木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

貴布禰稲荷両神社

 松江市では、先頃、松江城天守閣が国宝になると言う答申があり、盛り上がっているようですが、以前から島根県には2つの国宝建造物がありました。一つはもちろん出雲大社本殿。そしてもう一つが松江市にある神魂(かもす)神社本殿です。松江城界隈の賑わいに比べれば、遙かに静かな境内です。
神魂神社本殿
 この御本殿は、大社造りの本殿としては最古のもので、天正十一(1583)年に再興されたものであることが、神主である秋上家文書や鰐淵寺文書に記されています。棟を支える前後の柱が少し外側に飛び出す、出雲大社本殿などよりも古い様式を残す建物です。
神魂神社の階段
 神魂神社は、『出雲国風土記』や『延喜式』など、古代の記録には見えない神社で、おそらく古代後半にってから造られた、出雲国造家の私的な神社では?などと言われています。本来、この地にいた出雲国造(千家家・北島家)家は、杵築に移り出雲大社の両隣に国造館を構えていますが、明治初めまでは、この近くに国造館を残していたことも知られています。
 その国宝の御本殿の隣には、重要文化財に指定されている貴布禰稲荷両神社(きふねいなりりょうじんじゃ)あります。
貴布禰稲荷両神社
 貴布禰社と稲荷社の二つの神社をくっつけた、不思議な建物です。室町時代の様式を現代に伝える、非常に貴重な建物です。

お松:要するに、ややさんとしては、松江城国宝化でうかれているけど、もっとすごいのがあるぞ!って言いたいんですね。
やや:松江城にけちを付ける気はまったくありませんが、他にもいろいろおもしろい物がある事を紹介したいだけで・・・。
お松:そうは言っても、このブログで松江城を紹介したことはまったく無く、国宝化みたいな話題性十分の今も、あえて外しているような・・・。
やや:う・・・。
お松:まぁ、いいか?この他にも、島根県に国宝ってあるんですか?
やや:出雲大社本殿、神魂神社本殿の他、秋の鹿蒔絵手箱(あきのしかまきえてばこ)、白糸威鎧(しろいとおどしよろい)があります。また、荒神谷遺跡出土青銅器と加茂岩倉遺跡出土銅鐸も国宝ですが、この2件は国保有なので島根県の国宝には数えないルールになっているようです。で、松江城天守閣が国宝になるので、島根県の国宝は5件になります。
お松:ほ~。
やや:末永く大事にしていただきたいものです。

おまけ
貴布禰稲荷両神社のキツネさん阿形
 貴布禰稲荷両神社のキツネさんです。神魂神社本体には狛ワンコがいませんが。お稲荷さんにはキツネさんです。
貴布禰稲荷両神社のキツネさん呍形
お松:なんか、がんばっている感がすごいですね。
やや:なにせ、守っているものが、重要文化財ですので。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/30(土) 19:09:10|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

『出雲国風土記』の脱落

 このブログで頻繁に紹介している『出雲国風土記』は、奈良時代に全国で作られたはずの風土記の内、唯一、完本に近い内容が残されている事になっています。
生馬神社参道
お松:また、「近い」とか「となっています」とか、はぐらかすような?
やや:めんどくさい説明をすると、奈良時代に記された風土記の現物は、全国でも全く残っていません。いくつかの風土記の写本・・・つまり、見て書き写したものが、現代に伝えられている訳です。なので、内容が欠けていたり、ページまるまる無かったりもするわけです。
お松:なるほど、コピーもデジカメもありませんものね。
やや:で、比較的まとまって残っているのが「常陸」「播磨」「豊後」「肥前」そして「出雲」の5風土記です。中でも、ほぼ完本に近いとされているのが『出雲国風土記』です。これは、出雲が特別だった訳では無く、偶然に残ったわけですが・・・。
生馬神社本殿
お松:5風土記以外の風土記もあるのですか?
やや:ふすまの下張りとか、違う文献に引用されていたり、断片的に内容が残されている風土記はあります。そう言うのを、風土記逸文と言います。
 で、『出雲国風土記』も複数の写本があって、現在、約70(た、単位がわからん←お松:点でよいのでは?)ぐらいが知られていますが、それがみんな写本の写本の写本だったりします。古代史の研究者は、その誤記や誤字の関係を調べて、元に近い写本を探す研究をしています。そうした中で「島根郡」の神社の記載が脱落している事が知られています。
生馬神社の引退した先代狛犬
お松:島根郡の神社の話は、度々しているようですけど、それは?
やや:写本には脱落した部分をそのまま放置しているグループと、別の文献を参考に補訂したものがあります。なので、島根郡の神社記載は、オリジナルどおりだったかどうかはわからない訳です。
 この生馬神社も、『出雲国風土記』に記載のある古社と、説明されますが、厳密に言えば判らないと・・・。
お松:え?記載されていなかったかもしれないんですか?
やや:いや。たぶん記載されていたと思いますよ。ただ、いろいろわからないこともあると、そういうことです。

おまけ
生馬神社の波乗りウサギ
 生馬神社には、明治20年の灯籠が残されており、その台座には2羽のウサギがノリノリで波乗りしています。
お松:お~!久しぶりの波乗りウサギ!しかも2羽!
やや:この灯籠は竿の銘によれば、明治20年製。波乗りウサギは、昭和11年製が圧倒的に多いように思ってましたが、これは古い!
お松:そう言う話はどうだってよいですが、右のウサギはサーフィンから落ちて溺れかけてませんか?大丈夫でしょうか?
やや:それこそ、どうでもよいし・・・。
  1. 2015/05/23(土) 19:08:06|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

美保関の青石畳み通り

 島根半島が東につきだした先端の少し内側は、海運が主流だった頃の出雲の東の玄関口、美保関です。ここにある美保神社は、『出雲国風土記』にも記される古社で、その巨大な御本殿は、大社造りを横に二つ繋げた特殊な建築です。が・・・今日は古代とか屋根とかの話ではなく、明治20年代のこの港町について・・・。
美保神社本殿
 小泉八雲=ラフカディオハーン・・・松江ではハーンではなくヘルンさんと呼ぶ事になっている方・・・は、明治24・25・29年と3度にわたり夏の美保関を訪れています。ヘルンさんが松江に赴任していたのは明治23年から明治24年の秋までなので、松江を離れた後も2度ほど訪れています。よっぽど気に入ったんですね。美保関に訪れた際には、港の東側にあった旅館「島屋」の2階海側(オーシャンビュー)に滞在する事が多かったようです。現在、その島屋はありませんが、島屋の跡地からは、港を挟んだ対岸に美保神社の鳥居を見ることができます。
島屋跡地から見た美保神社
 美保関の港付近は、現在では、地蔵崎の灯台方面に向かう道が海沿いに続いていますが、ヘルンさんが訪れた明治20年代には、この道は無く、港の東にある島屋へ向かうには、集落の中を通る狭い道だけだったようです。その道は、最近では「青石畳み通り」と呼ばれちゃって、小ぎれいに整備されてます。
青石畳み通り
 ヘルンさんが日本で見聞きし体験したあれこれを西洋に紹介した『知られぬ日本の面影』には、この美保関の小さな通りについて
「こっちの浜側の家の2階から、向こうの山側の家の2階へ、ひょいっと飛び越せそうなくらい・・・」
 と記されています。
 現在でも狭い通りですが、当時は更に狭かったのかもしれません。ヘルンさんが見た風景そのままのはずはありませんが、そこかしこになんだかやたらと懐かしそうな雰囲気を残す町です。
美保関の古い家
お松:今回は、特にオチも、おまけもなく終わるのでした。
  1. 2015/05/17(日) 18:20:10|
  2. 小泉さんの散歩道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

千酌(ちくみ)と言う浦

 現在、隠岐諸島と本土を結ぶ隠岐汽船は、七類港と鳥取県の境港から出ていますが、奈良時代には、(公式には)千酌から出ていました。733年の年記を帯びる『出雲国風土記』には、「隠岐渡(おきのわたり)の千酌駅家(ちくみのうまや)」と記され、出雲国府からこの千酌を経て隠岐へ渡るルートが官道として記されており、隠岐国へ向かう国司や使者は、この浦から船に乗り、漕ぎ出していったはずです。
千酌浦
 現在では、静かな海辺の町ですが、交通の要衝なので、当時はさぞ賑わったことでしょう。その千酌には『出雲国風土記』に「爾佐社(ニサノヤシロ)」と記される爾佐(ニサ)神社があります。この爾佐神社のご祭神は、都久豆美命(ツクヅミノミコト)とされているのですが・・・。
爾佐神社本殿
『出雲国風土記』の「千酌駅(うまや)」の説明には、
「イザナキノミコトの御子の都久豆美命がここに鎮座している。よって都久豆美(ツクヅミ)と言うべきだが、今(奈良時代)の人は、ただ千酌(チクミ)と呼んでいる。」
お松:ツクヅミがチクミ・・・。略したの?それとも間違えたの?
やや:おそらく、地名が先にあり、後で神話を乗っけたのだと思いますが、それにしても、そんなぁ?って言う説明ですよね。
爾佐神社の境内社
 その爾佐神社の随神門から正面を見ると、海と・・・。
お松:海と、おむすび山!
随神門から見た麻仁曽山
やや:現在は麓にありますが、かつては山頂に伊奈阿気神社が在ったとされる麻仁曽山です。『出雲国風土記』の「島根郡条」には何にも出てきませんが、もし、『隠岐国風土記』が現存していたら、記されていたかもしれません。
お松:なんで、現存しない隠岐の風土記が?本土側にある島根郡の山を、隠岐の風土記に?
やや:こんなおもしろい山、ぜったいランドマークです。海から見たら、どこに浦があるかなんて、さっぱりわかりませんの。だから、海から来る船は、特徴ある山などを目標にやってきます。おそらく当時は、隠岐を出てしばらくは大山を目標に、近づくとより具体的な目標を・・・「あの三角の山の右が千酌だ!」ってな感じで目指したのではないでしょうか?
お松:なるほどね、反対側からの視点って、考えたことがなかったです。
やや:なので、拝殿が随神門と一直線に麻仁曽山を結んでいるのも、意識して建てられたのだと思いますよ。

おまけ
爾佐神社の狛ワンコ
 恒例の来待石製狛ワンコ画像です。後ろにピッカピカの狛ワンコがいますが、やっぱり古い来待石の狛ワンコの方が・・・。
お松:新旧なかよく神社を守っていただきたいものです。
やや:と、とりあえずまとめたな。
  1. 2015/05/09(土) 18:38:10|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

かつては、神々の国の首都だった

明治23年8月、旧制松江中学の英語教師として、小泉八雲(当時はまだ、パトリック・ラフカディオ・ハーン)は、松江に招かれます。米子から蒸気船に乗り松江大橋下に降り立ち、島根県が用意した皆美館へ向かうはずでしたが、突然、なんのインスピレーションを感じたのか、人力車から見えた旅館に泊まりたいと言いだし、結局2ヶ月間もこの旅館に逗留することになります。
大橋川
 ハーンが日本で感じ、体験したあれこれは『知られぬ日本の面影』に記されていますが、その中の「神々の国の首都」には、この旅館で見た(聞いた、感じた)松江の早朝の様子を細かく記しています。
 それによれば、
 まず、朝一番に聞こえてくるのが米を突く規則正しい音。それは、聞こえると言うより感じられる・・・、それは心臓の鼓動のようだ。それから洞光寺の鐘の音、材木町の地蔵堂の太鼓の音、続いて行商人の声・・・。
 そして、2階の障子を開け放つと大橋川から宍道湖の風景、船に乗る人々の様子・・・。
 なんと言うこともない、ただの日常の朝を、とんでもなく美しい文章で綴っています。
 ハーンが逗留した富田旅館は、現在の大橋館の場所にありました。大橋の右手の大きな建物です。
富田旅館のあった、現在の大橋館
 当時は、川沿いの道は無く、旅館の建物は川にせり出すように建てられていたそうです。なので、ハーンが逗留した2階の部屋の障子を開け放つと、大橋川から宍道湖の美しい風景が一望だったはずです。
 そして現代の松江です。もちろん、米を突く音が聞こえるはずは無く、洞光寺の鐘の音は・・・鳴ったかもしれませんが、聞き取れず・・・。物売りの声もなく・・・。もしかしたら明治の頃よりも静かな朝なのかもしれません。でも、時折・・・配達を終えた新聞屋さんのバイクの音、朝の散歩やジョギングの人のスニーカーの音・・・。
大橋近くの石段
 ハーンが「神々の国の首都」と呼んだ面影はすっかり消え失せ、しっかり現代の地方都市に過ぎなくなってしまいましたが、それでもまだ、川へ降りる石段なんかが残っていたりもするので・・・この町は侮れません。

おまけ
この橋の名前は・・・。
しんおうはし
お松:ん?しんおうはし・・・おはし?おはし・・・?
やや:しんおうはしですが、それが何か?
  1. 2015/05/03(日) 10:41:31|
  2. 小泉さんの散歩道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

出雲のお庭 (33)
石見のお庭 (8)
お庭でひとりごと (53)
お松との会話 (53)
いわゆる出雲流庭園 (11)
雪舟を探して (8)
雪舟が見つからなくって (8)
お庭 (4)
屋根フェチの小部屋 (26)
未分類 (0)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (56)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (36)
波乗りウサギに会ってきた (9)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR