木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

甘南備寺に行ってみた

 熊本地震から2年・・・。先週の大田の地震も治まったようですが、大田市街では屋根にブルーシートを貼った家もありますが・・・それでも町は平静さを取り戻しつつあります。

 さて、
 広島県三次市と島根県江津市を結ぶJR三江線が、この3月31日をもって廃線となりました。江の川沿いの谷間をのんびり走っていた短い列車。それが、廃線が決まってからは連日多くの観光客で賑わい、最終日には、満員による積み残しにバス代替輸送まで発生(なぜ、バスに乗る?いったいバスに乗る何の意味があるのだ?)する大混雑でしたが、時すでに遅し・・・。
廃線になった三江線

かく言う私は・・・年末から3月末までの異常な忙しさで、ラストランには間に合わず、テレビのニュースでお見送り・・・。

甘南備寺
その三江線が走っていた近く、江津市桜江町の甘南備寺(かんなみじ)です。
 現在の甘南備寺は、江の川に面した谷間に位置していますが、元々は、背後にそびえる甘南備寺山(519m)の中腹にあった山寺でした。明治17年頃に現在地に移転してきたようですが、そのきっかけは明治5年の浜田地震。当時の正確な記録はありませんが、最大震度7と推定されている研究もあり、先日の大田の地震よりも大きい、熊本地震並みの揺れだったのかもしれません。その地震によって、山中の伽藍では生活水が確保できなくなり、現地へ降りたのだとか・・・。
元の甘南備寺は、戦国時代には、近隣の武将が戦勝祈願のため、多くの宝物を奉納。石見銀山争奪戦でも活躍した小笠原氏も戦勝祈願寺とすると伝わるなど、石見を代表する大寺院だったようです。数多くの寺宝を伝えていますが、重要文化財に指定されている黄櫨匂威大鎧残闕(はじにおいおどしおおよろいざんけつ)はその代表。おそらく平安時代に始まる山寺だったのでしょうが、戦国時代頃には、大変な大寺院だったようです。

甘南備寺山
 と、言う訳で、いざ現地へ!
 甘南備寺背後の甘南備寺山は標高519m。その中腹、220m付近に甘南備寺の旧境内があります。
 山中には、長い年月に寸断された所はありますが、それでも一応、当時の参道が残っており、熊鈴の音も高らかにしばし登っていきます。最後は参道が消滅していますが、それでも登り切ると、
甘南備寺旧境内
 ・・・広い!東西100mほどの広~い平坦面に建物跡の礎石が点々と残り、足下には瓦や茶碗のかけらが落ちています。

甘南備寺旧境内の墓所跡
 さらに先には墓所。年号が残る墓石は幕末。古そうな宝筺印塔(ほうきょういんとう)は、戦国期まで遡るでしょうか?長~い寺の歴史を静かに伝えています。

おまけ
 今の甘南備寺の本堂横に置かれている羅漢さんたち。
甘南備寺の羅漢さんたち

お松:この皆さんも、明治に山寺から降りていらっしゃったんでしょうか?
やや:聞けるものなら聞きたいですね。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/16(月) 18:30:37|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
| ホーム | 新羅は見えたか?の第3回目ぐらい?・・・伯耆の四王寺山に登って見た>>

コメント

母が邑智郡出身だったので、三江線よく乗りました。
当時は結構賑やかだったなぁ。(齢バレ…)
江津から浜原までなら駅名覚えています^^
廃止までに乗りたかったけど、機会がありませんでした(;O;)

今思うと、子ども心にも沿線結構味がありましたね。
  1. 2018/04/16(月) 23:55:51 |
  2. URL |
  3. ta-ra #-
  4. [ 編集 ]

拍手コメント さま

おはようございます。
廃線から2週間。すでに踏切の「止まれ」は消され、線路を塞いで、バリケードが設置されてました。かなりさみしい感じです。
コメントをありがとうございました。
  1. 2018/04/17(火) 06:45:34 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

ta-ra さま

おはようございます。
天空の宇津井駅がよく話題になっていましたが、川戸とか江津本町とか、いい雰囲気の駅はたくさんありましたね。戦前戦後、工事の時期よって速度が違うとか、マニアなネタも多く、楽しい路線でしたが、残念です。
コメントをありがとうございました。
  1. 2018/04/17(火) 06:49:13 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/419-f77d4997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (58)
お松との会話 (59)
出雲のお庭 (33)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (29)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (69)
小泉さんの散歩道 (8)
山寺で修行中 (44)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (13)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR