木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

飴一文くんろ?

 小泉八雲、ラフカディオ=ハーンの代表作と言えば、『知られぬ日本の面影』ですが、一般的には『怪談』の方が有名でしょう。「雪女」などの怪談話は、おそらく多く人が耳にしたことがあると思います。その中に、「飴を買う女」と言うタイトルで知られる怪談話があります。多くの翻訳本で「飴を買う女」と言うタイトルが付けられることが多いのですが、わたし的には、一度目にした「飴一文くんろ?」と言う言葉の響きの方が気になります。
 さて、その「飴一文くんろ?」と言うお話、おおざっぱに・・・多少脚色を入れて要約すると・・・

 その昔。水飴を売る店がありました。
 ある晩、青白い顔をした若い女がやってきて、一文銭を出して
 「飴、一文、くんろ?」と言い、一文分だけ水飴を買っていく。
 翌日も、その翌日も・・・。
 7日目の晩。女は・・・飴を買わず、無言で主人を手招きする。水飴屋の主人は、不審には思ったが、それでもその女について店を出て、明かりの無い夜道を進み、寺の門をくぐり、墓地へ・・・。

 ・・・見失ってしまった。

 水飴屋の主人は、しかたなく引き返そうとしたが・・・なにかが、聞こえる。なにかが・・・。
 それは・・・赤ん坊の泣き声?・・・しかも、墓の中から?
 慌てた水飴屋の主人は、仲間を呼びに戻り、泣き声のする墓を掘り返した。
 すると、墓の中には、7日前に亡くなった母親の亡骸の横で、笑顔を見せる赤ん坊がいた。三途の川の渡し賃として墓に入れられていたはずの六文銭は・・・一文も残っていなかった。
お堀の曼珠沙華

 出産を目前に死亡し、死後に生まれた赤ん坊をなんとか育てようとしていた幽霊の話を、ラフカディオ=ハーンは「母の愛は死よりも強かった」と結んでいます。
 この結びは、ラフカディオ=ハーン自身の家庭環境の問題があり、母親の愛情に特別な感情持っていた事に関わるとされています。
大雄寺の墓地

さて、
この話に似た話は、実は全国各地にあるのだそうですが、ラフカディオ=ハーンが過ごした松江市汐見縄手にちかい外中原町の大雄寺(だいおうじ)には、その話が伝わっており、「飴を買う女」の舞台ではないかと言われています。
大雄寺

 ラフカディオ=ハーンの『怪談』は、単に人を怖がらせるのが目的の陳腐なフィクションではなく、日本文化を西洋に紹介しようとした民俗学的な口承文芸の収集です。
 その収集に大きく協力したのが、妻となる小泉セツさんだったようです。松江生まれの小泉セツさんが集めてきた話であれば、その舞台は大雄寺だったのかもしれません。


お松:だいたい世の中の注目の斜め下を行く(斜め上ではない)このブログで、『怪談』きました!どんなに松江を紹介しても、国宝になった松江城みたいな、メジャーなものは、何が何でも紹介しない!と言う姿勢で来ていたややさんなので、小泉八雲は『知られぬ日本の面影』一本で押し通すのかと思えば、ついに『怪談』来ちゃいました!
小泉八雲旧居

やや:いや、別に、メジャーなものを避けているつもりはなく、単に、その時々の興味関心です。大雄寺は、たまたまチャリで通りかかったんで、そう言えば、そんな話も・・・て、たまたま思い出しただけです。
お松:ほ、ほ~お?まぁいいか。
 大雄寺のある中原町界隈は、高層マンションがバンバン建っちゃって。小泉八雲旧居周辺も、きれいになり過ぎちゃったとこもあって、『怪談』も「飴を買う女」も、すっかりその面影が見えにくくなってきましたね。
汐見縄手

やや:これから秋の行楽シーズンも本格化。観光客のみなさまには、そのあたりをさっ引いてご覧いただきたいと思います。
お松:いつになく、無難な結びになりました。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/25(日) 12:17:21|
  2. 小泉さんの散歩道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<天倫寺のお庭 | ホーム | 船上山でガンダーラを歌ってみた3>>

コメント

拍手コメント様

いつも本当にありがとうございます。
チャリにまたがったまんまの手持ちなので、シャッター速度を稼ぐために、F5.6とかで切ってると思います。なので、右端の子にはピンが届いてないですよねぇ。すんません・・・。
曼珠沙華の見頃は1週間ほど?ソメイヨシノよりも短期決戦なので、犬でもいればもっとおもしろいカットが撮れたかもしれませんが・・・。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/09/27(火) 22:19:15 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

幼児の頃、夜に普門院での怪談のイベントに行き、
お漏らししてしまったことを想い出しました(^_^;)

小泉八雲記念館(?)が改装工事していたのを見かけましたが、
ぼちぼちオープンしているのでしょうか。


  1. 2016/10/01(土) 11:38:44 |
  2. URL |
  3. ta-ra #-
  4. [ 編集 ]

ta-ra さま

こんにちは
以前の普門院での怪談イベントは、ムード満点ですね。そりゃ、ちびるかも・・・。今は、普門院も小ぎれいになってます。
小泉八雲記念館も、この夏にリニューアル!きれいになってますよ。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/10/01(土) 13:06:04 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/353-6b0b265c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (33)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (29)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (69)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (13)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR