木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

新羅は見えたか?の第3回目ぐらい?・・・伯耆の四王寺山に登って見た

くそ忙しかった3月もようやく終わり、新年度の始まりです。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 さて、昨年の後半から気になって気になってしょうがなかった新羅は見えたか?シリーズです。
 貞観九(867)年ですから、平安時代の初め頃のことですが、当時の朝鮮半島にあった新羅が不穏だとして、四天王像を用意し、伯耆・出雲・隠岐・石見・長門の五国に祀らせた記録があります。この時の命令は、新羅を見通せる高く清浄な場所に四天王像を祀るようにとされています。
 後に四王寺と呼ばれる四天王像を安置した寺の出雲での候補が、「師王寺」の字が残る松江市山代町なのですが、そこからは新羅が見えそうな気がしないので、背後の茶臼山に祀られてたんじゃないかって、時々登っては日本海が見えるかどうか探っていたのですが・・・。で、伯耆国ではどうなってんのかな?って事で、行ってみました倉吉市。
法華寺畑遺跡から見た伯耆の四王寺山

お松:満開の見事な桜ですが・・・?
やや:桜はどうでも良くって、その背後が伯耆の四王寺山です。この場所は、法華寺畑遺跡の公園ですが、お隣が伯耆国分寺跡ですので、国分寺僧が行き来するには都合のよい山です。
お松:あのぉ?桜は?
やや:桜はどうでも良くって、この反対側、北面集落から登山を開始。そこそこ険しい道ですが、登り始めて15分ほどで目的地が見えてきました。
四王寺山の山頂近く

 山頂には四王寺のお堂が建っています。で、件の貞観九年の命令などが記された説明板があるのですが、驚いたことに、昭和五(1930)年の火災で焼失するまで、木像の四天王像があったのだそうで、その写真が飾られていました。
四王寺のお堂

お松:平安時代の四天王像があったんですが?
やや:違うと思います。
お松:へ?
やや:貞観九年の命令は、「八幅四天王像」と書かれていますので、図像です。木像ではないんです。なので、図像が痛んで修復できなくなって後に造られたものだと思います。
お松:ふぅ~ん。で?松江の茶臼山からほぼ日本海は見えなかったけど、こちらからは?
やや:茶臼山からもちょっとは見えたの。で、伯耆の四王寺山からはこんな感じ。
四王寺山から見た新羅方面

お松:こ、これは?
やや:春霞ですな。
お松:・・・。
やや:眼前に日本海。左端に大山。ものすごく空気の澄んだ日には隠岐諸島まで見えるんだそうな。
お松:・・・。
やや:また、次回。見えそうな日に登ってみます。
お松:・・・。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/02(月) 17:20:32|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<甘南備寺に行ってみた | ホーム | お醤油屋さんのある町屋>>

コメント

拍手コメント様

満開でした!全開でした!
小さな子どもを連れたお母さん達が大はしゃぎでした。
すみません、興味ないもので・・・。

コメントをありがとうございました。で、申し訳ないっす。
  1. 2018/04/03(火) 22:03:47 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

拍手コメント さま

おはようございます。
当時の人々にとっては、大本気で、用意された強力な対策だったようです。
現代でも、こんなのが効果があれば良いのに。

コメントをありがとうございました。
  1. 2018/04/07(土) 06:33:36 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

地震

朝起きてびっくりです。
ずいぶん揺れたみたいですね。
どうかお気をつけて。
  1. 2018/04/09(月) 08:26:45 |
  2. URL |
  3. ta-ra #-
  4. [ 編集 ]

皆さまへ

今朝(昨夜?)の地震について、お見舞いやご心配のお言葉をいただいております。
今朝(昨夜?)は、余震ごとに目が覚める状況で、寝不足気味ではありますが、さいわい松江周辺は、静かな夜を迎えています。
震源に近い大田市では、瓦がずった家もあり、断水などの被害が続いてはいますが、皆さん落ち着いています。
ご心配いただきありがとうございました。
  1. 2018/04/09(月) 22:23:20 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/418-fa10fbbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (33)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (29)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (69)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (13)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR