木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

竹生島へ行ってみた

 GWもあ!あ~ぁ!あれ~っと言う間に終わり、けだるい五月のウィークディだす。

 このブログで、しょっちゅう登場している波乗りウサギですが、このブログでは、因幡の白ウサギとは、何の関係もない竹生島文様だよってなことを説明してきた訳です。
お松:竹生島ってなんでしたっけ?
やや:琵琶湖に浮かぶ島です。弁財天を祀っており、古くからの信仰の島ですが、その竹生島を題材にした謡曲があります。謡曲とは、能の台本の様なものですが、そのストーリーは、
 竹生島を参詣しようと琵琶湖畔まで訪れた人たちが、さて、どうやって竹生島へ渡ろうか思案していたところ、老人と女性が乗る船が通りかかり、同乗させてもらうことになった。月の昇り始めた湖面を渡り、竹生島へたどり着くと、実は、老人は竜神で、女性は弁財天だったという・・・。
 この謡曲は長唄などで詠われ親しまれたのだそうで

 ♪竹生島も見えたりや  緑樹影沈んで  魚木に登る気色あり
   月海上に浮かんでは  兎も波を奔るか  面白の島の景色や

 竹生島が見えてきた 樹木の緑が暗がりに沈んで 魚が木に登るような気がする 月が海上(湖上)に浮かんで ウサギが波間を駆けるようだ おもしろい島の景色・・・てな意味か?

お松:水面スレスレに昇った月のウサギを詠ったんでしたね。
やや:で、それが図案化されて、灯籠に彫られたと。夜間は灯明を灯し、昼間は、月の象徴であるウサギを置いたのだと。
 で、竹生島です。
竹生島の宝厳寺

お松:前置きが長かったですねぇ。
やや:やかましい。
 竹生島は、琵琶湖の北部に浮かぶ島で、宝厳寺(ほうげんじ)と都久夫須麻(つくぶすま)神社が置かれています。
 最高所に弁財天を祀る本堂があり、その下に各種のお堂や坊院が展開する様子は、山林寺院の構成そのものですね。また、竜神を祀る都久夫須麻神社が同居している様子も、明治以前の信仰の様子を伝えているようで興味深いです。現在まで残されている建物の多くは、豊臣秀吉が関わったり、伏見城の部材が使われたりと戦国期に遡るものが多いようです。
都久夫須麻神社の龍神遙拝所

都久夫須麻神正面にある龍神遙拝所は、鳥居を通じて琵琶湖に向かってかわらけを投げるもので、現在では願い事を書いて投げるのだそうですが、鳥居の周囲の白いものはすべてかわらけ・・・。下の方には何が埋まってるのか、下を掘りたい・・・。
(もちろん、掘っちゃいけません)
竹生島

 と、言う訳で、竹生島でした。残念ながら湖面に浮かぶ月を見ることはできませんでしたが、波乗りウサギの発信源を見た気にはなっちゃいました。



お詫びとおことわり
 当ブログは、大変ふざけてはおりますが、一応、歴史・神話・伝承・文化財を正面からあつかっております。記録にあることと、伝承や想像の部分は、はっきり切り分けております。
 私自身が、「出雲族」とかの話をされる方々のロマンを、真っ向から否定するつもりはありませんが、そうしたお話は、ご自分のページでお願いします。
  1. 2017/05/09(火) 18:10:39|
  2. 波乗りウサギに会ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

不調!

 すっかり初夏の山陰地方です。
 このブログ、再開しようとは思ったのですが、一旦休むと、なかなか気分がそっち側に向かいません。
羅漢町橋

 見たいものも、紹介したいものも、無い訳ではありませんが、イマイチ気分が乗らず・・・。先日も、カメラを持って出かけはしたのですが、結局、何も撮らずに帰ってきちゃいました。我が家のハードディスクのデータを見ても、前回の田原神社ぐらいで、長い間、何も撮っていないことが分かります。
大森の町並みにて

画像は、ずいぶん前の石見銀山、大森の町並みです。石見銀山は、今年、世界遺産に登録されて10周年なのだそうで、この夏にかけて、様々な行事が予定されているようです。
 そう言えば、石見銀山にもしばらく行ってないなぁ・・・。
  1. 2017/04/21(金) 17:41:15|
  2. お庭でひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑いくらいに

 日中は暑いくらいになってきて、ソメイヨシノも葉桜になりつつある山陰地方です。
田原神社参道のソメイヨシノ

 画像は、先週。松江市奥谷町の田原(たわら)神社参道で全開のソメイヨシノです。もちろん、違う目的で参拝したのですが、この神社さん!なんだか動物がいっぱいです。
参道の狛わんこさんたち

 参道の両脇には、大小様々な狛わんこ。稲荷社の前には狛きつねがいるのはもちろんですが、随身門の近くには狛鹿?

田原神社の狛鹿

 灯籠には、波乗りウサギ・・・?
波乗りウサギ?と思えば、寅と卯

 ん?波乗りウサギにしては、なんだか様子がおかしいですね。

お松:波が無い・・・。ん?隣にいるのは何でしょう?
やや:トラですね。
お松:トラ?なんでトラがウサギを追ってるんですか?
やや:わ・は・は。この灯籠の文様は、十二支のようですね。寅の次が卯なので・・・。確かに、全力で逃げてるようには見えますね。
お松:なんで、動物だらけなんでしょう?
やや:なんででしょうねぇ?

おまけ
田原神社の狛わんこのおしり

 狛わんこのおしり・・・。


 テスト飛行中です。何事もなければぼちぼち再開します。
 いろいろご心配をおかけしたかもしれません。ごめんなさい。また、ありがとうございます。
 私自身はいたって元気です。
 関係ありませんが、転勤しました。挨拶した隣の課長さんの第一声は「そこそこブラックだけどよろしく」でした。とほほ・・・。
  1. 2017/04/14(金) 15:36:42|
  2. お庭でひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

天狗山の磐座

 松江市八雲町にある熊野大社は、出雲地方を代表する神社。『出雲国風土記』にも出雲大社とともに「社」ではなく「大社」明記されています。『出雲国風土記』の神社記載は、神社名がず~らっと、記されているだけなのですが、それに続く山野の記載の「熊野山」に、「熊野の大神社が鎮座している」と、記され、社伝でも熊野山(現在の天狗山)の山頂近くにある磐座(いわくら)が本来の鎮座地とされています。なので、ちょっくら天狗山に行ってきました。
天狗山

 天狗山(天宮山)は、松江市八雲町と安来市広瀬町の境を接する標高610mの山(←お松:610m?!結構高~い!)です。登り始めてしばらく行くと意宇川(ゆうがわ)の源とされる、水のしみ出す場所があります。意宇川は、意宇(おう)平野を潤す川。意宇平野は古代出雲の中心地。国引きを終えた八束水臣津野命(やつかみずおみずぬのみこと)が、「おうぇ」っつたんで、意宇と呼ばれるようになった場所でもあります。
 表示の横には塩ビパイプから水が流れ落ちていましたが・・・、それじゃあんまりなので、その下で、水がしみ出ているところです。
意宇川の最初の一滴?

 で、さらにしばらく登ると、「不思議な構築物」と表示のある施設。石垣が2段に組まれています。これについては、まったく記録が無いそうですが、お社が建てられていた時代があったのでしょう。
不思議な構築物

 で、ずいぶん登って、やっと今日の目的地。熊野大社の旧社地とされる斎場跡です。
天狗山の斎場跡
 ガレ場がから仰ぎ見る上には巨石が口を開け、磐座となっています。古代には、ここに神様が降りたのでしょう。この場所は、本宮平(げんぐがなり)と呼ばれ、現在でも、5月の第4日曜日には、熊野大社の神職の皆さんを始め多くの方々による本宮祭が行われています。
斎場跡の近景
 熊野大社は、現在では、立派な社殿のある大きな神社ですが、元々の姿は、神の降りる磐座だけだったのかもしれませんし、『出雲国風土記』に見える多くの社がそんなものだったのでしょう。そんな古代の社の姿かもしれない何かを今に伝える天狗山でした。

おまけ:天狗山登山道に続く林道の・・・
カーブミラーだった何か

お松:カーブミラー・・・だった、何かですよね。でも、これじゃぁ・・・。
やや:目に頼るんじゃない。感じるんだ。Feel・・・。
お松:・・・。
  1. 2017/03/05(日) 21:39:19|
  2. プチ巨石ブーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

須賀神社の波乗りウサギ

 とりあえず仕事が忙しいのと、職場に漂う異常な閉塞感と、他にもなんだかんだでなかなか更新もままなりませんが・・・。
 これではいかん!天気も良いので、冬眠中だったもう一台の愛車を引っ張り出してみることにしました。さいわい、タイヤの空気も抜けておらず、油の切れた様子もない。で、快調に走り出しては見たものの、やはり、向かい風と登り坂は避けるとして・・・。
 松江市春日町の須賀神社へ行ってきました。この前は、よく、車では通りかかるので、気になってはいたのですが、街中ですので、駐車に困らない方の愛車です。
須賀神社本殿

 小さなお社ですが、その石段の眼前を道路がぶったぎってまして、参道は、道路の向こうに小さく取り残されちゃってます。本来は、参道のさらに向こうを斜めに通る道が、県道恵曇線。つまり、昭和の幹線道路だったのですが、現在の広い恵曇線は少し西に付け変わり、参道を北循環線がぶったぎって、周囲にはドラッグストアにスーパーマーケット、マンションに住宅団地・・・。
須賀神社参道

 江戸時代の地誌「雲陽誌」には、御祭神は牛頭天王などと記されていますが、牛頭天王は仏教(本地垂迹説)での素戔嗚尊(スサノオのミコト)のことですので、現在の御祭神は須佐之男命とされています。

 で、そのぶったぎられた参道には、大きな灯籠があって、灯籠の台座にはあいつが居ます。あいつが・・・
須賀神社参道の灯籠

お松:波乗りウサギですよね。
やや:竿石の銘によれば、昭和4年生まれのうさちゃん達のようです。古い部類の波乗りウサギですが、一羽ではなく、4面に居ます。しかもちょっとブチャイク!
須賀神社の波乗りウサギ1

お松:こら!
やや:対の灯籠は文政八年ですので1825年!ムチャクチャ古いものですが、残念ながら火袋が壊れてしまっていて、波乗りウサギが居たかどうかは分かりませんが、もしかしたらいたかも・・・。
 波乗りウサギ、まだまだ意外なところにたくさん居るようです。
須賀神社の波乗りウサギ2

お松:これからも頑張って探してくださいませ!で、太ももとか、へいき?
やや:じ、じつは・・・。
  1. 2017/03/04(土) 17:04:13|
  2. 波乗りウサギに会ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

出雲のお庭 (33)
石見のお庭 (8)
お庭でひとりごと (54)
お松との会話 (53)
いわゆる出雲流庭園 (11)
雪舟を探して (9)
雪舟が見つからなくって (8)
お庭 (4)
屋根フェチの小部屋 (26)
未分類 (0)
ネタ切れにつき在庫処分 (12)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (59)
小泉さんの散歩道 (7)
山寺で修行中 (36)
波乗りウサギに会ってきた (10)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR