木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

夏も終わりですが

 気がつけば、なんだか秋。毎日ドピーカンの日々も終わり、風も少しだけ涼しげになってきました。この夏もやり残したことがすご~くたくさんあるような・・・。
夏の終わりの中海

 去年の今頃の画像です・・・。
 いつもの枕木山華蔵寺から見た中海。この先には大山があるはずなのですが・・・。
 これにプラス、大山が見えるとか、水面に雲や大山が写り込んでるとか・・・、みたいな絵が撮りたいのですが、今年も撮れず。そもそも、夏場に大山がはっきり見える日なんて、ほとんど無いので難しいことはわかってますが・・・。

お松:さて、月別アーカイブを見ると、6月からこっち、一貫して更新低空飛行が続いております。
やや:それは、ネタがないからです。
お松:それは、あかんのんとちゃいますか?(←やや:どこの人ですか?)
やや:では、近いうちに
お松:近いうちに?
やや:登るぞ~!
お松:・・・。お・お気を付けて。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/28(日) 17:49:08|
  2. ネタ切れにつき在庫処分
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雲南山寺めぐり3

 雲南市加茂町の光明寺です。
 雲南市加茂町の西端、出雲市境に接する大嶽山の東南山腹にある山寺で、出雲観音霊場第七番札所となっています。
 奈良時代から平安時代の創建といわれ、仁王門を登った境内には、県下最大といわれる十一面観音像が安置された観音堂や鐘楼が置かれています。
光明寺

 現在は曹洞宗ですが、古い十一面観音を本尊とする山寺であることから、密教系の山林修行のお寺が始まりだったことは間違いありません。
 このお寺で最も有名なものはこの鐘楼にかかる銅鐘です。
光明寺の鐘楼

お松:この銅鐘のどこがすごいのでしょうか?
やや:この銅鐘は、重要文化財の朝鮮鐘です。とは言っても、重要文化財を雨ざらしにする訳にもいかないので、鐘楼にかかっているのは複製品。本物は大切に保管されていて・・・
重要文化財の朝鮮鐘の釣り手付近

 こちらが本物です。
お松:釣り手の横の棒みたいなものは何ですか?
やや:煙突とでも言いましょうか・・・。これが朝鮮半島にあった統一新羅~高麗時代の銅鐘の特徴で、鐘の内部で反響した音が、この煙突を抜けて上に抜け、独特の音を出す仕組みです。また、釣り手そのものにも龍の彫刻があり、これも朝鮮鐘の特徴です。同様の銅鐘は出雲地方では、安来市の雲樹寺と松江市の天倫寺にあります。全国には50例ぐらいあるそうですが、なぜか韓国側にはあまり残っていないという代物です。光明寺の朝鮮鐘は、元は別の寺のものだったようですが、明應元(1492)年に光明寺に持ち込まれ、現在まで大切されているようです。
光明寺の参道

お松:なるほど。
 夏らしいカットではありますが、でぇ、今週もたいしたオチもなく終わるのでした。
やや:暑くってよぉ・・・。
  1. 2016/08/21(日) 17:30:36|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雲南山寺めぐり2

本日の山寺めぐりは、雲南市木次(きすき)町の保元寺です。ここも、前回の冨貴寺と同じく、ずいぶん前に無住となって、地域の人々の手によってかろうじて残されているお堂なのですが、このお堂に残されているのは国指定の重要文化財、銅板線刻十一面観音菩薩像懸仏です。
保元寺

お松:銅板線・・・。すみません。いっぱい漢字が並んでいるのですが、何のことか判りません。仏像があるんですか?
やや:銅板に、線を彫って十一面観音を表した懸仏(かけぼとけ)です。懸仏は、御正体(みしょうたい)とかとも言われます。円形の銅板などに仏像を彫ったりするもので、神仏習合、つまり、神様も仏様も一緒だ!って言う時代に、神様の本地(つまり、元の姿としての仏像)を表したりすることも多かったようです。
お松:それが、このお堂にあるのですね。
やや:あるはずです。特に、ここの懸仏の重要な点は、「保元二年」の銘があることです。
お松:保元二年っていつですか?
やや:「保元平治の乱」って、歴史の時間に習ったのを覚えてないですか?
お松:・・・あ!源平の合戦の?確か、それで平家が源氏を破って、平清盛が出てくるんですよね。って、事は・・・いつだっけ?
やや:・・・。保元2年は1157年です。で、「いい箱つくろう鎌倉幕府」なので、源氏が平家を倒し、鎌倉幕府が成立するのが1185年。
お松:学校では、「いい国作ろう」って、習ったんですが、変わったんですね。
やや:さて、お堂の中は・・・。
保元寺のお堂中

お松:ん?金庫?
やや:き、金庫ですね。貴重な文化財ですので・・・。
お松:十一面観音様、金庫に入ってるんですね。
やや:ここにあることは確かなようです。
お松:で、でもねぇ。
保元寺のお地蔵様方
  1. 2016/08/11(木) 19:06:32|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

雲南山寺めぐり1

 残暑お見舞い申し上げます。こよみの上ではすでに秋なのに、相変わらず、このくそ暑さはなんなんざんしょ?
お松:え~!もう秋なんですか?
やや:流したな・・・。
 立秋を迎えたので一応、秋です。
 さて、
 昨日から、松江市の南側、雲南市の山寺めぐりをしております。
お松:雲南市の山寺と言えば、三刀屋の峯寺が有名ですね。
やや:その他にも、三刀屋では禅定寺、加茂の光明寺なんかがよく知られていますが、そんなメジャーな所じゃなくって・・・今日のご紹介は、雲南市加茂町砂小原の冨貴寺です。ここには県指定文化財の薬師如来座像があります。これです。
冨貴寺

お松:え?なんか、周りの状況がなんか広場のような・・・。
やや:広場です。
お松:は?
やや:実はずいぶん以前に無住になってます。近隣の皆様の尽力により、かろうじて薬師堂だけが残されている状態です。
 で、中には
冨貴寺木造薬師如来座像

お松:立派な薬師さん!
やや:像高1.4mなので、等身大以上ですね。巨大な薬師如来像です。平安後期に造られたと見られますので、およそ八百年以上前の仏さんです。両脇侍も近世でしょうか。さらに十二神将を控え・・・。
お松:銅鐸まで飾られていますよ!
やや:そりゃ、銅鐸が大量に出土した加茂岩倉遺跡は郷土の誇りですからね。
 で、冨貴寺のお隣には、
比和神社

 『出雲国風土記』にも「比和社」と記される比和神社。神社から正面に仰ぎ見る山は同じく『出雲国風土記』記載の高麻山(たかさやま)。しかもこの山については、青幡佐草日古命(アオハタサクサヒコノミコト)と言う神様が鎮座していると記されています。
 こうした神宿る山が、山林修行の場に選ばれ、後に山寺が造られるという状況を示しているようですね。
お松:これ、山寺めぐり1ってなってますが、シリーズ化するつもり?
比和神社の鳥居


おまけ
比和神社の狛わんこ
比和神社の狛ワンコ

「暑っついなぁ・・・いつまでも、日なたに座ってらんねぇぜ・・・。」
お松:って、言ってるみたいですね。
  1. 2016/08/07(日) 18:21:30|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

八塩折りの酒を醸してみた

お松:こにゃにゃちは~!ひっさしぶりにこんな挨拶で始めて見ましたぁ。
 なんか、最近、鳥取方面のネタが続いているので、ここは一発、出雲らしいネタとかないんですか?思いっきりディープな出雲がよいです。
やや:無い。
お松:お~い!
やや:ぐげぐげ・・・。笑顔で首を絞めるな~。わかりましたよぉ。では、ヤマタノオロチとかで。
お松:お?良いですねぇ。
やや:『古事記』『日本書紀』によれば、スサノオは荒ぶる神。高天原でいろいろやらかしちゃって、何人か殺しちゃったり。終いには、天照大神が、岩屋戸隠りをするまでの大事件となります。
 で、高天原を追放されちゃう訳ですが、追放されて降り立つのが「肥の川上の鳥髪(ひのかわかみのとりかみ)」です。
 ここで、スサノオは泣いている老夫婦に出会い、クシイナダヒメを守るため、ヤマタノオロチと戦うんですが・・・。
お松:高天原で暴れまくった、荒ぶる神だったはずのスサノオは、なぜか出雲では、正義のスーパーヒーローになっちゃうんですね。
やや:出雲だったかどうかは判りませんし、元は別の神話だったかもしれません。少なくとも、高天原での話とヤマタノオロチと戦う話は、その成立年代が違うのでしょう。それに、スーパーヒーローとは言ってもヤマタノオロチを酔っ払わせて、眠りこけたところを襲うという、卑怯きわまりないヤツですけどね。
 ところで、スサノオが降り立った「肥の川上の鳥髪(ひのかわかみのとりかみ)」は、後に、斐伊川の上流の鳥上の滝がある「船通山」。だと考える方が多かったようです。そのため、斐伊川流域にはスサノオやヤマタノオロチに関わる伝承地が点々とあります。
で、ここは雲南市木次町寺領の釜石。
八塩折りの酒を醸した釜石

お松:穴の開いた不思議な岩?これ、自然の岩ですか?
やや:自然の岩です。まるで昔のかまどのように見えるこの岩は、スサノオが「八塩折りの酒(やしおりのさけ:きっつ~い酒)」を醸したかまどなのだとか。
お松:八塩折りの酒を醸したって、ど言うこと?蒸留したの?蒸留酒ってウィスキーとか焼酎?この時代に蒸留酒ってあるんですか?
やや:この時代っていつだ?『古事記』『日本書紀』の書かれた奈良時代だったらば無い。ま、とにかく、この不思議な形を見た昔の人は、そんな事を思ったのでしょう。
 でぇ、
 ここも、結構な山の上にあるんですが、その更に上の方には、布須神社が在ります。
室山の布須神社拝殿

お松:これがまた急な石段?
やや:その先に拝殿があって、拝殿の先は・・・。
拝殿の先は・・・布須神社です

お松:鳥居が・・・鳥居があるだけですか?
やや:奈良の大神(おおみわ)神社などと同様に、本殿がなく、山・・・ここの場合は室山という260mの山そのものが本殿であり、ご神体です。
お松:神社としては古い形なんでしょうか?
やや:それは判りませんが、そもそも神社とは神の降る場所を祀ったものですから、本来的にはこんなものなのでしょう。
160806d.jpg

お松:でも、とりあえず、車で行けるんですね。なんか、山寺めぐりで、すごいところばっかに行ってる気がしたので、車で行けるところは安心ですねぇ。
やや:大変な道でしたけどね。ちなみにこの神社の背後には、かつては四十二坊もあった山寺だったとか。
お松:やっぱり、それが目的だったか・・・。
  1. 2016/08/06(土) 17:36:59|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

出雲のお庭 (33)
石見のお庭 (8)
お庭でひとりごと (53)
お松との会話 (53)
いわゆる出雲流庭園 (11)
雪舟を探して (9)
雪舟が見つからなくって (8)
お庭 (4)
屋根フェチの小部屋 (26)
未分類 (0)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (58)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (36)
波乗りウサギに会ってきた (10)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR