FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

船上山に旗を揚げに行ってみた2

 鳥取県の真ん中辺よりちょっと左(←お松:左?西です西)、琴浦町にある船上山です。
屏風岩の全景

配流されていた隠岐島を脱出した後醍醐天皇が名和長年の助けを得て、伯耆国名和に上陸。その背後にそびえる船上山で3度目の倒幕の旗揚げをしたのは元弘三/正慶二(1333)年のことでした。
 隠岐に流されていた後醍醐天皇を監視・警護していた隠岐守護の佐々木清高は、してやられちゃったので、直ちに手勢を率いて船上山にこもる後醍醐天皇と名和長年を攻めますが、失敗。この時の名和長年による戦いの様子は、『太平記』によれば、旗を立てたハリボテを置いて兵を多く見せるなどのゲリラ戦を展開。これに驚いた佐々木清高方の兵は、船上山の断崖から転落するものも出たとか、いろいろフィクションも交えて記されています。
屏風岩のアップ

お松:で?行ってみて、わざわざ船上山で旗揚げした理由はわかったんでしょうか?
やや:千丈と言われる屏風岩の横に作られた山道を登ることしばし・・・。尾根上に出るとそこには・・・。
寺坊の跡

お松:ちょっとよくわからないんですけど?
やや:・・・。
 で、ですよね。左下に「寺坊跡」って書いてあるんですが、それがなければ、写真ではまったくわからんな、こりゃ。
山門?の跡

 と・とにかく。尾根筋には、土塁に囲まれた広い平坦面が連続していて、所々に低い石垣や石造物が残されています。

お松:お城だったんでしょうか?
やや:江戸時代のお城や戦国時代の山城のように整備された城塞は、南北朝期にはまだ出現していません。これらは、山寺の跡です。それも、小さな山寺ではなく、多くの僧坊を抱える大きな山岳寺院の跡です。後醍醐天皇と名和長年は、この山岳寺院を山城に利用し、山岳寺院にも協力を得て倒幕の旗揚げをしたんだと思います。
石塔

お松:なるほど!「倒幕!」とか、書いた旗を揚げて、下から誰かが見ていた訳ではないのですね。
やや:あほかぁ?そんなこと、してるワケないでしょ。
お松:・・・(昨日は、なんかそう言うノリだったような・・・)。

おまけ
千丈覗きにて

お松:ま・またやってる。
やや:ここで旗を揚げたら、遠くから見えるかも。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/04(日) 14:28:31|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<船上山でガンダーラを歌ってみた3 | ホーム | 船上山に旗を揚げに行ってみる1>>

コメント

何だか凄く高い所へ行ったんですね。
足が浮いてるではないですか。ゾー。
高所恐怖症の私です。
  1. 2016/09/05(月) 09:54:26 |
  2. URL |
  3. 太巻きおばば #-
  4. [ 編集 ]

太巻きおばば さま

こんばんは
この千丈と呼ばれる屏風岩の上からのぞける場所がありまして、そこからのカットです。怖いです。後ろの知らない人も、よくそこまで行くなぁって、あきれてましたが・・・。
おしりあたりがもぞもぞします。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/09/05(月) 19:17:21 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

拍手コメント様

ほふく前進でした。まだ、ふくらはぎがパンパンです。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/09/05(月) 21:53:38 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

拍手コメント様

ここでガンダーラを熱唱したら気持ちよかったんでしょうけれど、後ろに知らない人がいたので、残念ながら自粛。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/09/05(月) 21:55:18 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

山陰道から見える、特徴的な山ですね!!
ゴダイゴさん、こんな険しいところを拠点にしていたのですね。
自然の戦艦… のような趣があります。
修験道の山のよう。
  1. 2016/09/07(水) 23:38:05 |
  2. URL |
  3. ta-raちゃん #-
  4. [ 編集 ]

ta-raちゃん さま

おはようございます。
そうです!後醍醐天皇が立てこもった修験道のお山です。近くで見る屏風岩は、迫力満点でした。

コメントをありがとうございました。
  1. 2016/09/08(木) 06:57:03 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/351-65d6c82a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (60)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR