FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

摩尼寺(まにでら)へ行ってみた

 梅雨も明けたので、前々から一度行きたかった摩尼寺へ行ってみました。摩尼寺は鳥取市、鳥取砂丘のちょい先の山中にある天台宗の古刹です。目的は、その背後の山中にある奥の院。以前、鳥取環境大学が発掘調査し、掛造のお堂があったはずとされているところです。
お松:なんだか、このところ鳥取が続いていますが、この夏のテーマは鳥取制覇?そう言えば、去年も三徳山とか大山とか、夏になると鳥取攻め?
やや:鳥取攻め?ってなんだよ。たまたまだってば。
 さて、
 摩尼寺は、平安時代の創建と言われ、寺伝では、帝釈天が降り立ったのを契機に伽藍が整備されたことになっています。大山寺や三徳山三佛寺とならぶ、鳥取方面の天台宗の一大拠点でした。おそらく中世には全山に僧坊が展開していたはずですが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の鳥取攻めで焼き討ちに遭って荒廃。よって、現在でも摩尼寺に古い文化財は多くはありません。
お松:先日の不動院岩谷堂もそうですが、秀吉の鳥取攻めによる被害は大変なものだったのですね。
やや:備中高松城の水攻めなどがよく知られていますが、羽柴秀吉と黒田官兵衛の戦術は、時間をかけて、周囲を徹底的に破壊し尽くすと言う事だったみたいですね(←お松:この二人、きらいなんですね?)。
 で、その後、江戸時代に入ってから、鳥取藩主池田家によって、現在の伽藍の元が整備されたのだそうです。
摩尼寺の仁王門

お松:これはまた、立派な仁王門。
やや:寺伝では、戦国時代・・・秀吉の鳥取攻めの後に隠岐諸島西の島の焼火(たくひ)神社から移築されたとされていますが、建築史からは、も少し後の江戸中期と考えられているようです。特徴は、重層部(2階の部分)の柱間が偶数。普通は、奇数間で、真ん中に柱を立てません。
 急な石段の両側には、倒壊した灯籠がそのままになっていますが、これは、昭和18年の鳥取地震によるもの。鳥取地震の被害を現在に伝えるために、そのままにされています。
 さて、如来堂の背後から、いよいよ山登りです。
 登ることしばし。山中には、所々に石仏が安置され、33ヵ所札所巡礼ができるようになっているほか、一丁地蔵もあります。
摩尼寺の一丁地蔵

お松:しかし、これが、かわいい・・・。
やや:一丁地蔵が案内する先は、おそらく山頂近くの通称「立岩」なのでしょうが、その他にも、山中には広い平坦面があり、かつてはお堂が建っていたことが判ります。
山中の平坦面

 さらに歩くことしばし・・・。
 で、立岩です。その昔、この上に帝釈天が降り立ったのだとか・・・。降り立ったかどうかはともかく、いかにも信仰の対象になりそうな立派な岩です。
帝釈天が降り立った?立岩

お松:毎回、思うことですが、古代の人々は、この岩に何を見たんでしょうね?
やや:で、せっかく登ったのに、その後は急な下り。下ると、帰りは、また登らなくちゃなんない・・・。と、うんざりしながらそれでも行くと、目的地、奥の院です。
奥の院

 急な崖下に広い平坦面。かつて、この場所に、大きなお堂があったはずです。で、ふり返れば巨石と岩陰。
奥の院の巨石

お松:ここで、神聖な気分になることは、画像からも判りますよね。現地では、もっとスピリチュアルなパワーを感じたことでしょう?
やや:さすがに足がパンパンで、帰りが思いやられるぐらいですかねぇ(←お松:もぉ!)。
 この山、滝がありませんでしたが、大きな山なので、水の確保も何とかなったんじゃないかと思います。山林修行には十分な山だと。でも、登っている最中にも、時折、車の音が聞こえるくらい・・・。下界からとんでもなく遠くではなく、程よい場所だったように思います。

お松:ところで、「前々から、一度行きたかった」って始まる山寺詣が、度々あるようですが?
やや:ギク?
お松:あと、どこと、どこと、どこに行くつもりですか?
やや:あ、あれ?
お松:え~ぃ、キリキリ白状せい!
やや:ひえ~、お代官様ぁお許しを~。
お松:え~ぃ、白状せんかぁ!

おまけ
やや:昨今、熊による被害が問題となっていますが・・・。
くまモン

お松:鳥取市でも出るんですね。
やや:ある意味、熊の領域に近づいていく訳なので、もちろん、それは気をつけなければならないのですが・・・くまモンは違うだろ、くまモンは・・・。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/24(日) 21:21:19|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<八塩折りの酒を醸してみた | ホーム | 華蔵寺・夏模様>>

コメント

私も昨日は大きな森を15km歩きました。
クマもヘビも居ない土地。
安心して歩けました。
森は大きな岩も、お地蔵さんも居ません。
日本の自然は奥が深いと昨日思ったわけです。
ドイツの森は単調です~
  1. 2016/08/01(月) 13:58:01 |
  2. URL |
  3. 太巻きおばば #-
  4. [ 編集 ]

15km!?

太巻きおばば さま
こんばんは。15kmも歩いたんですか?すご~い!そうですか。ドイツの森は単調なんですか。黒い森とか、半分が緑色の毒リンゴを持った魔法使いのおばあさんとかいませんでしたか?
実は、この日、愛用の熊鈴を忘れて行って、とりあえず、「森の熊さん」を歌いながら歩いていたんですが、間違ってってますよね。なにはともあれ、熊さんに会うことがなくって良かったです。
コメントをありがとうございました。
  1. 2016/08/01(月) 22:09:21 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/344-d14f944e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (61)
お松との会話 (61)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (32)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (9)
山寺で修行中 (48)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR