木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新羅は見えたか?

 厳密に言えば、山寺ではありません・・・と言うか、山寺だったかどうか判りませんが、山寺カテゴリにぶっ込んでます。
茶臼山

松江市山代町の茶臼山です。中世以降、お抹茶が知られるようになって以後は茶臼山と呼ばれていますが、『出雲国風土記』には「神名樋野(かんなびぬ)」と記されています。
お松:って事は、もしもお抹茶が日本で流行らなかったらティーポット山って呼ばれたって事ですか?
やや:知らんがな!それに、そこに突っ込むか?

 お松さんはほっといて、
茶臼山登山道

 ものすごい急な坂道を登ること15分(早っ!)。標高わずか171mなので、すぐに山頂にたどり着きます。でも、低いとは言え独立峰。山頂からは360度の大パノラマ!
茶臼山の山頂

お松:お寺はもちろん、鳥居すら無いようですが、山寺カテゴリにぶっ込んだのは、なにかあるのでしょうか?
やや:六国史の一つである『日本三代実録』貞観九(867)年に四天王像を安置したと言う記事があるのですが・・・
 おおざっぱに言うと、当時、朝鮮半島にあった新羅と緊張状態にあって、新羅が攻めてくるかも知れないとびびった朝廷は四天王の図像を作成し、伯耆・出雲・隠岐・石見・長門の5国に下した。この時の命令は、この5国は「西極」にあって新羅に近いので、それぞれの国で、新羅が見える高いところに施設を整備し、四天王を祀りなさい、と言うものでした。つまり、四天王の力で攻めてくるかも知れない新羅を調伏しようとしたようです。
お松:それが茶臼山なんですか?
やや:わかりません。
 茶臼山の南麓に「師王寺(しわじ)」と言う地名(字)が残っており、四天王像を安置した「四王寺」に通じることから、その隣接地にある古代寺院の遺跡が、そうではないかと言われていました。ただ、現地の標高はわずか20m。新羅はもちろん、宍道湖すら見えません。
お松:新羅が見える高いところではなさそうですね。
やや:なので、その古代寺院は、背後の茶臼山を含んだ山寺で、その登山口に整備された部分だけが現在知られる遺跡なこつかばい、思っちょります(←お松:どこの人ですか?)。
茶臼山山頂から見た山代郷南新造院跡

 茶臼山の山頂から見ると、この真ん中やや下の芝生がその遺跡です。古代の区画を反映しているかも知れない道が、まっすぐ茶臼山に向かって伸びている点も示唆的です。
お松:でぇ、茶臼山の山頂からは、新羅は見えたのでしょうか?
やや:西の方はこんな感じですね。
新羅は見えたか?

お松:右下に宍道湖、その上は・・・出雲大社近くの山々?日本海は見えませんね。
やや:ふ・ふ・ふ・・・。右から降りてくる山並みが下がりきって、平らになる所が簸川平野です。その先は、霞んで空と区別がつきませんが、あそこが・・・
お松:お?に・日本海?
やや:そう。見えるんですよぉ・・・。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/25(土) 16:45:40|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<みなさまいかがお過ごしでしょうか? | ホーム | 秋鹿郡の神名火山とアライグマかハクビシンについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/404-78660674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (70)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。