木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

和爾と玉日女さま

 奥出雲町の鬼舌震(おにのしたぶる)です。一般的には鬼の舌震い(おにのしたぶるい)と呼ばれる景勝地です。斐伊川の支流、大馬木川に巨石・奇岩がごろごろと転がり、急流がごうごうと音を立てて流れる光景は迫力満点。さらに近隣の鉄山師が残した山林は、秋には美しく紅葉します。
鬼舌震

 古い遊歩道があったのですが、近年になって吊り橋やバリアフリー遊歩道が整備され、紅葉の季節には、見学者も増えています。
鬼舌震の恋吊り橋

 さて、この鬼舌震なる名前は、そもそもは、奈良時代の地誌でる『出雲国風土記』の仁多郡条に見える記載が元になっています。それによると・・・

「恋山(したいやま)。郡家の正南二十三里にある。古老が伝えて言うには、和爾(わに)が阿伊村にいらっしゃる神、玉日女命(たまひめのみこと)を恋慕って、川を上ってきた。その時、玉日女命が石で川を塞いでしまわれたので会うことができないまま慕っていた。だから恋山(したいやま)と言う。」
玉日女神社の社殿

 和爾(サメ?)が玉日女さまを恋慕って来たけれど、玉日女さまが石で川を塞いでしまった。だから和爾は、恋慕って慕い山。
 それが、江戸時代になると、この辺りの山は志多布留山(したふるやま)と呼ばれたことが判っており、「玉日女さまに会えなかったワニは舌を震わせて退いた」と言う伝説に変化しており、それ以来、「和爾」が「鬼」に変わり、「舌震」が「舌震い」となったようです。
その玉日女さまを祀る社が鬼舌震の遊歩道沿いにあります。それは小さな小さなお社で、巨石を投げて川を塞いだ怪力の持ち主と思えない奥ゆかしさです。
玉日女神社

お松:和爾も恋慕う、可愛らしい女神様です!
やや:ところで、この和爾は、ハンマーヘッドシャーク・・・つまりシュモクザメと考える研究者がいるようです。
お松:わざわざ、ハンマーヘッドとか言わなくてもいいのに・・・。で、シュモクザメではないんですか?
やや:現在でも、海から遠く離れた中国山地の三次市周辺などでは鰐(わに:サメ)料理が名物となっています。冷蔵庫のなかった時代、腐りにくいサメは、海から離れた山間部でも食べられていたようです。
お松:じゃぁ、シュモクザメでもいいじゃない?
やや:食べてた切り身のシュモクザメが恋慕って?
お松:・・・。
やや:淡水の大馬木川をシュモクザメが泳げるはずがない!と言う研究者(特に生物学者)もいます。で、アシカ・・・絶滅した日本アシカではないかと・・・。アシカなら、淡水でも平気なんだとか・・・。
お松:アシカなんですか?
やや:大馬木川に転がる巨石や奇岩が、伝説のモチーフなのは、きっとそうなんでしょう。で、和爾がシュモクザメかアシカか、それともまさかのアリゲーターなのか、それは・・・。
お松:それは?
やや:ど~でもいい!だって、神話なのだもの!
お松:また、つまんない結論になってしまいました・・・。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/13(日) 18:29:45|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

金言寺に行ってみた

 すっかり秋めいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?秋と言えば、
お松:秋と言えば、お蕎麦!お蕎麦と言えば奥出雲!と、言う訳で、行ってきました、奥出雲!美しいお庭を見ながらの新蕎麦は、美味しかったですねぇ。
やや:ちょっと、あまりにこのブログの趣旨からは遠いので(←お松:このブログの趣旨ってナニ?)。
 さて、
 広島県境に近い奥出雲町大馬木の金言寺です。
金言寺

 金言寺自体は、茅葺き屋根のステキな、日蓮宗の小さな小さなお寺ですが、その本堂の前に、県指定天然記念物になった樹齢300~400年と言われる巨大なイチョウがあります。この盆地の反対側からも、ボンッ!って、黄色く目立つほどの巨大なイチョウです。
 で、寺のすぐ前にある休耕田に水を張ったところ、見物客が集まり始め、平成22年度の島根景観賞大賞まで受賞しちゃったというものです。
 普段は静かなところですが、イチョウが色づく季節の週末には、大変な賑わいとなります。
逆さイチョウ

お松:ところで、ややさんは、こちらのお蕎麦屋さんで顔を覚えられちゃっているんですね?
やや:そんなに何度も行ったはずはないのですけどねぇ。
お松:ってことは、よっぽど印象に残るような、すんごいことをしたんですね?
やや:そ、そんなはずもないですが・・・。
  1. 2016/11/06(日) 11:42:02|
  2. 屋根フェチの小部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

出雲のお庭 (33)
石見のお庭 (8)
お庭でひとりごと (54)
お松との会話 (53)
いわゆる出雲流庭園 (11)
雪舟を探して (9)
雪舟が見つからなくって (8)
お庭 (4)
屋根フェチの小部屋 (26)
未分類 (0)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (59)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (36)
波乗りウサギに会ってきた (10)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR