FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

船上山に旗を揚げに行ってみる1

やや:あのさぁ、前にさぁ、アイツいたじゃん(←お松:だ・誰でしょう?)。えっと~・・・ゴダイゴ。
お松:・・・ガンダーラとかモンキーマジックの?
やや:うんにゃ。隠岐に流刑になってた人。
お松:・・・ご・後醍醐天皇の事ですか?(「アイツ」とか、「前にいた」とか、この人にとって歴史上の人物って・・・)
やや:前から疑問だったんだけどぉ(←お松:前っていつ頃?)、流刑地の隠岐を脱出して、伯耆の赤崎に上陸して、で、船上山に登って倒幕の旗揚げをする訳だよねぇ。
お松:・・・。
やや:なんで、わざわざ船上山に登ってから、旗揚げするんだ?
お松:・・・そ、それは・・・、遠くから旗がよく見えるように・・・、なんちゃってぇ。
やや:て、事は、後醍醐天皇は、「倒幕!」とか、書いた旗を船上山の上で揚げたんだ。で、それを、誰がどこから見てたんだ?
お松:・・・(たぶん、根本的に違うと思います)。
やや:だからぁ。行ってみなけりゃわかんないじゃん(←お松:あぁ、行きたいんですね?)。と、言う訳で、行かなければならない!行ってみなけりゃわからない(きっぱり!)
お松:・・・。ところで、「前に」ってのは、いつ頃?
船上山全景

やや:高校の頃の歴史の時間に決まってるでしょ。とにかく後醍醐天皇はなんで・・・。
お松:えっとぉ!後醍醐天皇の事は、けっこうな歴史マニアじゃないと、ついて来れないと思うんですけど?そのあたりのストーリーをダイジェストでよろしく。では、いつものように「15秒でわかる後醍醐天皇の歴史」、よーいスタート!
やや:15秒はムリ・・・。
 後醍醐天皇は鎌倉時代の終わり頃、14世紀前半にお騒がせした・・・活躍した人で南北朝のきっかけを作った人です。
 当時は鎌倉幕府が傾きつつあった頃ですが、幕府を倒して天皇親政(幕府ではなく、天皇が直接政治を主導する)の復活を目指し、正中の変(1324年)・元弘の変(1331年)を起こすも立て続けに失敗。隠岐島に島流しになってしまいます。でも、あきらめの悪い後醍醐は、隠岐島を脱出。名和長年の助けを得て伯耆の船上山で倒幕の旗を揚げ(←お松:つまり挙兵したと)。足利尊氏や新田義貞らの活躍で、ついに鎌倉幕府を倒し、建武の新政と呼ばれる天皇親政を成し遂げます。ところが、あまりに理想主義的な変革を急激に進め、他にもいろいろ適当すぎた事もあって、足利尊氏に裏切られ、わずか2年で新政権崩壊!吉野に逃れて南朝を宣言するも・・・、と言うような方です。
お松:要するに、鎌倉時代を終わらせて、南北朝から室町時代に向かう道を開いた人ですね。
やや:で、その、倒幕の旗揚げをしたと言う船上山に・・・。
お松:わかりました。行ってらっしゃい!
スポンサーサイト
  1. 2016/09/03(土) 17:08:01|
  2. 山寺で修行中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<船上山に旗を揚げに行ってみた2 | ホーム | 夏も終わりですが>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/350-7772c92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (61)
お松との会話 (61)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (32)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (9)
山寺で修行中 (48)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR