木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

なんだか春めいてきたので、登ってみた

 急に春めいてきて、快晴。天気予報は・・・今日は晴れ。でも明日は雨。い、行くしかない!
と、言う訳で、念願の澄水山へ登ってきました。目的はもちろん澄水寺跡。とは言っても、すでに100年も前に廃寺となってしまっているので、何が残っている訳でもないのですが・・・。
麓から見た澄水山

 標高約500m。登り始めてすぐに後悔。そもそも選んだ道が大間違いで、イノシシ以外は歩いた形跡すら無い道。もうちょっとだけがんばって何も無ければ引き返そうと思ったことも2度や3度ではなく・・・今さら、引き返すことすら困難な・・・。けれど、一歩一歩、重力に逆らって体重を移動させること約1時間。何とか、正しい登山道に合流。イノシシではない、はっきり人の歩いた形跡がある道をしばらく行くと目的地。う~ん、人ってすばらしい!(←お松:その感想、たぶん、間違ってる。)
澄水寺の参道

 山頂からは、本来なら、北に日本海、南に中海の大パノラマが展開するはずですが、しっかり春霞で、たいしたものは見えず・・・。
お松:だ・は・は。ところで、何しに行ったんでしたっけ?
やや:だからぁ、明治初めに廃寺になった澄水寺跡を見に行ったんです。見つけたものは、いくつかの一丁地蔵と古い墓石だけですが、資料に記された位置関係がわかってきました。
苔むした一丁地蔵

お松:ずいぶん前から大騒ぎして、やっと登れて良かったですね。山寺での修行も、これで一段落?
やや:うんにゃ。まだまだ登るぞ~!
スポンサーサイト
  1. 2016/03/05(土) 17:16:46|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<すっかり春になったようで | ホーム | イナズマ道路の町並み>>

コメント

拍手コメント様

こんばんは
ありがとうごいざます。人の道に戻ることができました・・・なんか、微妙に違うニュアンスが含まれている気もしますが、とにかく、人の道に戻って、下りてくることができました!
拝む人がいなくったって、お地蔵さんはそこにいるんですよねぇ。いろいろ思うところもあります。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/03/05(土) 21:20:53 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

早春の山登り、気持ち良さそう。
暑くも無く、寒くも無い登山も楽しいかも。
苔むした墓石に歴史を感じます。
お地蔵さま、一丁地蔵って言うんですね。
知らなかったです。

廃寺になってしまって残念ですが、
こんな山道は私には無理かも知れません。
行ってみたいけどなぁ・・・
  1. 2016/03/07(月) 04:57:59 |
  2. URL |
  3. 太巻きおばば #-
  4. [ 編集 ]

太巻きおばば さま

おはようございます。
山頂近くの日陰には、しっかり雪が残ってましたが、それでも大汗をかきました。でも、この時期は虫がいないのが良いですね。
一丁地蔵は、巡礼者のために1町(約109m)ごとに置かれたお地蔵様です。ゴールまでの目安にもなり、助かります。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/03/07(月) 07:05:01 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

ア!澄水山!

貴ブログを、あちこち拝読させていただき、ここに、澄水山に登られた、こちらの頁に、偶然出会えました。当方、インターネット初心者なもので、昨日は、この頁には、気付くことが出来てませんでした。拝読させていただくと、確かに、山登りっていう方法だと、大変そうですね。この記事を、本庄の弁慶研究をし始めたという方々に、見ていただこうと思います。よろしいですか?お返事があってから、貴ブログについて、お伝えしようと思います。何度もコメントして、すみません…。
  1. 2017/03/31(金) 12:13:00 |
  2. URL |
  3. 澄水寺 #-
  4. [ 編集 ]

これで、澄水寺話は、完

色々書いて、すみません。今日、私が居ない時間帯で、澄水寺遺構話は、急展開したようです。本庄の方々が来られ、私の母が色々立ち回り、口をきき、実際、行った事のある地元の男性を見つけ出し、近く、その方の先導で、遺構を見に行く会が、立ち上がったようです。枕木辺り迄車で行って、そこから、歩くようです。貴ブログの事は、言わなくてもよくなりましたが、私は、今後とも、拝読させていただきたく。大変、お騒がせいたしました。
  1. 2017/03/31(金) 16:43:50 |
  2. URL |
  3. 澄水寺 #-
  4. [ 編集 ]

澄水寺 さま

枕木山からだと、舗装道路で縦走ですね。勘助庵の碑から先が、急な山下りになります。
お気を付けて、行ってらっしゃませ。
  1. 2017/03/31(金) 18:19:23 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

手水鉢の写真

ありがとうございます。先程、持田公民館の館長さんが、澄水寺遺構の手水鉢…大きな石に、くぼみを掘って作ってある、手水鉢の写真を、わざわざ持参してくださいました。親切な方々の、忖度に、助けられました。忖度…この使い方、正しいかしら…???では、御自愛くださいませ。
  1. 2017/03/31(金) 18:42:08 |
  2. URL |
  3. 澄水寺 #-
  4. [ 編集 ]

今日、本庄の方に、こちらのブログを紹介させていただき、今、ブログはお休みに入られたとお知らせしました。いよいよ、遺構に行ってみられるそうですが、前回に行った時に、貴ブログの写真の物は、自分も見たって…。本に写真が掲載されているので、本来なら有るはずの、手水鉢などが、何処に有るのかなあ〜って。とにかく、この辺りは、危険な状況下に有るって事は、貴ブログのお陰で、助言することが出来ました。本当にありがとうございました。
  1. 2017/04/05(水) 17:36:48 |
  2. URL |
  3. 澄水寺 #-
  4. [ 編集 ]

澄水寺さま

こんばんは
ま、なにはともあれ、お気を付けてと・・・。
画像は、登山道沿いのものばかりですので、すぐに見ることができると思いますが、そこより奥は、すんごい竹林です!
手水や基壇の場所は、地元の方の方がお詳しいでしょうから・・・。
とにかくお気を付けて!
  1. 2017/04/05(水) 22:10:23 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

無事、発見

この木曜日、無事、遺構発見されたと、電話を頂きました。近く、写真持参して、我々に報告してくださるようです。200メートル程も下がった場所で、竹で鬱蒼としていたそうですが、天気が良かったからか、事故、怪我も無かったとの報告に、安堵したことです。御心配をお掛けしました。そう遠くない時期に、本庄公民館関係の弁慶の本として纏められるのでは…と思います。
  1. 2017/04/15(土) 00:13:57 |
  2. URL |
  3. 澄水寺 #-
  4. [ 編集 ]

澄水寺 さま

それは良かったですね。写真も撮られたと言うことは、多少は見通しがあったと言うことですね。お疲れ様でした。
  1. 2017/04/15(土) 07:38:42 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/319-43dc92b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

出雲のお庭 (33)
石見のお庭 (8)
お庭でひとりごと (53)
お松との会話 (53)
いわゆる出雲流庭園 (11)
雪舟を探して (8)
雪舟が見つからなくって (8)
お庭 (4)
屋根フェチの小部屋 (26)
未分類 (0)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (56)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (36)
波乗りウサギに会ってきた (9)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR