木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スクナビコナとオオクニヌシ

 たまたま近くまで来たもので、ちょっとだけ時間もあることだし・・・道幅の狭い、急斜面の道を歩いて下って・・・、静かな漁村の狭い道を行くと・・・
静間の海岸

お松:うっみ~!
やや:久しぶりに、大田市静間町の静の窟(しずのいわや)に行ってみました。
 静の窟は・・・。何年か前に、この話をしたことはありますが(←お松:と~ぜん忘れてますので、も一回!)。
それは神話のお話です。『古事記』によれば・・・、
 オオナムジは、数々の試練を乗り越えて、大国主命となり、国造りを始めます。ある日、オオクニヌシが美保の岬(現在の美保関のことか?)にいたとき、海の上に小さな小さな神が現れました。
 その神はガガイモの皮の船に乗り、蛾の羽を着物にしたとても小さな神です。
 オオクニヌシは、その神を名を尋ねましたが、誰も知りません。その時、ガマガエルが「かかしのクエビコならきっと知ってるでしょう」と、無責任に言い放ちます。
 さっそく、かかしのクエビコを呼んで尋ねると、「カミムスヒの御子のスクナビコナです」と、答えた。
お松:かかしのクエビコ!すご~い!確か、ハウルの動く城にも出てた?
やや:たぶん、違う。
 でぇ、
 呼ばれたカミムスヒは、「確かに私の子です。生まれてすぐに、指の間から漏れ落ちた子に間違いない(←お松:どんだけ小さかったんですか?)。オオクニヌシと兄弟になって、国を作り固めなさい」と、答えたとされています。
お松:わ?割と、簡単に兄弟になるんですね。
やや:そのスクナビコナとオオクニヌシが国を作り固める相談をしたのが、この静の窟だとされています。
静の窟

お松:神話の神様であるオオクニヌシとスクナビコナが相談をした場所が、現実にあること自体、とんでもないですね。
やや:ホント、とんでもないですね。で、『古事記』では、その記述の直後に「スクナビコナは常世の国へ飛んで行ってしまった」と、唐突に終わっちゃいます。
お松:は?あ?粟の穂によじ登って、しなった粟の穂にびよよよ~んってはじかれちゃった、あの話ですね。
やや:びよよよ~んっです。で、とにかく、この話は唐突に始まって、唐突に終わっちゃう話です。なので、おそらくは、本来は無かった話が、『古事記』を編集する際に、放り込まれたのだと思われます。
 そもそも、『出雲国風土記』では、飯石郡にスクナビコナ関係の伝承があるだけで、ほとんど記載がありません。でも、静の窟の伝承地は、ここを含めて石見地方に2件。粟の穂にはじかれてびよよよ~んっの神話は、伯耆などあちこちに知られます。出雲の伝承でない神話が、出雲系の神話に放り込まれたようですね。
お松:・・・ん~。でも、おもしろいから許す。
やや:まったくだ!『古事記』では、このエピソードの次の話が「国譲り」です。「国作り」をささっと書き飛ばした後、「国譲り」です。
静間神社

 さて、
 現在の大田の静の窟のすぐ上には静間神社があります。神社は何度か移転しているので、静の窟との直接の関係は疑問ですが、静の窟を守り伝えているのは間違いありません。

おまけ
静間神社の狛わんこ

お松:さらに、そのお社を守っております。
やや:若干、表情がふざけてますが・・・。
お松:守ってます!
スポンサーサイト
  1. 2016/10/15(土) 21:11:21|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<もうすぐハロウィン・・・じゃなかった、神在月! | ホーム | 気がつけばすっかり秋>>

コメント

拍手コメント様

おはようございます。
昨日の地震は、鳥取では大変なようですが、こちらでは大きな被害も無く、無事過ごしております。
ご心配いただきありがとうございました。
  1. 2016/10/22(土) 06:10:19 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

鳥取の方の地震で心配してましたが、上記のコメントを拝見して安心いたしました。
  1. 2016/10/22(土) 08:29:37 |
  2. URL |
  3. たっつん #YHInhhNk
  4. [ 編集 ]

たっつん さま

倉吉市から湯梨浜町周辺は、しばらく心配ですが、我が家の周辺はだいじょうぶです。本棚に置いていた色紙が落ちたぐらいで済みました。
ご心配いただきありがとうございました。
  1. 2016/10/22(土) 21:04:21 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/356-09ce58fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (70)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。