FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

泣いてばかりいた神様の話

 梅雨入りしたというのに、ほとんど雨の降っていない山陰地方です。なので日照りと雨のお話とかしようと思ったのですが・・・。

 で、出雲市大社町の阿須伎(あずき)神社です。御祭神は阿遅須枳高彦根(アジスキタカヒコネ)命。

阿須伎神社拝殿
 アジスキヒタカヒコ(ネ)神は、大穴持命(≑オオクニヌシ神)とタキリビメ命の間の御子神で、『出雲国風土記』には、「神門郡高岸郷」で泣いてばかりいたと言う記載や、「仁多郡三沢郷」では、髭を蓄え成人してからも泣いてばかりで言葉を発せなかったと言う記述がみられる神様です。
 一方、『古事記』『日本書紀』には、垂仁天皇の御子であるホムチワケ命が、泣いてばかりで言葉を話せなかったが、出雲に行って言葉を発したと言う記事があり、共通点が指摘されています。
お松:あちこちで泣いてばかりいた神様の記事は、いったい何を伝えようとしているんでしょうねぇ?
やや:それは判りませんが、『出雲国風土記』「出雲郡」条の「阿受伎(あずき)社」は、異字を含め、同名の社が39社もあったと記されています。また、アジスキタカヒコ神の御子神のタキツヒコ命は、出雲の4神名樋山の一つ、盾縫郡の神名樋山(≑大船山)で生まれたとされるなど、この地域で多くの信仰を集めていた神様だと言う事が判ります。

阿須伎神社の御本殿
お松:ただ、泣き続けていた訳でもなさそうですね。
やや:御子神のタキツヒコ神は、尊名にタキ=滝と入っているように水を導く神様で、日照りの際にタキツヒコ命に祈ると、雨を降らせてくれるとされています。アジスキタカヒコ神が泣き続けるというのも、なんだか想像できませんかねぇ。
お松:な、涙雨ですかぁ?
スポンサーサイト
  1. 2017/06/17(土) 11:35:53|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<梅雨真っ盛りなのに | ホーム | 肥の河上の鳥髪の峯に行ってきた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/386-3adad96c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (60)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR