FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

赤猪岩(あかいいわ)神社に行ってみた

 梅雨真っ盛りの山陰地方です。今朝の雨のため、本日の予定がキャンセルになったので、ちょこっとドライブ。鳥取県南部町の赤猪岩神社に行ってきました。赤猪岩神社の御祭神は大国主(オオクニヌシ)命とされていますが、つまりオオナムヂの試練にまつわる神社です。
お松:ちょっと待った~!
 例によって神話の話ですよね。ややさんにとってはどんなに常識的でも、普通の人には判りません。順を追って神話の話からしてください。
やや:・・・。
 『古事記』のお話でございます。
赤猪岩神社

 一般にはオオクニヌシですが、この神様、いろいろな名前をお持ちでして。若い頃はオオナムヂと言うのが普通だと思うのですが、そのオオナムヂ、八十神(ヤソガミ:オオナムヂの兄弟神)と共に、因幡のヤガミヒメに求婚するために旅しておりました。で、ジャンケンに負けたのか、八十神たちの荷物まで持たされて、一人遅れたところで、因幡の素兎(シロウサギ)を心ならずも助ける羽目になります。で、助けられたにもかかわらず、因幡の素兎は「ヤガミヒメと結ばれるのはおまえじゃぁ~!」と、偉そうに言い放ち・・・。
お松:なんか、いちいち引っかかる言い方ですね。因幡の素兎に恨みでも?
やや:この話、なんか気に入らなくって・・・。
 で、オオナムヂはヤガミヒメと結ばれるのですが、その事で振られた八十神の恨みを買い、執拗かつ陰湿に狙われる事になります。そんなんだから、ヤカミヒメに嫌われるんじゃないと思いますが、とにかく、そのせいで、オオナムヂは二度ほど殺されるんです。終わり。
赤猪岩神社本殿

お松:お・終わるなぁ!それに、普通は2度は殺されません。
やや:ちょっと面倒くさくなってきて・・・。
 で、八十神たちは、伯耆国の手間の山で、「山から赤イノシシを追い出すから、下で抱きかかえて捕まえろ」と、オオナムヂに言っておいて、巨大な焼け石を落とします。お人好しのオオナムヂは何の疑いもなく、焼け石に飛びつき、大やけどをして死んでしまいました。お・・・。
お松:まさか、終わるつもりじゃ。
やや:ギク・・・。
 そ・それを、悲しんだ母神は、神産巣日(カミムスヒ)命に頼み、蚶貝比売(キサガイヒメ:アカガイの女神)と蛤貝比売(ウムギヒメ:ハマグリの女神)を呼び、貝殻の粉とハマグリの出汁を練ったものを亡骸に塗ると、なんと麗しい男としてよみがえったとさ。
お松:貝殻の粉とハマグリの出汁?
やや:アカガイの女神にハマグリの女神です。古代のおおらかな神話ですので、エッチな話を象徴的に書かれているんだと思います。そもそも『古事記』にはしょっちゅう「うんこ」とか出てきますし・・・。
お松:・・・まぁ、天の岩戸のストリップとかもありますものね。
やや:復活したオオナムヂですが、その後、性懲りもなく八十神に騙されて、山へ連れて行かれ、何の反省も無く木に挟まれて殺されます。そういう訳で、2度ほど死んで、やっと気付いて、このまま八十神につきあってると殺されると思い(←お松:いや、もう2度ほど・・・)、根の国(死者の国?)のスサノオの所へ逃げ延びます。で、そこでさらに3度ほど殺されかけて・・・つまり試練を克服してついにオオクニヌシとなる訳です。実際には、周囲の人々(神々)の超人(神)的な努力によって、本人はほとんど何もしないうちに試練を克服しているのですが・・・。う~ん、私もそうありたい。
お松:あの~?
やや:八十神がイノシシと偽って巨大な焼け石を落としたのが伯耆国の手間の山、つまり鳥取県南部町あたりとされていて、その焼け石がこの下にあるのだそうです。
赤猪岩神社の岩

お松:この下に焼け石があるんですか?
やや:無いとは思いますが。とにかく、二度と出てこないよう、厳重に蓋をして、玉垣を巡らし、注連縄を張って保護している、とされています。
お松:オオクニヌシは出雲の神話だと思っていましたが、因幡や伯耆?鳥取県側の神話もたくさん含まれているんですね。
やや:ちなみに、その次のストーリーなんですが・・・。オオクニヌシは、スサノオんちでスセリビメをゲットして正妻とします。そこに身重のヤガミヒメが訪ねて来て、でも、嫉妬深いので有名なスセリビメに遠慮して、子どもだけを置いて帰っちゃうと言うドロドロの昼ドラになっちゃいます。
お松:あ~、そうでしたね。ゲスめぇ・・・。
神木の根

やや:とってもおおらかな神話のお話でした。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/03(日) 16:15:32|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<波乗りウサギはいなかったけど、白兎神社に行ってみた | ホーム | 恵比寿神社の修理>>

コメント

何だか現代社会と変わらないような・・・
陰湿って昔から有ったんだと変な納得をしました。
二度も殺されちゃったなんてねぇ。

木の根っこ、見事ですね。
いかにも神が宿っていそうな雰囲気です。
  1. 2016/07/05(火) 02:15:05 |
  2. URL |
  3. 太巻きおばば #-
  4. [ 編集 ]

太巻きおばば さま

こんばんは
八十神さんたちは、なんだか徹底的に陰湿で悪者に書かれてますね。オオクニヌシの神話なのでしょうが無いですが。
神社の境内は、毎日掃き清められますので、こんなふうに根っこがすごいことになります。大事にされている証拠ですね。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/07/05(火) 19:54:50 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/340-06120ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (60)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR