木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

念願の常栄寺雪舟庭園!

お松:こんばんは~!いやぁ~、ついに念願の常栄寺雪舟庭園!やっとこさ山口に来ることができましたねぇ?苦節半年!ウルウル・・・。
常栄寺雪舟庭園

やや:そこまで、大げさに・・・。もっと早く来たかったのは事実ですが、まぁ、天気も良かったし、きれいでしたねぇ。
お松:あ!でも、でも、これ、「お松との会話」ですよ、「雪舟を探して」じゃな~い!
やや:いや、そう簡単には考えがまとまらないので、とりあえずは、これで・・・。
お松:でも、本当に天気が良くって良かったですねぇ。常栄寺庭園は、予想以上の美しさ!
やや:ちょっと低木植栽の刈り込みが変でしたが、紅葉の時期に見ることができて良かったですねぇ。
お松:刈り込みは変でしたか?
やや:あんな四角い刈り込みは小堀遠州以降ですね。ま、それはともかく、よく手入れが行き届いていて、堪能しました。
お松:では、いよいよ、ほぼ忘れていた「雪舟を探して」カテゴリも復活!ってことですね。
やや:ええ、近いうちに。
お松:近いうちですか?なんかどっかの党首討論のような・・・。
やや:ええ、必ず、近いうちに・・・。

常栄寺の船石
写真は、常栄寺庭園の船石。吃水より船が高く、荷が軽い・・・つまり蓬莱島へ向かう様子を表しているようです。蓬莱島からの帰りは、お宝を満載して、吃水ぎりぎりまで沈んでいるはずです。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/25(日) 21:25:14|
  2. お松との会話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意外と・・・

 この3連休、雨の予報でしたが、降ってません。日がさしてきました。少し肌寒いですが、意外と良いかも・・・。

北島家のお庭

 写真は、昨日に引き続き出雲大社北島家のお庭。
  1. 2012/11/24(土) 09:07:12|
  2. お庭でひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出雲大社北島家庭園

 神話博しまねも閉幕し、古代出雲歴史博物館の駐車場も使えるようになったので、実に久しぶりに北島家のお庭へ・・・。
 お隣の出雲大社では神在月(神無月ではない)の神迎え祭を控え、多くの参拝客でごった返していますが、こちらはいたって静かに初冬を迎えようとしています。
北島家庭園 亀の尾の滝
 亀の尾の滝はいつもより水量も多く、秋の柔らかい空気を洗い流すように・・・。
 紅葉は盛りと言うよりも、そろそろ終わり?
北島家の黄色い紅葉

北島家庭園の赤い紅葉

もうすぐに、本気の冬を迎えます。
  1. 2012/11/23(金) 13:05:03|
  2. 出雲のお庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾からお友達

 今日、2年ぶりに台湾から大切な友人に会うことができました。
 一人で出張させられた台湾で、相手方の担当者である彼女も日本語なんか判るはずもなく(だけど、英語はぺらぺら!まったく日本人って・・・)、漢字の筆談と英単語(英語ではなく英単語)で世間話をしたっけ。久しぶりの彼女は、相変わらずの優しい笑顔で・・・。台北の夜・・・楽しかったなぁ・・・。
台湾新北市、太子賓館のお庭

 まったくお庭の話が出てきませんでしたが・・・。
 写真は台湾新北市立黄金博物園区の太子賓館のお庭。大正時代の皇太子、つまり後の昭和天皇を迎えるために建てられた(でも実現しなかった)建物のお庭。
 この前後の実にめんどくさくも困った歴史が、現代の尖閣諸島問題や沖縄問題に直結する事になります。皆さん、たまには近代史もお勉強しましょう。
  1. 2012/11/13(火) 19:23:34|
  2. お庭でひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日休園

 今朝、目が覚めたら雨だった。冬の訪れを告げるような冷たい雨だった。で、突然、雨に濡れる古門堂路地の瓦の延段を思い出した。・・・見たい。で、安来へ急行!
蓮乗院の門
 あ″・・・雨のせいか・・・。
全国的にもめずらしい登れる三重塔も拝観中止・・・。何しに来たんだか、もぅ。

 安来市にある天台宗の古刹清水寺は、今は本坊の他、蓮乗院しか残ってありませんが、元々は多くの塔頭があったはずです。蓮乗院のお庭とその先に続く路地、そして、南大門の古材を使って建てられたという茶室古門堂(門の古材なので古門堂だよ)は菅田庵と並び称される出雲を代表する茶庭です。どことなく京都の香りがするお庭がたまりません。
 でも、・・・そうか。蓮乗院の書院から履き物を借りて庭へ降り路地を歩くので、足下の悪い時は休園なのか・・・。
清水寺の紅葉
 一方、清水寺は紅葉の名所でもあります。今日も多くの観光客が訪れています。紅葉の方は、もう一息と言うところでしょうか?
清水寺本堂の屋根

 私にとっては、屋根の方がたまりませんが・・・。
  1. 2012/11/11(日) 17:54:55|
  2. お庭でひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鰐淵寺旧是心院(2)

 前々回に続いて旧是心院です。
 正面から右手に重森両氏が「江戸中期」と解説したお庭が展開していますが、私が個人的に好きなのは、むしろ重森三玲・完途両氏に捨てられた北西部の方です。
 セオリーどうり3段に組まれ、鯉魚石を持つ枯滝の下に小さな池があり、後補と思われる石橋が割れて放置されています。南の庭と同じように斜面を利用した涸滝ですが、南の庭と異なり、枯山水ではなく、(今は涸れていますが)水を張った池があります。防火用水の必要性を考えても理にかなった庭だと思います。草ぼうぼうで細かい意匠は読み取れませんが、(すでに無いけど)書院の縁から(唐川茶なんぞをすすりながら)眺めたら、そこそこ良い感じでしょう。また、明治35年の絵図によると、この左手に祠があったはずなので、この庭を横切って祠に向かったのでしょう。
 南側の庭が客を迎える表の庭。それに対してこっちのお庭がプライベート(に近い)なお庭と言うことでしょうか?
旧是心院の北西部の庭

この写真じゃ、なんもわからんな・・・。
  1. 2012/11/04(日) 09:46:31|
  2. 出雲のお庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

出雲のお庭 (33)
石見のお庭 (8)
お庭でひとりごと (53)
お松との会話 (53)
いわゆる出雲流庭園 (11)
雪舟を探して (9)
雪舟が見つからなくって (8)
お庭 (4)
屋根フェチの小部屋 (26)
未分類 (0)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (58)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (36)
波乗りウサギに会ってきた (10)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR