木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

茶臼山から浄音寺に行ってみた

 隣の部署の仕事まで引き受け(押しつけられ)て、とんでもなく忙しかった年末年始も無事突破。相変わらず隣からはどよ~んとした空気が漂ってきていますが、こっちではどうにもならないもんね!と、言う訳でようやく日常が戻ってきました。
でぇ、お正月なので茶臼山に登ってきました。
お松:お正月に茶臼山って、何かあるんですっけ?
やや:なんにもないけど、そんな気分になった(←お松:訳がわから~ん!)と言うだけです。
 と、言う訳で、今日の話は茶臼山・・・ではなく、茶臼山の南麓にある浄音寺です。浄音寺は、松江市大庭町にある天台宗のお寺。浄音寺自体は、ぜんぜん山寺ではないですけど、入れるとしたら山寺カテゴリかな?って事で、まぁ、茶臼山にも登ったし・・・。茶臼山の山頂から見るとこんな感じです。
茶臼山から見た浄音寺

お松:ホントーにすぐ下なんですね。なんか、飛行機から撮ったみたい!
やや:浄音寺は出雲三十三ヵ所観音巡礼の第二十四番札所です。
お松:お?観音巡礼?なんか久しぶりに聞いたような?た・確か・・・澄水山の澄水寺の時だ。
やや:そうです。澄水寺は第二十五番札所ですので、観音巡礼の人々は、この浄音寺をお参りした後に澄水寺に向かうことになります。
 そう言うお寺ですので、幕末から明治にかけてはさぞ賑わったのでしょうが、現在では多少寂しい感じになってますね。澄水寺もそうでしたが・・・。
 浄音寺の本堂は、元々は茅葺き屋根だったのでしょうが・・・これは、これで素敵な屋根ですな。
浄音寺の本堂

 浄音寺の周辺は古墳時代から奈良時代の出雲の中心地。大きな古墳や遺跡が集中している他、出雲国造家との関わりが言われる神魂(かもす)神社にも近い場所です。浄音寺に関する文献はほとんど残されていないという事ですが、神魂神社別当寺と言う伝承があるそうです。ご本尊は、鎌倉時代に造られたとされる十一面観音菩薩。長年の灯明で煤のかかったお顔は、記憶に残る個性的な表情。重要文化財でございます。
お松:その画像は無いのね?
やや:なかなか仏さんは撮れませんので、ネットで探してね。

おまけ
浄音寺の手水鉢

やや:浄音寺にいた水を飲むリス。
お松:ん?・・・お?・・・あ、リスだ!
スポンサーサイト
  1. 2018/01/07(日) 18:04:15|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪が積もったので | ホーム | 新年明けましておめでとうございます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/408-9ec7868a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (70)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。