FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

大社弥山に登ってみた

 涼しくなってきたので、山寺詣で再開です。で、行ってきたのは、前から気になっていた大社弥山!出雲大社のすぐ東側にそびえる山で、このあたりの最高峰。標高は505m。
大社弥山

お松:大社弥山って、確か山頂に神社があるんでしたよね。山寺じゃないじゃん。
やや:そうなんですが、登山道は子安寺から伸びていますし、麓の谷奥には僧侶の墓である無縫塔や薬師堂(?)の跡の石垣なんかも残されています。かつては、山林修行にも使われた山ではあるようです。
 さて、
 登り始めると、これがけっこうきつい・・・。結局一時間以上かかりやっとこさ・・・。
 山頂には、御山神社の鳥居の跡。
御山神社

 そして、園の長浜から三瓶山!国引き神話の世界が眼前に広がっています。
国引き神話の世界

 毎度おなじみ、奈良時代に記された『出雲国風土記』には、山や川、海岸地形が記されていますが、海岸地形に比べ、山の記載はそう多くはなく、特に出雲郡では、山の記載は2件しかありません。
お松:奈良時代の出雲郡って、現在の大社、日御碕周辺から・・・。
やや:簸川平野を挟んで、斐伊川沿いの山塊までを含む範囲です。
お松:その間に山が二つしか無いんですか?
やや:んなバカな。なので、風土記の執筆者は、意味のある山しか載せていないと言う事だと思います。で、二つというのは、神名火山・・・つまり現在の仏経山と出雲御埼山(いずものみさきやま)です。出雲御埼山は・・・
お松:それが大社弥山なんですね。
やや:それが・・・。周囲が九十六里一百六十五歩あるって書かれています。って~と40~50kmほど?一つの山にしては広すぎるんで・・・大社弥山から旅伏山あたりまでを含む山塊全部を言ったものだと思います。
お松:・・・な、なるほど。
やや:当時の人々の山のとらえ方を考えさせますよね。
弥山山頂より
そぉほど・・・。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/07(土) 10:38:33|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<久しぶりに雪舟のお庭 | ホーム | ど、どこにも行けてません・・・>>

コメント

海岸近くからの500mは、結構嶮しい山ですね。
松江は北山、出雲は弥山をはじめとする山々が
衝立のようになって、護られているような地形ですね。

あっ、三瓶山が見えてます^^
  1. 2017/10/12(木) 09:15:24 |
  2. URL |
  3. ta-ra #-
  4. [ 編集 ]

ta-ra さま

こんばんは
斜面はきついし、一気に300m近く登って、一旦わずかに下り、また急傾斜を登り・・・結構きつい山でした。
宍道湖岸は、確かに北山に護られている気がしますね。東西にしか抜けてませんものねぇ。
雨降り前の薄曇りの日に登ったので、眺望はイマイチでしたが、三瓶山はしっかり見えます。国引きの風景そのものですね。
コメントをありがとうございました。
  1. 2017/10/12(木) 18:55:00 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/399-3d1621c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (60)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR