木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恵比寿神社の修理

 16世紀後半に大量の銀を積み出したとされる石見銀山の港、沖泊は、現在では大田市温泉津町にある小さな、小さな漁村です。
 その漁村の入り口ある恵比寿神社は、島根県指定文化財の古いお社。長年の風雨で傷んでいたのですが、このほど修理が行われ、公開されましたので、ちょっくら見に行ってきました。
 しかし、これが・・・。
恵比寿神社拝殿

 修理をすると言う事は、こういうことだろうとは思いますが、なんと言うか、た・たましい抜かれちゃったような気が・・・。
お松:だはは・・・。ややさんは、ピカピカのツヤツヤのハデハデがイヤなんですよね。
やや:文化財の修理は、原則として使える古材は再利用し、どうにもならないものを新材に替えます。また、ターゲット年代があって、より古かったり、意味の大きい年代の形状が判った場合には、その形状に復元したりします。つまり、こんなにピカピカ、ツヤツヤになったと言う事は、ずいぶん傷んでいたという事なんですが・・・。
お松:では、修理以前の様子はどんなだったんですが?
やや:こんな感じだすぅ。2013年秋の様子だす。
2013年の恵比寿神社

お松:な、なんと言うか。つっかえ棒だらけですね。
やや:拝殿が傾いてますね。ケラバと言うのですが、壁から伸びる屋根の部分が長いんです。なので、どうしても屋根が下がっちゃう。それに、屋根の反りを形作る垂木も、現代なら湾曲した形状に削って作るのですが、この神社の拝殿の屋根は、加熱して曲げた垂木を使っていたのだそうです。ムリヤリ曲げた所に重い瓦を載せたので、反りが戻って屋根が下がり始めたと・・・。
お松:そ、そもそも問題のある建築だったと言う事ですか?
恵比寿神社の側面

やや:わ・は・は。そうかもね。とにかく、航海の安全を祈る港の神社で、沖泊集落の人々によって維持されてきたステキな神社です。
お松:いつ頃に建てられた神社なんですか?
やや:よ!よくぞ聴いてくださいました!これがまた!島根県指定になったときには、大永六(1526)年と言う伝承があり、戦国期に遡るかも?とされていたんです。大永六年というのは、なんと石見銀山の発見された年なんです。
お松:それは、すごいことじゃないですか?
やや:今回の修理に伴う調査で、慶安四(1651)年に建てられらしいことが判りつつあります。ま、軽く100年以上新しくなっちゃいました。
お松:あぁ?
やや:ま、事実が判ると言うのは、学問が進歩したと言うことですので、喜ばしいことではありますがね。
恵比寿神社のアップ

お松:・・・。と、とにかく、石見銀山の大切な文化財の一つを後世に伝える準備が一つ整ったと言うことで。
やや:でも、これに、たましいが戻ってくるには・・・。
お松:だいじょうぶです!もう戻ってきます!

温泉津のニャンコ

やや:な、なんか、睨まれているんですけど。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/25(土) 20:07:16|
  2. 石見銀山で散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤猪岩(あかいいわ)神社に行ってみた | ホーム | 狛ワンコがいっぱい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/339-1bf7443f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (70)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。