FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

伯耆の白ウサギ

 毎度おなじみ『古事記』には、オオクニヌシと因幡の素兎(イナバのシロウサギ)の物語が記されています。だました鮫に皮を剥がれて赤裸となってしまったウサギをオオナムヂ(後のオオクニヌシ)が助けるお話ですが、この話は、出雲系神話に放り込まれた因幡の神話?ウサギがいた「於岐の島」って、隠岐諸島のこと?など、いろいろナゾが含まれています。
お松:このイナバのシロウサギのナゾを追い求める課程で、ちょっとした勘違いがあって、波乗りウサギのレリーフマニアになっちゃったんですよね。
やや:やかましい!
中山神社参道

 ところで、伯耆の白ウサギの話は知ってますか?
お松:ウサギが鮫を数えながら本土に渡っちゃったので、ウサギがいなくなった話?
やや:それは西の島の「ウサギがいない訳」と言う別の話。ホーキの白ウサギですホーキ!
 昔、伯耆国にいたウサギが、鱒の背中を飛んで川の両岸を行き来していたが、ある日、鱒の背中を踏みはずして、川に落ち、やがて海へ流されてしまった。なんとか流木にしがみついたものの、上陸できたのは於岐の島だった。で、サメをだまして・・・。
お松:で、オオクニヌシニ助けられるんですか?
やや:そのようです。ほとんど、『古事記』の「因幡の素兎」と同じ話です。オオクニヌシ視点ではなく、あくまでウサギの話になっているので、オオクニヌシのラブストーリーとは無縁ですが・・・。
お松:では、この話は?
やや:もしかしたら、似た伝説が、あちこちにあったのかもしれませんが、『古事記』の話はあくまでオオクニヌシの試練の1エピソードですので、ウサギ目線の伯耆の白ウサギは関係が薄いように思えます。でも、そうした伝承が、西の島を含め、あちこちにあるのはおもしろいですね。
 その伝承を伝えているのが、鳥取県大山町にある中山神社です。
中山神社

お松:立派な神社のようですが、あれは、あるんでしょうか?
やや:全部の灯籠をチェックしましたが、いませんでした。
お松:いないんですね。波乗りウサギ。
やや:いません。ま、波乗りウサギは、因幡の素兎とは無関係であることは、わかったんですけどね。
中山神社の狛ワンコ

お松:でも、いて欲しいですよね。
やや:いる方が、おもしろいですよね。

おまけ
中山神社にいた狛キツネ?

お松:これがまた、なんと言うか?犬?
やや:狛キツネかもしれませんが、出雲では見ない子ですよね。
スポンサーサイト
  1. 2016/10/30(日) 17:49:12|
  2. 波乗りウサギに会ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金言寺に行ってみた | ホーム | もうすぐハロウィン・・・じゃなかった、神在月!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/358-0b09b69e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (61)
お松との会話 (61)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (32)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (9)
山寺で修行中 (48)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR