木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

甘南備寺に行ってみた

 熊本地震から2年・・・。先週の大田の地震も治まったようですが、大田市街では屋根にブルーシートを貼った家もありますが・・・それでも町は平静さを取り戻しつつあります。

 さて、
 広島県三次市と島根県江津市を結ぶJR三江線が、この3月31日をもって廃線となりました。江の川沿いの谷間をのんびり走っていた短い列車。それが、廃線が決まってからは連日多くの観光客で賑わい、最終日には、満員による積み残しにバス代替輸送まで発生(なぜ、バスに乗る?いったいバスに乗る何の意味があるのだ?)する大混雑でしたが、時すでに遅し・・・。
廃線になった三江線

かく言う私は・・・年末から3月末までの異常な忙しさで、ラストランには間に合わず、テレビのニュースでお見送り・・・。

甘南備寺
その三江線が走っていた近く、江津市桜江町の甘南備寺(かんなみじ)です。
 現在の甘南備寺は、江の川に面した谷間に位置していますが、元々は、背後にそびえる甘南備寺山(519m)の中腹にあった山寺でした。明治17年頃に現在地に移転してきたようですが、そのきっかけは明治5年の浜田地震。当時の正確な記録はありませんが、最大震度7と推定されている研究もあり、先日の大田の地震よりも大きい、熊本地震並みの揺れだったのかもしれません。その地震によって、山中の伽藍では生活水が確保できなくなり、現地へ降りたのだとか・・・。
元の甘南備寺は、戦国時代には、近隣の武将が戦勝祈願のため、多くの宝物を奉納。石見銀山争奪戦でも活躍した小笠原氏も戦勝祈願寺とすると伝わるなど、石見を代表する大寺院だったようです。数多くの寺宝を伝えていますが、重要文化財に指定されている黄櫨匂威大鎧残闕(はじにおいおどしおおよろいざんけつ)はその代表。おそらく平安時代に始まる山寺だったのでしょうが、戦国時代頃には、大変な大寺院だったようです。

甘南備寺山
 と、言う訳で、いざ現地へ!
 甘南備寺背後の甘南備寺山は標高519m。その中腹、220m付近に甘南備寺の旧境内があります。
 山中には、長い年月に寸断された所はありますが、それでも一応、当時の参道が残っており、熊鈴の音も高らかにしばし登っていきます。最後は参道が消滅していますが、それでも登り切ると、
甘南備寺旧境内
 ・・・広い!東西100mほどの広~い平坦面に建物跡の礎石が点々と残り、足下には瓦や茶碗のかけらが落ちています。

甘南備寺旧境内の墓所跡
 さらに先には墓所。年号が残る墓石は幕末。古そうな宝筺印塔(ほうきょういんとう)は、戦国期まで遡るでしょうか?長~い寺の歴史を静かに伝えています。

おまけ
 今の甘南備寺の本堂横に置かれている羅漢さんたち。
甘南備寺の羅漢さんたち

お松:この皆さんも、明治に山寺から降りていらっしゃったんでしょうか?
やや:聞けるものなら聞きたいですね。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/16(月) 18:30:37|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新羅は見えたか?の第3回目ぐらい?・・・伯耆の四王寺山に登って見た

くそ忙しかった3月もようやく終わり、新年度の始まりです。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 さて、昨年の後半から気になって気になってしょうがなかった新羅は見えたか?シリーズです。
 貞観九(867)年ですから、平安時代の初め頃のことですが、当時の朝鮮半島にあった新羅が不穏だとして、四天王像を用意し、伯耆・出雲・隠岐・石見・長門の五国に祀らせた記録があります。この時の命令は、新羅を見通せる高く清浄な場所に四天王像を祀るようにとされています。
 後に四王寺と呼ばれる四天王像を安置した寺の出雲での候補が、「師王寺」の字が残る松江市山代町なのですが、そこからは新羅が見えそうな気がしないので、背後の茶臼山に祀られてたんじゃないかって、時々登っては日本海が見えるかどうか探っていたのですが・・・。で、伯耆国ではどうなってんのかな?って事で、行ってみました倉吉市。
法華寺畑遺跡から見た伯耆の四王寺山

お松:満開の見事な桜ですが・・・?
やや:桜はどうでも良くって、その背後が伯耆の四王寺山です。この場所は、法華寺畑遺跡の公園ですが、お隣が伯耆国分寺跡ですので、国分寺僧が行き来するには都合のよい山です。
お松:あのぉ?桜は?
やや:桜はどうでも良くって、この反対側、北面集落から登山を開始。そこそこ険しい道ですが、登り始めて15分ほどで目的地が見えてきました。
四王寺山の山頂近く

 山頂には四王寺のお堂が建っています。で、件の貞観九年の命令などが記された説明板があるのですが、驚いたことに、昭和五(1930)年の火災で焼失するまで、木像の四天王像があったのだそうで、その写真が飾られていました。
四王寺のお堂

お松:平安時代の四天王像があったんですが?
やや:違うと思います。
お松:へ?
やや:貞観九年の命令は、「八幅四天王像」と書かれていますので、図像です。木像ではないんです。なので、図像が痛んで修復できなくなって後に造られたものだと思います。
お松:ふぅ~ん。で?松江の茶臼山からほぼ日本海は見えなかったけど、こちらからは?
やや:茶臼山からもちょっとは見えたの。で、伯耆の四王寺山からはこんな感じ。
四王寺山から見た新羅方面

お松:こ、これは?
やや:春霞ですな。
お松:・・・。
やや:眼前に日本海。左端に大山。ものすごく空気の澄んだ日には隠岐諸島まで見えるんだそうな。
お松:・・・。
やや:また、次回。見えそうな日に登ってみます。
お松:・・・。
  1. 2018/04/02(月) 17:20:32|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

茶臼山から浄音寺に行ってみた

 隣の部署の仕事まで引き受け(押しつけられ)て、とんでもなく忙しかった年末年始も無事突破。相変わらず隣からはどよ~んとした空気が漂ってきていますが、こっちではどうにもならないもんね!と、言う訳でようやく日常が戻ってきました。
でぇ、お正月なので茶臼山に登ってきました。
お松:お正月に茶臼山って、何かあるんですっけ?
やや:なんにもないけど、そんな気分になった(←お松:訳がわから~ん!)と言うだけです。
 と、言う訳で、今日の話は茶臼山・・・ではなく、茶臼山の南麓にある浄音寺です。浄音寺は、松江市大庭町にある天台宗のお寺。浄音寺自体は、ぜんぜん山寺ではないですけど、入れるとしたら山寺カテゴリかな?って事で、まぁ、茶臼山にも登ったし・・・。茶臼山の山頂から見るとこんな感じです。
茶臼山から見た浄音寺

お松:ホントーにすぐ下なんですね。なんか、飛行機から撮ったみたい!
やや:浄音寺は出雲三十三ヵ所観音巡礼の第二十四番札所です。
お松:お?観音巡礼?なんか久しぶりに聞いたような?た・確か・・・澄水山の澄水寺の時だ。
やや:そうです。澄水寺は第二十五番札所ですので、観音巡礼の人々は、この浄音寺をお参りした後に澄水寺に向かうことになります。
 そう言うお寺ですので、幕末から明治にかけてはさぞ賑わったのでしょうが、現在では多少寂しい感じになってますね。澄水寺もそうでしたが・・・。
 浄音寺の本堂は、元々は茅葺き屋根だったのでしょうが・・・これは、これで素敵な屋根ですな。
浄音寺の本堂

 浄音寺の周辺は古墳時代から奈良時代の出雲の中心地。大きな古墳や遺跡が集中している他、出雲国造家との関わりが言われる神魂(かもす)神社にも近い場所です。浄音寺に関する文献はほとんど残されていないという事ですが、神魂神社別当寺と言う伝承があるそうです。ご本尊は、鎌倉時代に造られたとされる十一面観音菩薩。長年の灯明で煤のかかったお顔は、記憶に残る個性的な表情。重要文化財でございます。
お松:その画像は無いのね?
やや:なかなか仏さんは撮れませんので、ネットで探してね。

おまけ
浄音寺の手水鉢

やや:浄音寺にいた水を飲むリス。
お松:ん?・・・お?・・・あ、リスだ!
  1. 2018/01/07(日) 18:04:15|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新羅は見えたか?

 厳密に言えば、山寺ではありません・・・と言うか、山寺だったかどうか判りませんが、山寺カテゴリにぶっ込んでます。
茶臼山

松江市山代町の茶臼山です。中世以降、お抹茶が知られるようになって以後は茶臼山と呼ばれていますが、『出雲国風土記』には「神名樋野(かんなびぬ)」と記されています。
お松:って事は、もしもお抹茶が日本で流行らなかったらティーポット山って呼ばれたって事ですか?
やや:知らんがな!それに、そこに突っ込むか?

 お松さんはほっといて、
茶臼山登山道

 ものすごい急な坂道を登ること15分(早っ!)。標高わずか171mなので、すぐに山頂にたどり着きます。でも、低いとは言え独立峰。山頂からは360度の大パノラマ!
茶臼山の山頂

お松:お寺はもちろん、鳥居すら無いようですが、山寺カテゴリにぶっ込んだのは、なにかあるのでしょうか?
やや:六国史の一つである『日本三代実録』貞観九(867)年に四天王像を安置したと言う記事があるのですが・・・
 おおざっぱに言うと、当時、朝鮮半島にあった新羅と緊張状態にあって、新羅が攻めてくるかも知れないとびびった朝廷は四天王の図像を作成し、伯耆・出雲・隠岐・石見・長門の5国に下した。この時の命令は、この5国は「西極」にあって新羅に近いので、それぞれの国で、新羅が見える高いところに施設を整備し、四天王を祀りなさい、と言うものでした。つまり、四天王の力で攻めてくるかも知れない新羅を調伏しようとしたようです。
お松:それが茶臼山なんですか?
やや:わかりません。
 茶臼山の南麓に「師王寺(しわじ)」と言う地名(字)が残っており、四天王像を安置した「四王寺」に通じることから、その隣接地にある古代寺院の遺跡が、そうではないかと言われていました。ただ、現地の標高はわずか20m。新羅はもちろん、宍道湖すら見えません。
お松:新羅が見える高いところではなさそうですね。
やや:なので、その古代寺院は、背後の茶臼山を含んだ山寺で、その登山口に整備された部分だけが現在知られる遺跡なこつかばい、思っちょります(←お松:どこの人ですか?)。
茶臼山山頂から見た山代郷南新造院跡

 茶臼山の山頂から見ると、この真ん中やや下の芝生がその遺跡です。古代の区画を反映しているかも知れない道が、まっすぐ茶臼山に向かって伸びている点も示唆的です。
お松:でぇ、茶臼山の山頂からは、新羅は見えたのでしょうか?
やや:西の方はこんな感じですね。
新羅は見えたか?

お松:右下に宍道湖、その上は・・・出雲大社近くの山々?日本海は見えませんね。
やや:ふ・ふ・ふ・・・。右から降りてくる山並みが下がりきって、平らになる所が簸川平野です。その先は、霞んで空と区別がつきませんが、あそこが・・・
お松:お?に・日本海?
やや:そう。見えるんですよぉ・・・。
  1. 2017/11/25(土) 16:45:40|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大社弥山に登ってみた

 涼しくなってきたので、山寺詣で再開です。で、行ってきたのは、前から気になっていた大社弥山!出雲大社のすぐ東側にそびえる山で、このあたりの最高峰。標高は505m。
大社弥山

お松:大社弥山って、確か山頂に神社があるんでしたよね。山寺じゃないじゃん。
やや:そうなんですが、登山道は子安寺から伸びていますし、麓の谷奥には僧侶の墓である無縫塔や薬師堂(?)の跡の石垣なんかも残されています。かつては、山林修行にも使われた山ではあるようです。
 さて、
 登り始めると、これがけっこうきつい・・・。結局一時間以上かかりやっとこさ・・・。
 山頂には、御山神社の鳥居の跡。
御山神社

 そして、園の長浜から三瓶山!国引き神話の世界が眼前に広がっています。
国引き神話の世界

 毎度おなじみ、奈良時代に記された『出雲国風土記』には、山や川、海岸地形が記されていますが、海岸地形に比べ、山の記載はそう多くはなく、特に出雲郡では、山の記載は2件しかありません。
お松:奈良時代の出雲郡って、現在の大社、日御碕周辺から・・・。
やや:簸川平野を挟んで、斐伊川沿いの山塊までを含む範囲です。
お松:その間に山が二つしか無いんですか?
やや:んなバカな。なので、風土記の執筆者は、意味のある山しか載せていないと言う事だと思います。で、二つというのは、神名火山・・・つまり現在の仏経山と出雲御埼山(いずものみさきやま)です。出雲御埼山は・・・
お松:それが大社弥山なんですね。
やや:それが・・・。周囲が九十六里一百六十五歩あるって書かれています。って~と40~50kmほど?一つの山にしては広すぎるんで・・・大社弥山から旅伏山あたりまでを含む山塊全部を言ったものだと思います。
お松:・・・な、なるほど。
やや:当時の人々の山のとらえ方を考えさせますよね。
弥山山頂より
そぉほど・・・。
  1. 2017/10/07(土) 10:38:33|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (33)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (29)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (69)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (13)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR