本殿

 と、されてはいるのですが・・・実際には、「島根郡条」ではっきりと脱落が確認されており、その脱落をそのままにした「脱落本系」の写本と、何らかの方法でその脱落を補った「補訂本系」の、大きく2系統の写本群が知られています。
 『出雲国風土記』の内容の多くを占めるのは地名説話ですが、有名な加賀郷の地名説話・・・佐太大神がお生まれになった所で、支佐加比売(キサカヒメ)命が金の弓矢で窟を射貫いて光りかがやいたので加賀と言う・・・は、脱落本系の写本には見えません。
 また、島根郡の西隣、「秋鹿郡条」には、佐太大神を祀ったと思われる佐太御子(サダノミコ)社(現在の佐太神社?)が記されており、神名火(かんなび)山の記載には「佐太大神の社は、その山の麓にある」と記されているのですが、この神名火山がどの山を指すのか・・・実は、確定していません。
宍道湖南岸から見た朝日山周辺

 秋鹿郡の神名火山は、一般的には朝日山(標高341m)だと言われていますが、佐太神社との間には、いくつか谷が入り込み、佐太神社社の場所が「その山の麓」とは言いがたい距離感です。
 また、最大の問題は、神名火山の高さです。「秋鹿郡条」には、神名火山は「高さ四十丈(約120m)」とある一方、その次に記載のある「足日山」の高さは「一百七十丈(約520m)」とあり、はるかに大きな山が隣にあるかのような書き方がされています。
 で、実際に少し離れて背後の山を見てみました。
佐太神社背後の山々

 画面中央より少し右に見えるきれいな三角形をした山は朝日山ではありません。佐太神社は、画面の右端辺りですので、この三角形の山の麓にあるにはあるのですが・・・。
 で、
 更に離れてみました。
遙か彼方の朝日山

 画面左、遙かに遠く高い山頂が朝日山です。佐太神社は、画面右端に入りきれていない辺りですので・・・。

お松:確かに朝日山の麓ではなさそうですね。と言う訳で、秋鹿郡の神名火山は、この小さな三角形のお山ですね。形も神名火山って感じですしね。
やや:どうでしょう?実は出雲の神名火山は、大和の大三輪山のような三角形の山ではありません。むしろ、ピークが複数あるようなどっしりとした山が神名火山に選ばれています。『出雲国風土記』の他の神名火山から考えても、目立たない小さな山ではないだろうとは思うのですが・・・。
お松:では、ややさんは、やっぱり朝日山が神名火山だと思っているわけですね。
やや:判りません。脱落部分が発見されない限りは解決しないと思います。どこかの神社の屋根裏とかに『出雲国風土記』の脱落部分とかが、そっと残ってませんかねぇ・・・。
お松:屋根裏と言えば、アライグマ?ハクビシン?
やや:それは我が家です・・・。
  1. 2017/11/12(日) 18:15:56|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (70)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR