FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

ルビづいとトラヤ

お松:いきなりタイトルから意味不明だす?
やや:だはは・・・。
 ようやく雪も溶けた出雲地方ではありますが、気がつけば、2月の更新は雪景色ばかり。多少天気も回復したので、カメラを提げて町歩きです。
ルビづい

 で、タイトルの「ルビづい」・・・ではなく、出雲ビルです。白潟本町の気になるビル。昔の建物なので右から左に読みますが、しっかり「いづビル」と省略するのもおしゃれ。
 近年の調査で、大正14(1925)年4月竣工と言うことが判明した、松江市最古の鉄筋コンクリート造り。地上4階、地下1階。昔の建物なので、狭い間口のわりの奥行きはそこそこあったりします。
出雲ビル

 このビルを建てた方は出雲益良さんとおっしゃるのだそうで、つまりビルの名前は、地名ではなく個人名のようです。その出雲さん、イギリスに遊学した際に見たデパートを松江にも作ろうと思い、このビルを建てられたのだそうで、当初は「出雲ストア」。ビールやキッコーマン醤油、カルピスなどが並び、レストランやダンスホールもあったのだとか。なんだかおしゃれ、と言うよりも大正なのでハイカラ!松江のダンスホールでどんな人が踊っていたのでしょう?
 1925年ですので、この4月で築93年。もうすぐ100歳ですな。今は、おしゃれなテナントとかが入ってます。

 お次は東本町のトラヤ紳士服店です。
トラヤ紳士服店

 山陰道産業という貿易商の建物として昭和7(1932)年に建てられたと言われています。この辺りは、子どもの頃から見慣れた風景で、当時は何とも思わなかったのですが、今、あらためてみるとすごいね。
トラヤ紳士服店の全景

 木造鉄骨2階建てですが、タイル張りでレンガ造り風に見せています。筋が入ったように見えるおしゃれなタイルはスクラッチタイル。
トラヤ紳士服店のスクラッチタイルと窓

 窓枠の上下は厚い鉄板を折り曲げたもの。これは補強ではなく当初からのもののようですね。
トラヤ紳士服店のナゾのレリーフ

 建物の隅の部分はおしゃれな枠で固定された磨りガラスが縦に続き、その間にはナゾのレリーフ。このレリーフは、出雲の狛犬さんや灯籠と同じ来待石製です。

お松:近代建築ですね。このブログでは、例外的に新しい感じ?
やや:う~ん。実は、それがそうでもなくって・・・。多くの神社さんは幾度も御遷宮を経ていますので、非常に新しい建物が大半だったりします。でぇ、新しいからつまんないと言うつもりもなく、ただ、単に古い建物の「形だけ」を残したものもつまんない気がしていて、古い何かを残しつつ、それとして機能しているものには、なんだか魅力があるんだろうなぁって・・・。出雲ビルのある白潟本町なんかも、今ではあまり人通りもありませんが、かつては、賑やかだったんだろうなって思うわけです。デパートですよ、デパート!
お松:はいはい。他にも、この手の面白建築ってあるんでしょうか?
やや:新しすぎて専門外なので、見つけたらそのうちに・・・。
お松:やっぱり新しいんじゃない。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/18(日) 18:29:14|
  2. 屋根フェチの小部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<春は名のみの | ホーム | 神の降る山>>

コメント

京店のアーケードから松江大橋を渡って、
白潟本町、天神町あたりが、昔のメインストリートでした。
小さいころは橋北に住んでいたので、
橋南の方が活気あるなぁ なんて思ってました^^

ようやく雪どけですね。
この冬は雪が多くて大変でしたね。

  1. 2018/02/19(月) 00:01:31 |
  2. URL |
  3. ta-ra #-
  4. [ 編集 ]

ta-ra さま

こんばんは
私も白潟本町から天神さんまでの賑やかさをうらやましがってた一人です。もちろん京店も賑やかでしたが、大橋から天神さんまでの長さがうらやましかったんでしょうね。子どもに嬉しいお店も多かったし・・・。
我が家の軒下には溶け残った雪が未だに少しあります。
コメントをありがとうございました。
  1. 2018/02/19(月) 19:19:51 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/415-5c89649c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (60)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR