木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

遊びをせんとや生まれけん~のラスト

 夏も終わろうとしているのに、この夏の天候不順を取り戻そうとするかのように好天の続く山陰地方です。
お松:夏、終わっちゃいますねぇ。この時期って、なんかさみしいんですよねぇ。
やや:熱中症の季節が終わり、スズメバチのシーズンです。マダニやマムシも活動が活発になるので、山中の探検は十分に気をつけましょう!
お松:・・・。
やや:え~、そもそもの話にもどりますってえ~と、平安時代に作られた歌謡集、『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』に「聖(ひじり)の住所(すみか)は何処(どこ)どこぞ~ 箕面よ勝尾よ、播磨なる、書写の山、出雲の鰐渕(わにぶち)や日の御崎~ 南は熊野の那智とかや~」と、詠われ、鰐淵寺のある鰐淵(わにぶち)の他に、日御碕も修験の聖地として知られていたはずだ。でも、日御碕ゆ~たら、山林修行に関わるようなお寺があんのんかいな?それ、どこやねん?つ~話でした。
お松:どこのひとですか?
・・・日御碕神社には、天照大神やスサノオ命の他、月読(ツクヨミ)命も祀られているってとこまでのお話でしたが、未だに修験や山林修行のお寺の話は出てきてません。このまま終わってしまうんじゃないでしょ~か?
天一山中の平坦面

やや:さて、日御碕神社の背後にそびえる天一山(あまかずやま)には、月読神社が建てられ、月読命が祀られているのですが、その山中には、墓所の他、多くの平坦面が残されています。こうしたところが古くは僧坊跡、つまり聖の住処だったのかも知れません、ま、発掘調査をしないと判りませんが・・・。
天一山神宮寺

 で、実は日御碕には、曹洞宗神宮寺と言うお寺があります。神宮寺ですので、日御碕神社の神宮寺です。日御碕神社の古い絵図には、境内に塔などの仏教に関わる建築物が描かれているものがあります。つまり、鰐淵寺が出雲大社と関係し、神仏習合の時代があったのと同じように、日御碕神社も、江戸時代までは神仏習合の神社だったと言う事です。

 神宮寺は、現在は曹洞宗ですが、元々は真言宗のお寺だったと伝えられています。比較的早く、15世紀頃に曹洞宗に改宗したらしく、そのために密教の印象が薄くなっていますが、真言宗と言えば密教。まさに山林修行のお寺ですね。現在では、日御碕神社と天一山を挟んだ東側にあります。例によって明治政府の神仏判然令によって、分離したようです。
 境内には、薬師堂が建てられ、いにしえの山林修行のお寺の様子を伝えています。
神宮寺の薬師堂

お松:やっと、結論ですか。引っ張ったわりにはごくごく普通の結論で・・・。
やや:はい、そうですね。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/27(日) 07:05:46|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<八束水臣津野命が引っ張ってきた闇見国って・・・ | ホーム | 遊びをせんとや生まれけむ~の続き>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/395-6ac13975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (33)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (29)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (69)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (13)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR