木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

天狗山の磐座

 松江市八雲町にある熊野大社は、出雲地方を代表する神社。『出雲国風土記』にも出雲大社とともに「社」ではなく「大社」明記されています。『出雲国風土記』の神社記載は、神社名がず~らっと、記されているだけなのですが、それに続く山野の記載の「熊野山」に、「熊野の大神社が鎮座している」と、記され、社伝でも熊野山(現在の天狗山)の山頂近くにある磐座(いわくら)が本来の鎮座地とされています。なので、ちょっくら天狗山に行ってきました。
天狗山

 天狗山(天宮山)は、松江市八雲町と安来市広瀬町の境を接する標高610mの山(←お松:610m?!結構高~い!)です。登り始めてしばらく行くと意宇川(ゆうがわ)の源とされる、水のしみ出す場所があります。意宇川は、意宇(おう)平野を潤す川。意宇平野は古代出雲の中心地。国引きを終えた八束水臣津野命(やつかみずおみずぬのみこと)が、「おうぇ」っつたんで、意宇と呼ばれるようになった場所でもあります。
 表示の横には塩ビパイプから水が流れ落ちていましたが・・・、それじゃあんまりなので、その下で、水がしみ出ているところです。
意宇川の最初の一滴?

 で、さらにしばらく登ると、「不思議な構築物」と表示のある施設。石垣が2段に組まれています。これについては、まったく記録が無いそうですが、お社が建てられていた時代があったのでしょう。
不思議な構築物

 で、ずいぶん登って、やっと今日の目的地。熊野大社の旧社地とされる斎場跡です。
天狗山の斎場跡
 ガレ場がから仰ぎ見る上には巨石が口を開け、磐座となっています。古代には、ここに神様が降りたのでしょう。この場所は、本宮平(げんぐがなり)と呼ばれ、現在でも、5月の第4日曜日には、熊野大社の神職の皆さんを始め多くの方々による本宮祭が行われています。
斎場跡の近景
 熊野大社は、現在では、立派な社殿のある大きな神社ですが、元々の姿は、神の降りる磐座だけだったのかもしれませんし、『出雲国風土記』に見える多くの社がそんなものだったのでしょう。そんな古代の社の姿かもしれない何かを今に伝える天狗山でした。

おまけ:天狗山登山道に続く林道の・・・
カーブミラーだった何か

お松:カーブミラー・・・だった、何かですよね。でも、これじゃぁ・・・。
やや:目に頼るんじゃない。感じるんだ。Feel・・・。
お松:・・・。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/05(日) 21:39:19|
  2. プチ巨石ブーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<暑いくらいに | ホーム | 須賀神社の波乗りウサギ>>

コメント

拍手コメント様

おはようございます。
写真では分かりにくいですが、ガレ場はものすごい急斜面で、道もなく、近づくのは困難です。注連縄のかかった岩が立っていて、その下に小さな隙間が空いている、と言う状況です。
コメントをありがとうございました。
  1. 2017/03/08(水) 07:16:08 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/03/10(金) 17:35:51 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/375-3cf234ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

出雲のお庭 (33)
石見のお庭 (8)
お庭でひとりごと (54)
お松との会話 (53)
いわゆる出雲流庭園 (11)
雪舟を探して (9)
雪舟が見つからなくって (8)
お庭 (4)
屋根フェチの小部屋 (26)
未分類 (0)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (59)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (36)
波乗りウサギに会ってきた (10)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR