FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

お醤油屋さんのある町屋

 春のぽかぽか陽気が続いたかと思えば、昨夜から風雨が激しい出雲地方です。三寒四温の季節ですね。
 さて、
 先日、綿貫家住宅が松江市の登録歴史的建造物となったと言う報道があり、たまたま近くを通る用事があったのでのぞいてみました。
綿貫家住宅

 綿貫家住宅は松江市街地の北側、石橋町にあります。石橋町は松江城下町の北端にあたり、江戸時代から続く町屋。現在でも、誰が名付けたイナズマ道路・・・狭い鍵折れの道や三叉路が多く残り、城下町の時代の雰囲気を伝えるステキな町並みです。
綿貫住宅の平格子

 松江市の資料によれば、綿貫家住宅は、明治後期に建てられた伝統的な町屋なのだそうで、きれいな平格子が特徴的です。が・・・屋根フェチ的には、本来は左桟瓦が葺かれていたはずですが、ま新しい石州瓦に葺き替えられていて・・・・
お松:ちょいちょい、ちょいまちぃ!普通の日本人には何のことか分からない説明に突入してまんがな?(←やや:ど、どこの人?)
やや:・・・左桟瓦というのは・・・。瓦って、隣の瓦との隙間を埋めるのに波形になっていて、隣の瓦に被さるようになっていますよね。その被さる向きが通常の瓦と反対のものを左桟瓦と言います。出雲地方の伝統的な瓦は左桟瓦でして、全国で一般的な瓦や石見地方の地場産業として有名な石州瓦とは違う訳です。で、綿貫家住宅は築100年以上なので、当然葺き替えられているのですが、ちょっと残念。
 でも、綿貫家住宅のある場所は枝垂れ桜と観音さんで有名な千手院のすぐ下。綿貫家住宅のお向かいには古いお醬油屋さんの蔵があり、ちょっとステキな雰囲気の通りになっています。
カネモリ醤油の木桶蔵

 カネモリ醤油は明治八(1875)年創業のお醤油屋さんなのだそうです。通りに面したお店側には綿貫家住宅と同じ平格子が残り、千手院や綿貫家住宅に向かう店の後ろ側には木桶蔵が続いています。木桶蔵の壁は白い漆喰壁なのですが、一部・・・けっこう多くの部分にはトタンの波板が貼られ、で、その木桶蔵のトタンの波板はなぜか真っ赤!
カネモリ醤油の木桶蔵の波板

 白い漆喰、黒い板壁、そして真っ赤な波板。なんだかいい雰囲気です。
カネモリ醤油の木桶蔵の窓に置かれた醤油徳利

 木桶蔵の窓には、カネモリマークの入った醤油徳利が置かれています。昔は瓶ではなく、醤油徳利で醤油を買っていたんですね。木桶蔵の周りでは、食欲をそそるお醤油の香りが漂っています。

お松:こう言ったステキな町屋も徐々に少なくなっています。
やや:子どもの頃は、古くさいとしか思ってませんでしたけどね・・・。
スポンサーサイト
  1. 2018/03/21(水) 12:39:23|
  2. 屋根フェチの小部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<新羅は見えたか?の第3回目ぐらい?・・・伯耆の四王寺山に登って見た | ホーム | 春は名のみの>>

コメント

拍手コメント さま

コメントをいただきありがとうございます。
わりとよく撮れました。
  1. 2018/03/22(木) 19:28:57 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

拍手コメントさま

風情ある町屋が続く部分は、ほんのちょっとですが、でも残されているのは良いこと。ぜひ歩いていただきたいです。
コメントをありがとうございます。
  1. 2018/03/23(金) 22:20:03 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

拍手コメント様

昔の人って、どんな感じで歩いていたのでしょうねぇ。今よりも道も狭くって、草履?下駄?春の装いってどんなんでしょう?
コメントをありがとうございました。
  1. 2018/03/23(金) 22:22:01 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

拍手コメント様

へぇ~!ソースの量り売り?それはまた貴重な体験を?私は、ボールを持って豆腐を買いに行ったぐらいしか・・・。
新しいものが良かったに決まってますよね。今、古いものを追っかけてるのって、子どもの頃からすると、とても想像がつかないはずですよね。ま、子どもにはわからない大人の味を覚えたってってことで・・・。

コメントをありがとうございました。
  1. 2018/04/05(木) 22:17:31 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/417-e1d4dba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (60)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (31)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR