木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

鰐淵寺現成院跡

 久しぶりに鰐淵寺へ行ってきました。かつては出雲第一の伽藍と呼ばれ、隆盛を誇ったお寺ですが、現在では、多くの僧坊が遺跡になりつつあって、建物が機能している僧坊は松本坊を残すだけとなってしまいました。鰐淵寺では、鹿に蹴られそうになったり、入山料で首をかしげてみたりしてはいますが、好きなので、やっぱりまた行っちゃいました。
鰐淵寺と言えば、紅葉です。なので11月後半頃は遙か下の鰐淵小学校辺りまで渋滞するほどですが、それ以外のシーズンは駐車場もガラガラ、真冬だと鹿に蹴られそうになるぐらい・・・。普通の観光客なら、根本堂を拝んで、摩陀羅神社ぐらいまでを見たら浮浪の滝の蔵王堂を目指すのでしょうが、私は、ほぼ遺跡となった僧坊跡を巡り、お庭の残骸を眺めております。

 まだ、鰐淵寺が賑やかだった頃、お庭で有名だったのは等樹院跡だったそうですが、その頃に盛大に手が入ったのか、コンクリート製のベンチとかが池泉の真ん前に置かれていたりしてがっかりです。
 で、今日、紹介するのは摩陀羅神社のすぐ下にある現成院跡。根本堂や摩陀羅神社に最も近く、参道のすぐ脇にあることから格式の高そうな僧坊跡ですが、旧是心院や和田坊跡などに比べると小規模な僧坊です。
 入り口は、参道から曲がって、曲がって、細かく変化を付けて、格式を高めています。
現成院の入り口
 僧坊跡の全景はこんな感じ。残された礎石がかつての繁栄を物語る・・・。
現成院跡の全景
 僧坊跡の南東側にお庭が展開しています。大戸口横にお庭へ向かう中門が開いていたと見え、軒先に立手水。飛石伝いに景石の手水が見えます。近代以後も手が入った様子で、いわゆる出雲流庭園では見られないような凝った短冊石が置かれていたりします。
現成院跡のお庭

現成院跡の立手水
 さて、
 現成院跡は、最初に言ったとおり、根本堂や摩陀羅神社に最も近い僧坊跡ですが、まったく人が近寄らないようで(草ぼうぼうだし、じめじめしてて蛇が出そうだし・・・)、入り口の石段にはシカの糞・・・。
シカの糞

 どっかの神社の御神鹿とかではなく、野生です。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 07:06:17|
  2. 出雲のお庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪舟を探して(その4)夢窓礎石のお庭

 雪舟はお庭を造ったか?と言うテーマでこのシリーズが動いておりますが、今回は、雪舟はお庭の勉強をしてきたのか?と言うお話を・・・。
 雪舟は、応永27(1420)年に備中で生まれ、幼い頃に近くの宝福寺に入り、10歳頃に京都に移ったと言われています。京都では相国寺に入った事が判っていますが、京都相国寺は臨済宗東福寺派の主要な寺で、夢想派の春林周藤に師事、禅の修行を積むとともに、天章周文に絵を学んだ事になっています。しかし、当時の京都の絵は雪舟の絵とはずいぶん趣の違う繊細な(失礼)絵。雪舟は京都ではつらい思いをしていたと考える研究者も少なくないようです。

 雪舟は、10歳ぐらいの頃に京都の相国寺に入ったと言われているのですが、後々の人脈を考えると、当初は東福寺に入って、後に相国寺に移ったのかな?
 ところで、東福寺と言えば鎌倉から京都まで、多くのお庭に関わった夢想疎石がいらっしゃいました。了庵桂悟の『天開図画楼記』によれば、雪舟は夢想派に連なる禅僧とされています。雪舟は相国寺では春林周籐に師事している事になっていますが、春林周籐ももちろん夢窓派の人。
 こうした人脈から言っても、西芳寺など夢窓礎石がトリートメントしたお庭を、しっかりと見ていると考えるのは当然です。
 夢窓疎石は『碧巌録』に示された禅の理想境を西芳寺の庭に作ろうとしたそうです。夢窓疎石がトリートメントした西芳寺のお庭は、苔寺と呼ばれる現在のお庭とは、まったく印象が違っていると思いますが、池を巡って舎利殿、湘南亭などの多くの殿舎がある庭だったそうです。このような建物を巡る庭は、後に鹿苑寺(金閣)や慈照寺(銀閣寺)に影響を与えたとも言われています。

 つまり、雪舟が夢窓礎石のお庭を見たことはもちろん、それをしっかり勉強した可能性はあるにはあるのです。雪舟作と伝えられるお庭の代表作である常栄寺庭園の上下2段構成は、夢窓礎石がトリートメントした西芳寺庭園を確かに彷彿させるのです。

天龍寺方丈庭園

写真は、夢窓礎石が造ったと伝えられる天龍寺方丈庭園と

雨の鹿苑寺

雨の鹿苑寺

お松:いつものように、突然お邪魔しま~す。いや~。このシリーズは久しぶりですねぇ。もう、やめちゃったのかと思ってました。(←やや:すまん)で、やっぱりいくつかのお庭は雪舟さんが作ったんですね?で、そこに夢窓疎石の影響があるんですね?
やや:だはは!もちろんそんな単純に話が説明できるんやったら、とっくに誰かが説明してはります。一般的には、雪舟にお庭の勉強なんかしてる時間が無かったやろ?と言う理屈で話がされているんですが、ウチは本当に可能性が無かったか?と言う話をしとるんやす。
お松:な、何ですか?その話し方は?今日はキャラがおかしいですよ?
  1. 2012/09/23(日) 08:15:50|
  2. 雪舟を探して
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こまった・・・

 最近、まったくお庭を見に行っていません。仕事の都合もありますが、なにしろ身近にお庭が無い!と言う状態です。こまった・・・。
 「こまった」と言えば・・・竹島問題も軽く吹っ飛ぶ中国情勢!国内に目を向ければ、岩国基地ではとうとう“みさご”が飛び立ってしまったようで・・・こちらは見事に本来の普天間問題を“みさご”の安全性問題にすり替えての強行突破?そんな時に某党の党首選や総裁選より“じゃんけん大会”が盛り上がってしまう国って?・・・こまった。
 「こまった」と言えば・・・春先から、とある仕事に協力して欲しいと頼まれていました。諸事情もあり、思いつく限りのいいわけを列挙して断り続けて・・・それでも納得してもらえないので、今すぐ入院しそうな勢いで体長が悪い!とか、家庭の問題が!とか、あること無いこと並べ立てて、いったんは撃退したつもりでした・・・。
 ところが・・・
 昨日になって、また、朝から電話が鳴り続いています。
 いわく「今から、そちらの仕事場へ行く(2時間かかる)。みんなの前で土下座をしてお願いする。上司からは、引き受けてもらえるまで帰ってくるなと命令されている!土下座してお願いするぞ!電話じゃなくて、そっちへ行くぞ!」
 ・・・それって脅迫だろ?

独楽庵の手水


 まったくお庭の話が出てきませんでしたね。こまった・・・。
 写真は出雲文化伝承館独楽庵の外露地の手水。・・・これでモミジの葉っぱでも浮いてれば・・・。
  1. 2012/09/22(土) 12:30:27|
  2. お庭でひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お庭が見たい・・・

いろいろあって、身動きできません。
出雲地方は台風接近で風が強くなってきましたが、雨はまだ降り出しそうにありません。
あ~、お庭が見たい・・・。


ささやの手水

写真は津和野の商家ささやの手水。ささやさんの庭園は、通常は非公開。
  1. 2012/09/16(日) 10:03:03|
  2. お庭でひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (54)
出雲のお庭 (33)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (8)
雪舟を探して (9)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (26)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (63)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (38)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR