FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

や、八百杉が~

 隠岐の島町下西にある玉若酢命(タマワカスミコト)神社は隠岐国の総社で、現在の建築は、寛政5(1794)年の造営とされています。
 御本殿は隠岐造りと呼ばれる大社造りに似た切り妻妻入り高床建築ですが、正面扉が中央にあり、屋根が茅葺きとなっています。やはり茅葺き屋根の随身門などと共に重要文化財に指定されています。
玉若酢命神社の御本殿

 その境内には、天然記念物にも指定されている巨大な杉の大木があります。以前にも紹介しましたが、若狭国で人魚の肉を喰らわされて不老不死になってしまった尼が植えた杉とされ、「800年後に見に来る」と言い残されたことから八百杉(やおすぎ)と呼ばれています。一般には、樹齢1,000年とか2,000年とかとされていますが、まぁ、それはそれとして、樹高35mもの巨大な杉です。
八百杉折れた

 今年4月9日土曜日の13時50分頃・・・この日はずいぶん風の強い日で、大時化のため、フェリーも欠航していたのですが・・・強風により、高さ25m付近の巨大な枝が折れて落ちました。直前に多くの参拝者がいたという情報もありますが、さいわい被害は無く、直下にある随身門も無傷でしたが・・・あぶない、あぶない。
随身門と八百杉

 折れた枝を見ると、中には穴が空いており、かなり危ない状態。これからも同様のことが起きる可能性が高いのですが・・・。寛政年間造営の建築などとは比べものにならないほど古くから隠岐を見守ってきた杉の巨木です。神社と共に、末永く残って欲しいものです。
玉若酢命神社の扁額

お松:寛政年間と言えば、寛政の改革!享保・寛政・天保・・・江戸時代の三大改革ですね。
やや:覚える必要性をまったく感じないムダな歴史の代表ですな(←お松:そんな、身も蓋もない)。
 この頃、ヨーロッパではフランス革命の真っ最中!
お松:ベルサイユのバラですね。
♪バラは、バラはぁ、気高く咲いてぇ~
やや:「アンドレ~」「お~、ラスカル!」
お松:ちが~う!なんでアライグマ?
やや:え~・・・北方ではロシアが日本近海まで測量を行い、伊能忠敬が日本地図作成の旅に出発している頃でした。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/28(土) 11:01:09|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神仏習合と判然令のお宮 | ホーム | 西郷の町並み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/334-a3db44b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (60)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR