fc2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

志々乃村神社に行ってみた

 三瓶山を降りてきたところでシャア専用を東へ走らせます。が、クラッチを踏む左足がプルプル。やばい、痙攣しそう・・・。
お松:クラッチってなんでしたっけ?・・・いったいいつの時代の車に乗ってんだか?
やや:好きで乗ってんだ、やかましい。
 さて、
 三瓶山の外輪山の東側には神戸川(かんどがわ)が流れています。その神戸川の上流側、南に向かってしばらく走ると飯南町八神の集落。この辺りは1957年まで志々村だったあたりです。目的地は八神集落の南端近く。

志々乃村神社

 『出雲国風土記』では、ここは飯石郡波多郷の南端近く、来島郷との境に近い場所のはずです。でもこの辺りのことは・・・『出雲国風土記』には波多郷・来島郷のことはあまり詳しくは記されていません。
 波多郷は、波多都美命(ハタツミノミコト)が降りたとところなので波多と記されていますが、実は、波多都美命を祀ったとみられる神社が記載されていないんです。で、波多郷中に記されるおそらく唯一の神社が志志乃村社(シシノムラノヤシロ)です。
お松:シシノムラ・・・なんだからしくないっていうか、不思議なお名前の神社ですね

志々乃村神社の御本殿

やや:でも、志々村の地名そのものですね。
 古代の波多郷の中心地はおそらく現在の波多地区。八神は、冒頭でも言ったとおり波多郷の端っこにあたります。それもなんだか不思議な気がしますが、実はこの辺りの最も有力な古墳は波多地区ではなく八神(志々村)にあるんです。
お松:どう言うことでしょう?

裏に置かれていた先代の棟飾り

やや:この辺りの古墳時代以来の伝統的な中心は八神(志々村)周辺だったのでしょう。それが、6~7世紀の再開発に伴って多くの人が(強制的に?)移住してきて新たな村ができた。なので、新しくできた村には古い神社がなく、伝統的な集落に古い神社が残ったということなのだろうと思いますが。
お松:思いますが?
やや:証拠はない。・・・って言うか、遺跡からはそんな感じに見えるけど、確証はない・・・。
お松:久しぶりにディープな古代史ネタでした
スポンサーサイト



  1. 2024/03/17(日) 08:41:50|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春なので修行再開

 来週はまた少し寒くなるようですが、急に春めいてきた今日この頃。我が家のサクラ(ソメイヨシノではない)はなんと散り始め!タイヤも替えたところで行くぞ~。

西ノ原から三瓶山

お松:お~!三瓶山?
やや:今シーズンの山林修行は三瓶山から再開です。上は寒いかなって思って寒さ対策をしっかりバックパックにぶち込んだ登り始めてすぐに後悔。あ~暑い。
お松:暑いんですか?
やや:登り始めはね。暑い。荷物が余計・・・。
 でも、標高1000mを越えると日陰に雪が残ってます。お隣の子三瓶北斜面は


子三瓶の北斜面

お松:まだまだ寒そうですね。
やや:で、山頂周辺はしっかり雪が残ってました。そのあたりで切り取っちゃうと

山頂付近の木々

お松:しっかり真冬の風景ですね。冬枯れの木立がモノクロ加工でほとんどウソっぽいです。
やや:で、実際は、

山頂付近

お松:春らしいいい感じの光景でした。
やや:ぶっちゃけ、ウインドブレーカーで十分でした。荷物多すぎ・・・。しかしこの画像は必殺の超広角10mmワイドで周辺光量が落ちすぎ。ひどいねぇ・・・。
お松:ま、今シーズンもお気を付けて
  1. 2024/03/16(土) 17:00:33|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終わっちゃったよぉ

お松:こにゃにゃちは~。暖かかったり大雨だったり、今朝は雪のちらつく山陰地方です。ちょ~ぉ寒いのに、先月の暖かさのせいか、早咲きの桜が満開です。で、またまた更新が滞っています。ごめんなさい。
 さて、土曜日のお楽しみ、ブラタモリのレギュラー放送が終わっちゃいましたねぇ。
やや:・・・原因についてはいろいろ言われているようですが近頃はネタ切れ?大河の番宣だったり観光地の回では民放の旅番組と大差なかったり・・・。で、タモさん自身が飽きちゃった?説が説得力あるように感じますね。博識のタモさんがぶらぶら歩くなかで、ちょっとした意外なものに注目し、角度のついた感想がおもしろかったんですが・・・。初期の東京周辺でやってた頃は毎回本当におもしろかった。

物部神社の御本殿

お松:意外な目の付け所に、誰も知らないような意外な事実。いい加減かつ大げさで気の利いた切り口のテーマもよかったですね。今後も特別番組はありそうですが・・・。
やや:Joe Bidenもそうですが、よいお歳なのでいつまでもやってはいられないでしょうね。また見たいのは言うまでもありませんが。最期の指宿も前回の正倉院も良かったけど・・・。
お松:観光地のおざなりな解説とは違う気の利いた切り口。このブログも以前は最新研究を盛り込んだ意外な解説が多かったですが、近頃は・・・。
やや:だからぁ・・・ネタ切れだから滞ってんじゃん。

拝殿越しの御本殿

 画像は、大田市にある石見一宮の物部(もののべ)神社です。石見地方最大級の強大な御本殿がそびえ立っています。物部氏と言えば、物部守屋が後に聖徳太子として信仰を集める厩戸王と蘇我氏に攻め滅ぼされたことで知られていますが、もちろんその後も物部氏の一族は各地で活躍しています。島根には物部の足跡が点々とあり、『出雲国風土記』にも盾縫郡の郡司に物部氏がいますね。島根半島には、物部氏が改姓した石神(いそのかみ)の名を持つ神社が点々とあり、物部一族が名を残してます。石見の物部神社もそうした古代の物部氏に繋がる神社ですね。
お松:お~!意外な解説。で、それで?
やや:この辺でネタ切れです。
お松:す、すまぬ。
  1. 2024/03/09(土) 22:17:35|
  2. お松との会話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

中ノ島の甕探検の続き

お松:ちょ~っと待ったぁ!タイトルが屋根探検から甕探検に変わっています。
やや: 時間もあまりなかったので、そもそも探検してる場合じゃなかった・・・(←お松:いや、変わった説明にはなっていません)。
 え~とぉ。

清水寺の甕

 清水寺の庫裏の脇に伏せてあるのは石見焼のハンド甕(←お松:石州瓦から石見焼への強引な展開!)。石見焼は島根県西部石見地方で石州瓦と共に大量に生産され、日本海沿いの各地に出荷された陶器です。ハンドとは半胴(はんどー)ということらしいので、甕の形や大きさを表す言葉だったようですね。水を溜めたり、肥料を入れたり、漬け物を漬けたり、近代には様々に使われた便利道具。古い町並みであればあちこちで目にしますが、当然隠岐にだって・・・。

菱浦の通りで見かけた石見焼ハンド

 菱浦の通りで見つけた様々な大きさの石見焼ハンド甕。なお、一番左はプラスチックの桶です(←お松:知っとるわ!)。

唐津焼の甕

 これは・・・。一見すると石見焼のハンド甕に見えますが、なんか違う・・・。唐津の大甕ですね。北前船の寄港する隠岐諸島では、全国各地の様々な産物が集まっているようです。

おまけ
 水道や各種容器が普及した現代ではハンド甕は本来の役割を終え、近頃は主にメダカの水槽や傘立て、スイレン鉢に用いられることが増えてきましたが・・・

斬新な使用法

お松:斬新な使い方です。
 隠岐中ノ島。ほんのちょっと行っただけなのに、ずいぶん引っ張りましたが、これで終わりのようです。
やや:また行きたいなぁ。天気のいいときに・・・。
  1. 2024/02/18(日) 07:19:24|
  2. 屋根フェチの小部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中ノ島の屋根探検の続き

 保々見の清水寺の縁の下には松江産のいぶし瓦が残されていましたが、現在の清水寺の屋根は石州瓦。中ノ島で見かける古い建物のほとんどが石州瓦の赤い家並みです。石州の赤い釉薬瓦は凍害や塩害に強く、寒くて潮風も吹きつける隠岐の気候には適した瓦です。

清水寺本堂の屋根

 松江界隈の古い家なら屋根全体に黒灰色のいぶし瓦を葺いて、棟には来待石の棟押さえが乗っかっている、とっても地味な屋根が普通ですが・・・

清水寺庫裏止め止め

 中ノ島では棟止めも石州瓦。屋根全体が赤い石州瓦です。
 石見地方でもよく見かける立派な棟飾り。清水寺の庫裏ですが、ほぼただの民家!なんだか燃えているような。

凶暴そうな鬼瓦

 なんて立派な棟!石州瓦製の輪違いに雁振り瓦。鬼瓦も細かい造形で、見るからに凶暴そう(←お松:エビっぽい?殻をむいて食べたい。チョンマゲも長~い!)です。
お松:しかし、どこに行っても屋根を見てるんですねぇ。しかもただの民家の屋根?
やや:だって、おもしろいじゃないですか。
お松:なので、まだ続くのだそうです。
  1. 2024/02/17(土) 07:00:03|
  2. 屋根フェチの小部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

やや

Author:やや
 そもそも歴史的なお庭見学ブログだったはずが、神社仏閣見学ブログに変貌。さらに最近では、趣味の山林修行(?)ブログへ変貌中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (72)
お松との会話 (94)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (43)
プチ巨石ブーム (34)
石見銀山で散歩 (27)
神話の足跡探し (121)
小泉さんの散歩道 (23)
山寺で修行中 (83)
波乗りウサギに会ってきた (18)
ネタ切れにつき在庫処分 (18)
未分類 (0)
フォクトレンダーベッサと今時フィルム事情 (10)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR