FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

毛志山(もしやま)と虫野神社

 最近、頻繁に登っている澄水山(しんじさん)は、『出雲国風土記』には、「毛志山(もしやま)」と記されています。また、その麓には、虫野神社(『出雲国風土記』では虫野社)が鎮座しています。『出雲国風土記』島根郡条の神社記載に脱落があるのは何度も紹介している話ですが、おそらく、オリジナルにも虫野社は記されていたはずです。
 で、虫野社のムシは、毛志山のモシに通じますので、本来は毛志山に降りる神様が虫野社だったと想像されます。
虫野神社

 現在は、立派な社殿が建っていますが、奈良時代の神社は、その多くに社殿が無かった可能性もあり、このブログでも度々紹介している巨石などが神社であった場合もあるようです。なので、虫野神社も、奈良時代には社殿は無かった可能性があるのですが・・・。坂本から澄水山への登山道を登っていくと・・・
澄水山の巨石

お松:巨石ですな。
やや:巨石だすぅ。
 この山。そもそも岩山だったようで、坂本からの登山道沿いには、あちこちでこうした巨石を見ることができます。中でも、これは最大級。巨石の下には、一丁地蔵が置かれていますが、古代に遡れば、もっといろいろあったかも。
お松:これが神社だったんでしょうか?
やや:これそのものかどうかはわかりませんが、つまり、虫野神社には、元々は社殿が無くって、澄水山=毛志山にあった、こんな巨石に降りる神様が虫野社として祀られた。と言うことなのだろうと思います。『出雲国風土記』には、海の島に関しては、ちょっとした岩にすぎない小さな島までしつこく記載されていますが、山の記載は、そう多くはありません。逆に考えれば、『出雲国風土記』に記載される山は、信仰の対象だったのかなぁ、とも思えるんです。
お松:ふ~ん。でも、その神様の降りる山が、仏教の澄水寺になったって事は?
やや:神様が降りるような聖なる山だからこそ、山林修行の場に選ばれたのでしょう。それが、後に発展して澄水寺になったのだと。
 明治政府によって神仏分離が行われる以前は、神道と仏教はそれ程厳密に分かれていた訳でもなかったようです。これを話しだすと長くなるのでやめますが、特に中世では、元々は同じものって言う考えもあり、意外と同居していた状況もあるようです。

おまけ
虫野神社の狛わんこ
虫野神社の狛わんこ

お松:ずいぶん前から、ここにいらっしゃるんでしょ?そのあたりの事情をご存じないですか?
やや:さぁ?どうなんだろうね~っと、遠くを見る。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/21(月) 17:15:56|
  2. プチ巨石ブーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<星上寺の仁王門で・・・ | ホーム | 御手洗の滝と瀧観音堂>>

コメント

狛わんこや巨石だけを見ても歴史の古さを感じます。
社殿はその後に建てられたとなると随分昔から、
ここが神聖な場所として奉られてたんでしょうね。
  1. 2016/03/22(火) 05:03:43 |
  2. URL |
  3. 太巻きおばば #-
  4. [ 編集 ]

太巻きおばば さま

おはようございます。
狛わんこは、100年ほど前。この山の信仰は、ホンの1,300年ほど前からだと思います。社殿は、中世には、らしきものが建っていたでしょうから、少なくとも800年前?
当時の人って、どんな思いだったんでしょうね。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/03/22(火) 07:00:11 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/322-50d8d435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (61)
お松との会話 (61)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (32)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (9)
山寺で修行中 (48)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR