木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

飴一文くんろ?

 小泉八雲、ラフカディオ=ハーンの代表作と言えば、『知られぬ日本の面影』ですが、一般的には『怪談』の方が有名でしょう。「雪女」などの怪談話は、おそらく多く人が耳にしたことがあると思います。その中に、「飴を買う女」と言うタイトルで知られる怪談話があります。多くの翻訳本で「飴を買う女」と言うタイトルが付けられることが多いのですが、わたし的には、一度目にした「飴一文くんろ?」と言う言葉の響きの方が気になります。
 さて、その「飴一文くんろ?」と言うお話、おおざっぱに・・・多少脚色を入れて要約すると・・・

 その昔。水飴を売る店がありました。
 ある晩、青白い顔をした若い女がやってきて、一文銭を出して
 「飴、一文、くんろ?」と言い、一文分だけ水飴を買っていく。
 翌日も、その翌日も・・・。
 7日目の晩。女は・・・飴を買わず、無言で主人を手招きする。水飴屋の主人は、不審には思ったが、それでもその女について店を出て、明かりの無い夜道を進み、寺の門をくぐり、墓地へ・・・。

 ・・・見失ってしまった。

 水飴屋の主人は、しかたなく引き返そうとしたが・・・なにかが、聞こえる。なにかが・・・。
 それは・・・赤ん坊の泣き声?・・・しかも、墓の中から?
 慌てた水飴屋の主人は、仲間を呼びに戻り、泣き声のする墓を掘り返した。
 すると、墓の中には、7日前に亡くなった母親の亡骸の横で、笑顔を見せる赤ん坊がいた。三途の川の渡し賃として墓に入れられていたはずの六文銭は・・・一文も残っていなかった。
お堀の曼珠沙華

 出産を目前に死亡し、死後に生まれた赤ん坊をなんとか育てようとしていた幽霊の話を、ラフカディオ=ハーンは「母の愛は死よりも強かった」と結んでいます。
 この結びは、ラフカディオ=ハーン自身の家庭環境の問題があり、母親の愛情に特別な感情持っていた事に関わるとされています。
大雄寺の墓地

さて、
この話に似た話は、実は全国各地にあるのだそうですが、ラフカディオ=ハーンが過ごした松江市汐見縄手にちかい外中原町の大雄寺(だいおうじ)には、その話が伝わっており、「飴を買う女」の舞台ではないかと言われています。
大雄寺

 ラフカディオ=ハーンの『怪談』は、単に人を怖がらせるのが目的の陳腐なフィクションではなく、日本文化を西洋に紹介しようとした民俗学的な口承文芸の収集です。
 その収集に大きく協力したのが、妻となる小泉セツさんだったようです。松江生まれの小泉セツさんが集めてきた話であれば、その舞台は大雄寺だったのかもしれません。


お松:だいたい世の中の注目の斜め下を行く(斜め上ではない)このブログで、『怪談』きました!どんなに松江を紹介しても、国宝になった松江城みたいな、メジャーなものは、何が何でも紹介しない!と言う姿勢で来ていたややさんなので、小泉八雲は『知られぬ日本の面影』一本で押し通すのかと思えば、ついに『怪談』来ちゃいました!
小泉八雲旧居

やや:いや、別に、メジャーなものを避けているつもりはなく、単に、その時々の興味関心です。大雄寺は、たまたまチャリで通りかかったんで、そう言えば、そんな話も・・・て、たまたま思い出しただけです。
お松:ほ、ほ~お?まぁいいか。
 大雄寺のある中原町界隈は、高層マンションがバンバン建っちゃって。小泉八雲旧居周辺も、きれいになり過ぎちゃったとこもあって、『怪談』も「飴を買う女」も、すっかりその面影が見えにくくなってきましたね。
汐見縄手

やや:これから秋の行楽シーズンも本格化。観光客のみなさまには、そのあたりをさっ引いてご覧いただきたいと思います。
お松:いつになく、無難な結びになりました。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/25(日) 12:17:21|
  2. 小泉さんの散歩道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

西郷の町並み

 ちょっくら、隠岐の島へ行ってきました。
お松:いいなぁ?
やや:だから、仕事だってばぁ。
 隠岐の島は、島根半島から約60kmほど北の日本海に浮かぶ島々です。近い方の3つの島を中心に島前(どうぜん)、遠い方の大きな島を島後(どうご)と呼び、平成の大合併で、島後全部が隠岐の島町となりました。で、ちょっくら隠岐の島町に出張して来ましたのでそのついでに・・・。
西郷港を船が出る

 さて、明治25(1892)年頃の夏休みのことと思われますが、後に小泉八雲と名乗ることになるラフカディオ・ハーンは、念願だった隠岐諸島を旅しています。日本大好きのちょっと変わった外国人は、境港(鳥取県境港市)から西郷(島根県隠岐の島町)へ向かう船の乗り心地は最悪だったようで、「悪魔の手によって建造された船」(←お松:どんな船なんだ~?)なんだとこか、めちゃくちゃに記していますが、西郷の旅館については、「西日本でこれ以上心地よい思いをしたところはない」と言うほどくつろいだようです。
西郷の蔵

 幕末から明治~大正であれば、物流の中心は和船を使用した水運です。船は、近世前半までは、隣の港から隣の港へと、次々と近接する港を経て移動した訳ですが、近世後半になると遠乗り・・・沖合を高速でぶっ飛ばす水運が盛んになります。そうは言っても帆船ですので、風向きが悪いときには、どこかの港に停泊して、風待ちを船の修繕をすることになるのですが、そうした機能で、日本海の沖合に位置する隠岐の島は栄えたそうです。
蔵の窓

 隠岐の島町の西郷港周辺には、さすがに明治までは遡らないのでしょうが、意外なほど古い建物が残されており、北前船で栄えた頃の雰囲気を現代に伝えています。
西郷の水路

 さて、結局、ラフカディオ・ハーンは、この年の夏休み中を隠岐諸島のすべての島々を巡ってすごし、隠岐諸島を満喫したようです。
 明治25年頃の隠岐諸島には、新聞も電報も無かったのだそうですが、ハーンが泊まった旅館では、フライドポテト付きのビフテキを注文できたとか。でも、ハーンは異常なほどの日本大好き外国人で、西洋文化にまったく毒されていない日本の田舎も求めて隠岐に来ているので、フライドポテト付きビフテキに、むしろがっかりしたという、変な外国人でした。

おまけ
 隠岐の島にも松江の来待石で作られた狛ワンコが、たくさんがんばっています。
西郷の狛ワンコ「

お松:小泉八雲のことを、「変な外国人」って呼んでますが、変と言えば、このややさんも、まったく負けてません。変です。かなり変です。隠岐の島まで行って、屋根を見て回ってます。
やや:やかましい!
  1. 2016/05/24(火) 19:57:06|
  2. 小泉さんの散歩道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

橘泉堂

 松江市内を歩いていると、意外に古いものが残っていたりします。松江大橋から東京橋(ひがしきょう橋!とうきょう橋ではない)方面へ歩くと、このお店は・・・。
橘泉堂

お松:末次本町?古いお店があるんですね。時々通るところですが、こんなお店の存在は気付きませんでした。
やや:お店の正面上には「橘泉堂」の扁額が揚げられており、本来は橘泉堂(きっせんどう)だったようですが、山口卯兵衛薬局です。現在も漢方薬の販売を続けておられるようです。が、なんと!安永元(1772)年の創業と伝えられており、・・・って事は、250年近くも続く老舗薬局です。もちろん、瓦葺き2階建ての建築が、18世紀まで遡る訳ではありませんが・・・。
お松:18世紀と言われてもピンとこないんですが、江戸時代の・・・。
やや:年表を開いてみますと・・・え~、田沼意次が老中になった年ですね。前年に杉田玄白が『解体新書』の翻訳を開始しています。世界的には、アメリカが独立戦争を開始する直前です。
お松:やっぱり、ピンとこない頃ですね。で、その薬局がなんなんですか?
やや:やっと本題に戻った。
 後に小泉八雲と名乗る事になるLafcadio Hearnが松江中学の英語教師として招かれたのが明治23(1890)年8月です。それから、約1年3ヶ月の間、松江に滞在しています。その後に『知られぬ日本の面影』や『怪談』を発表しています。
お松:そう言えば、小泉八雲ネタは昨年4月頃に突然カテゴリを作って始めたかと思ったら、あっという間にネタ切れで、その後は止めちゃったかと思ったんですが、久々の八雲ネタ?(←やや:うるさ~い!)
 え~っと。小泉八雲はわずか1年3ヶ月の松江滞在中に頻繁に引っ越しを繰り返したんですよね。最初が大橋川沿いの富田旅館。次が・・・。
やや:次が、宍道湖岸の折原家。現在の皆美館の隣あたりです。最後が、現在「小泉八雲旧居」として公開されている根岸家です。
お松:富田旅館のあった場所は、この薬局のすぐ近くですね。
やや:富田旅館時代だったかどうかは定かではありませんが、Lafcadio Hearnが、この薬局で売られていたビールがお気に入りで、時々女中さんに買いに行かせていたのだとか。この建物は、もしかしたら、Lafcadio Hearnがビールを買いに行かせていた頃の建築が残っている可能性があるんです。
お松:へぇ~。松江の人も知らないような話じゃないですか?
やや:Lafcadio Hearnは、日本食も日本酒も大好きで、日本の食事には問題なかったようですが、時々、こう言ったものを欲しがったみたいですね。
お松:山口薬局のビール?どんな味だったのでしょう?
やや:イギリスではエールビール・・・常温で飲むビールがありますが、おそらく、そんなのでは?冷蔵庫がないので、常温で飲んでいたんだと思います。
 私は、キンキンに冷えたヤツが良いですがね。
お松:ところで、今日の画像はこれだけ?おまけとか無いの?
やや:・・・すんません。
  1. 2016/05/01(日) 06:20:31|
  2. 小泉さんの散歩道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美保関の青石畳み通り

 島根半島が東につきだした先端の少し内側は、海運が主流だった頃の出雲の東の玄関口、美保関です。ここにある美保神社は、『出雲国風土記』にも記される古社で、その巨大な御本殿は、大社造りを横に二つ繋げた特殊な建築です。が・・・今日は古代とか屋根とかの話ではなく、明治20年代のこの港町について・・・。
美保神社本殿
 小泉八雲=ラフカディオハーン・・・松江ではハーンではなくヘルンさんと呼ぶ事になっている方・・・は、明治24・25・29年と3度にわたり夏の美保関を訪れています。ヘルンさんが松江に赴任していたのは明治23年から明治24年の秋までなので、松江を離れた後も2度ほど訪れています。よっぽど気に入ったんですね。美保関に訪れた際には、港の東側にあった旅館「島屋」の2階海側(オーシャンビュー)に滞在する事が多かったようです。現在、その島屋はありませんが、島屋の跡地からは、港を挟んだ対岸に美保神社の鳥居を見ることができます。
島屋跡地から見た美保神社
 美保関の港付近は、現在では、地蔵崎の灯台方面に向かう道が海沿いに続いていますが、ヘルンさんが訪れた明治20年代には、この道は無く、港の東にある島屋へ向かうには、集落の中を通る狭い道だけだったようです。その道は、最近では「青石畳み通り」と呼ばれちゃって、小ぎれいに整備されてます。
青石畳み通り
 ヘルンさんが日本で見聞きし体験したあれこれを西洋に紹介した『知られぬ日本の面影』には、この美保関の小さな通りについて
「こっちの浜側の家の2階から、向こうの山側の家の2階へ、ひょいっと飛び越せそうなくらい・・・」
 と記されています。
 現在でも狭い通りですが、当時は更に狭かったのかもしれません。ヘルンさんが見た風景そのままのはずはありませんが、そこかしこになんだかやたらと懐かしそうな雰囲気を残す町です。
美保関の古い家
お松:今回は、特にオチも、おまけもなく終わるのでした。
  1. 2015/05/17(日) 18:20:10|
  2. 小泉さんの散歩道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

かつては、神々の国の首都だった

明治23年8月、旧制松江中学の英語教師として、小泉八雲(当時はまだ、パトリック・ラフカディオ・ハーン)は、松江に招かれます。米子から蒸気船に乗り松江大橋下に降り立ち、島根県が用意した皆美館へ向かうはずでしたが、突然、なんのインスピレーションを感じたのか、人力車から見えた旅館に泊まりたいと言いだし、結局2ヶ月間もこの旅館に逗留することになります。
大橋川
 ハーンが日本で感じ、体験したあれこれは『知られぬ日本の面影』に記されていますが、その中の「神々の国の首都」には、この旅館で見た(聞いた、感じた)松江の早朝の様子を細かく記しています。
 それによれば、
 まず、朝一番に聞こえてくるのが米を突く規則正しい音。それは、聞こえると言うより感じられる・・・、それは心臓の鼓動のようだ。それから洞光寺の鐘の音、材木町の地蔵堂の太鼓の音、続いて行商人の声・・・。
 そして、2階の障子を開け放つと大橋川から宍道湖の風景、船に乗る人々の様子・・・。
 なんと言うこともない、ただの日常の朝を、とんでもなく美しい文章で綴っています。
 ハーンが逗留した富田旅館は、現在の大橋館の場所にありました。大橋の右手の大きな建物です。
富田旅館のあった、現在の大橋館
 当時は、川沿いの道は無く、旅館の建物は川にせり出すように建てられていたそうです。なので、ハーンが逗留した2階の部屋の障子を開け放つと、大橋川から宍道湖の美しい風景が一望だったはずです。
 そして現代の松江です。もちろん、米を突く音が聞こえるはずは無く、洞光寺の鐘の音は・・・鳴ったかもしれませんが、聞き取れず・・・。物売りの声もなく・・・。もしかしたら明治の頃よりも静かな朝なのかもしれません。でも、時折・・・配達を終えた新聞屋さんのバイクの音、朝の散歩やジョギングの人のスニーカーの音・・・。
大橋近くの石段
 ハーンが「神々の国の首都」と呼んだ面影はすっかり消え失せ、しっかり現代の地方都市に過ぎなくなってしまいましたが、それでもまだ、川へ降りる石段なんかが残っていたりもするので・・・この町は侮れません。

おまけ
この橋の名前は・・・。
しんおうはし
お松:ん?しんおうはし・・・おはし?おはし・・・?
やや:しんおうはしですが、それが何か?
  1. 2015/05/03(日) 10:41:31|
  2. 小泉さんの散歩道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

出雲のお庭 (33)
石見のお庭 (8)
お庭でひとりごと (54)
お松との会話 (53)
いわゆる出雲流庭園 (11)
雪舟を探して (9)
雪舟が見つからなくって (8)
お庭 (4)
屋根フェチの小部屋 (26)
未分類 (0)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (59)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (36)
波乗りウサギに会ってきた (10)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR