FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

神仏習合と判然令のお宮

梅雨入り目前を迎えた鳥取県の大山(ダイセン)です。
大山

 以前に紹介しましたが、この大山には、大山寺・大神山神社奥宮があり、中世には、修験の道場として、また僧兵を抱える大寺院として、近世には、大智明権現(ダイチミョウゴンゲン)を祀る山寺として栄えたのですが・・・。
 そもそも修験の山は神仏習合の世界ですので、大山寺も大智明権現を祀っており、天台宗のお寺であり、神祇祭祀の要素も含み・・・混沌とした信仰だったようです。
大神山神社の山中の鳥居

 慶応4(1868)年、明治政府は神仏混沌を禁じ、仏教寺院と神社を厳密に分けるよう、神仏判然令を公布しました。この政令は、地方では仏教寺院を廃す廃仏毀釈に発展してしまう訳ですが、大山寺でも、仏教寺院を残すか、神道の神社となるか、選択を迫られ、大神山神社奥宮となり、神社として残ることを選択します。
地蔵

後に廃仏毀釈は沈静化し、大山寺も復活して現在に至る訳ですが・・・。
 大山の麓、米子市尾高町には、大神山神社奥宮の本宮(←お松:え~い、ややこしい!)である大神山神社があります。
大神山神社

 非常に立派な社殿。大山を仰ぎ見る立地に、その名前からしても大山に関わる神社であることは間違いありませんが、何度か移転して現在地に鎮座しており、そもそも明治以前の大神山神社奥宮や大山寺との関係はよくわかりませんが・・・。


おまけ
 大神山神社の随身門には、先々代と思われる狛ワンコがいらっしゃったのですが、これがまた、強烈な・・・。
大神山神社随身門の狛ワンコ
 何というか、このお顔・・・。出雲地方で見慣れた来待石の狛ワンコとはまったく異なる質感と造形・・・。

これ、どうよ?
大神山神社の狛ワンコ
 「知らんがな!」
スポンサーサイト
  1. 2016/06/04(土) 17:54:10|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<長台寺と安田要害山城 | ホーム | や、八百杉が~>>

コメント

この先先代は確かに強烈ですね。
破壊力抜群で私のハートを射抜きました~。
  1. 2016/06/05(日) 07:02:30 |
  2. URL |
  3. たっつん #YHInhhNk
  4. [ 編集 ]

たっつん さま

おはようございます。
最強の破壊力で、見た瞬間に力が抜けました。
反対側には吽形もいらっしゃいましたが、光の入らない格子の隙間からだったので、撮れませんでしたわ。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/06/05(日) 08:19:52 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/335-4714aff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (61)
お松との会話 (61)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (32)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (9)
山寺で修行中 (48)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR