FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

もうすぐハロウィン・・・じゃなかった、神在月!

お松:こにゃにゃちわ~!もうすぐハロウィンですね。
やや:もうすぐ神在月ですがなにか?
お松:もぉ~。それはそうですが、ハロウィンもねぇ?
やや:じゃぁ、ハロウィンって、何の日か知ってますか?
お松:みんなで仮装パーティをする日!
やや:・・・。
お松:じゃあ、何の日なのでしょう?
やや:盆と正月(←お松:はぁ?)。ケルト人のお祭りで、ケルトの1年の節目です。1年が終わる日に、あっちがわ(←お松:あっちがわ?)との扉が開かれ、ご先祖の霊と共に魔女だの精霊だのが現れちゃう日です。それが、新大陸・・・つまりアメリカに伝わって、魔女や精霊・・・転じて化け物に扮装したりして、お祭りになったものなのだそうです。本来は、年の変わり目にご先祖の霊を迎える厳かな盆と正月です。
お松:お、厳かに盆と正月なのですね・・・。
やや:と、言う訳で(←お松:どんな訳だ?)、もうすぐ神在月を迎える佐太神社のすぐ前にある佐太神社摂社の田中神社です。
田中神社西宮

お松:確か、以前にも紹介されたような・・・。そう、二つの社殿が背中合わせに建てられている不思議な神社ですね。なんで、背中合わせだったんですっけ?
やや:。佐太神社の方を向いている西社には木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)命を、反対側の、佐太川に向かっている東社には磐長姫(イワナガヒメ)命を祀っています。『古事記』によれば、天孫降臨のアマツヒコヒコホノニニギノミコト(←お松:あ~長い)は、コノハナサクヤヒメを見初め、求婚したのですが、その父神の大山津見(オオヤマツミ)神は、姉イワナガヒメとセットで嫁がせようとします。ところが、そのイワナガヒメはなんだかその・・・「ひどく醜い」とか、「一目見るなり怖気をふるって」っと『古事記』に記されるような・・・で、アマツヒコヒコホノニニギノミコトは姉を返してしまいます。大山津見神が言うには、コノハナサクヤヒメは「花の咲くように栄える」と言う意で。姉のイワナガヒメは「岩のように長く生きる」と言う意が込められていたのに、イワナガヒメだけを返されてしまった。
 『日本書紀』の「一書」には、それが、人の命の短い理由として記されています。
イワナガヒメを追い返しちゃったのはアマツヒコヒコホノニニギノミコトですが、なぜか、姉妹の仲が悪いと解釈されてしまったようで、背中合わせに社殿が建てられています。まぁ、それはそれでおもしろくはありますが・・・。
お松:背中合わせではあっても、並んで建てられているのは、実は仲の良い証拠では?二柱にあやかって、末永く美しくいたいものです。
佐陀川から見た田中神社

やや:わたしゃ、太く短く、ピンピンコロリが理想です。で、コロリと行っちゃった後はハロウィンに帰ってくるの。
お松:日本ではお盆です。それに、なんか、祟りそうなんで、ややさんは帰ってこなくていいです。迷わず行っちゃってください。
やや:Trick or Treat!
お松:しっかりハロウィンしてるじゃないですか?
スポンサーサイト
  1. 2016/10/23(日) 22:17:42|
  2. お松との会話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<伯耆の白ウサギ | ホーム | スクナビコナとオオクニヌシ>>

コメント

ハロウィンってケルト人のお祭りだったんですね。
ケルトって行ったらドイツでは無縁じゃないのに、
ベルリンでは盛んじゃ有りません。
一つ物知りになりました。

不思議な神社のお話が面白いですね。
二人セットで嫁に!(笑)
  1. 2016/10/25(火) 20:37:24 |
  2. URL |
  3. 太巻きおばば #-
  4. [ 編集 ]

太巻きおばば さま

おはようございます。
ヨーロッパでは、ハロゥインは、あまり盛んではないそうですね。アメリカや日本、商魂たくましい国のお祭り?
2人セットのはずだったのだったのですが、このことが、『古事記』では天皇の、『日本書紀』では人間の寿命が長くはない事の理由とされています。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/10/26(水) 06:52:29 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/357-601df0e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (60)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR