木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

清水山に行ってみた

 最近は、安来市の山寺にはまり気味です。特に気になっているのが、清水寺とその周辺の遺跡です。
 安来市の清水寺は、島根県を代表する天台宗の古刹のひとつ。山陰で唯一の三重塔があるお寺です。標高172mの清水山の山中に多くの堂塔を建ち並べ、往事の賑わいを現代に伝えています。
 その創建は、寺伝では古代に遡り、また、平安時代初め頃と言われる十一面観音菩薩像を伝えるなど、非常に古くから続くお寺であることは確実なのですが、ほとんど文献に見えません。戦国時代には尼子氏と毛利氏の合戦に巻き込まれ、本堂のみを残してすべての堂塔が燃え落ちたと言われ、そのために記録が残されていないのでしょう。
 ところで、現在の清水寺は、安来町方面から伯太川沿いに続く県道が整備され、北西側から参拝するのが一般的ですが、お寺の正門である仁王門は反対側の東側に建てられています。
清水寺仁王門

 実は、現在はほとんど使われていませんが、北東側の門生(かどお)集落や清水峠方面から登る参道が、本来の表参道で、そのために仁王門は東側にあるのです。
 仁王門に架けられた巨大なわらじも、門生集落の人々によって寄進されたものなのだそうです。
仁王門の巨大なわらじ

 と、言いつつ、そのあたりを素通りして・・・目的地は清水山の山頂。
 天気は快晴。で、目的のものがはっきりと見ることができました。
清水山から見た大山と安来道路

お松:お~!大山ですね。安来市の清水寺から見ると、大山は目の前。さすがによく見えますね。
やや:いや、大山じゃなくて、目的はその下の高速道路です。
お松:は?高速道路?はぁ?わざわざ高速道路を見に行ったんですか?
やや:その高速道路を建設する際の発掘調査で、山寺だった可能性がある遺跡が見つかってて、それが、清水山からどう見えるかを確認しに行ったと・・・。
お松:・・・マニアというか、オタクというか・・・。
やや:非常によくわかりましたぁ!
お松:・・・。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/06(火) 19:50:42|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<清水山に行ってみたの続き | ホーム | 黄泉比良坂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/363-6e4a7f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (70)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。