FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

GWなので、山を一回り

 山寺話・・・すっかり職場でも広まってしまって、「そんなに楽しいのなら、みんなも連れて行け~!」って事になっちゃいまして・・・
お松:そんなに楽しいはずは、ないのにね~。
やや:ま、とにかく、職場の皆さんをお連れすることになったのですが、もちろんいきなりハードな山に行く訳にもいかず、手近なところで・・・。
日本海側から見た朝日山
お松:ややさんの言う「手近」とかは、イマイチ、常人には信じがたい感じの・・・。
やや:やかましい!で、行ったのは、松江市長江町の朝日山(341m)です。宍道湖岸からかなり狭い道を山へ向かい、突き当たりからは軽登山です。「5丁」と記されたお地蔵さんから登り始めて20分。最後の石段が見えてきます。
朝日寺の参道

 この山は、おなじみ『出雲国風土記』に秋鹿郡の「神名火山」として記されており、すでに奈良時代から神宿る山とされていたようです。また、『出雲国風土記』には、その山の麓に佐太大神の社があると記されており、佐太神社と関わりのある・・・つまり佐太の大神が降りたであろう山です。
 この山の山頂近くにあるのが真言宗朝日寺です。
朝日寺本堂

 現在は、本堂・庫裏と護摩堂、稲荷社、鐘楼など少数の建物を残していますが、参道の石段の途中には、仁王門があったであろう平坦地があり、山頂の周辺にも平坦面が広がっています。かつては、大規模な寺院だったことがわかります。
 お寺の周辺や東西二つのピークをしばし散策。東西のピークからは、南に宍道湖、北には日本海。壮大なロケーションが広がっています。
お松:これでお仲間も満足ですね。
やや:え~、次に。
お松:はぃ?
やや:山を下りて、次に向かったのが、真言宗成相寺です。地図上では、朝日寺と佐太神社のちょうど中間あたりになります。かつては、この寺の近くから朝日山の山頂に向かう参詣道があったらしいのですが・・・。
 このお寺も、本堂の遙か400m手前に仁王門があり、かつては、多くの塔頭が建ち並んでいたことがわかります。この寺には、島根県指定文化財の神像群などが保管されています。・・・画像は県指定のものではありませんが・・・。
成相寺の神像

お松:仏像ではなく神像なんですね。
やや:神様ですね。慶応から明治に出された神仏判然令以前は、神社とお寺はそれほど厳密には分かれておらず、このお寺では、そうした近代の困った歴史をかいくぐって、貴重な神像を現代に伝えていらっしゃいます。
お松:朝日山に関わる二つのお寺をまわったんですね。これでお仲間も・・・。
やや:え~続いて・・・。
お松:はぃ?
多藝神社

やや:続いて、成相寺の裏にある多藝(たき)神社です。神仏分離に際して、一度は廃れたようですが、現在も静かにたたずんでいます。お寺と神社が隣接する様子は、まさに神仏習合。しかも参道は、成相寺の本堂を飛び越えると、成相寺の参道と一直線に続いています。

お松:お仲間も大変ですね。
やや:この後、当然の成り行きで佐太神社にも行き・・・でも遷宮中で覆い屋がかかっていましたが・・・。とにかく、朝日山をほぼ一周して、かつての山寺の広大さを実感してきました。
お松:・・・そりゃ、皆さん、満喫されたでしょうね。
やや:どぅだ!
お松:・・・。

おまけ
佐太神社の消防団・・・狛ワンコ

 佐太神社の引退狛わんこ。引退しても、消防団のお手伝いをしています。今日は放水ホースの片付け!
スポンサーサイト
  1. 2016/04/29(金) 17:43:25|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<橘泉堂 | ホーム | 天気が良かったので美保関とかに行ってみた(後編)>>

コメント

新緑の朝日山… 美しいです。
湖北にどっしりと鎮座している山ですね。
位置的に、きっと素晴らしい景色なんだろうな。

新緑の季節には帰省できそうにありませんので、
楽しませていただいております(^o^)
  1. 2016/05/01(日) 23:26:45 |
  2. URL |
  3. ta-raちゃん #-
  4. [ 編集 ]

ta-raちゃん さま

おはようございます。
湖北でどっしりしている山です。
この時期、山頂からの景色は、どうしても霞んで、カメラには写りませんが、人の目には、日本海も宍道湖も、大山もきれいでした。三瓶山も見えるはずですが、霞の向こう。隠岐は・・・よほどコンディションが良くないとムリか?
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/05/02(月) 07:10:21 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/328-b08746bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (60)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR