FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

竹生島へ行ってみた

 GWもあ!あ~ぁ!あれ~っと言う間に終わり、けだるい五月のウィークディだす。

 このブログで、しょっちゅう登場している波乗りウサギですが、このブログでは、因幡の白ウサギとは、何の関係もない竹生島文様だよってなことを説明してきた訳です。
お松:竹生島ってなんでしたっけ?
やや:琵琶湖に浮かぶ島です。弁財天を祀っており、古くからの信仰の島ですが、その竹生島を題材にした謡曲があります。謡曲とは、能の台本の様なものですが、そのストーリーは、
 竹生島を参詣しようと琵琶湖畔まで訪れた人たちが、さて、どうやって竹生島へ渡ろうか思案していたところ、老人と女性が乗る船が通りかかり、同乗させてもらうことになった。月の昇り始めた湖面を渡り、竹生島へたどり着くと、実は、老人は竜神で、女性は弁財天だったという・・・。
 この謡曲は長唄などで詠われ親しまれたのだそうで

 ♪竹生島も見えたりや  緑樹影沈んで  魚木に登る気色あり
   月海上に浮かんでは  兎も波を奔るか  面白の島の景色や

 竹生島が見えてきた 樹木の緑が暗がりに沈んで 魚が木に登るような気がする 月が海上(湖上)に浮かんで ウサギが波間を駆けるようだ おもしろい島の景色・・・てな意味か?

お松:水面スレスレに昇った月のウサギを詠ったんでしたね。
やや:で、それが図案化されて、灯籠に彫られたと。夜間は灯明を灯し、昼間は、月の象徴であるウサギを置いたのだと。
 で、竹生島です。
竹生島の宝厳寺

お松:前置きが長かったですねぇ。
やや:やかましい。
 竹生島は、琵琶湖の北部に浮かぶ島で、宝厳寺(ほうげんじ)と都久夫須麻(つくぶすま)神社が置かれています。
 最高所に弁財天を祀る本堂があり、その下に各種のお堂や坊院が展開する様子は、山林寺院の構成そのものですね。また、竜神を祀る都久夫須麻神社が同居している様子も、明治以前の信仰の様子を伝えているようで興味深いです。現在まで残されている建物の多くは、豊臣秀吉が関わったり、伏見城の部材が使われたりと戦国期に遡るものが多いようです。
都久夫須麻神社の龍神遙拝所

都久夫須麻神正面にある龍神遙拝所は、鳥居を通じて琵琶湖に向かってかわらけを投げるもので、現在では願い事を書いて投げるのだそうですが、鳥居の周囲の白いものはすべてかわらけ・・・。下の方には何が埋まってるのか、下を掘りたい・・・。
(もちろん、掘っちゃいけません)
竹生島

 と、言う訳で、竹生島でした。残念ながら湖面に浮かぶ月を見ることはできませんでしたが、波乗りウサギの発信源を見た気にはなっちゃいました。



お詫びとおことわり
 当ブログは、大変ふざけてはおりますが、一応、歴史・神話・伝承・文化財を正面からあつかっております。記録にあることと、伝承や想像の部分は、はっきり切り分けております。
 私自身が、「出雲族」とかの話をされる方々のロマンを、真っ向から否定するつもりはありませんが、そうしたお話は、ご自分のページでお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/09(火) 18:10:39|
  2. 波乗りウサギに会ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<天橋立図を探して | ホーム | 不調!>>

コメント

GWもあっという間でしたね。
僕にとっては毎週GWのようなものですから、
GW明けの疲れやがっかり感はもとよりありません。www
もっとも日々の草取りで“ぐったり感”は持病のようなものですが・・・www。

いつも楽しく拝見させてもらっています。
時には、普段めったに手が伸びない書籍棚などから
柄にもない御書籍wwwを持ち出し、埃を払い、ついでに膝を叩いたりしながら読み返したりしています。

人に分かり易く教える・・・これはなかなか難しいことです。
歴史にも疎い田舎の爺さんですから感謝しながら楽しく歴史の復習をしています。www
又、「歴史・神話・伝承・文化財等の記事を記録にある≪一級史料≫と、
伝承や想像の部分をを区別して書かれているので、
読みながら僕もその部分を想像し、古の世界への夢を(大げさだ~!)膨らませています。
歴史の勉強の面白さは(史実を踏まえ)想像を膨らませるところにあると思っています。
考古学同様、≪邪馬台国≫だって『古事記』や『風土記』等は、読みながらいろいろな思いを巡らせるから面白いのだと思います。
これからも楽しみにしています。


  1. 2017/05/11(木) 10:19:31 |
  2. URL |
  3. 喜多さん #-
  4. [ 編集 ]

喜多さん さま

こんばんは
いつもありがとうございます。
想いが先走ってしまうこともあって、誤解も、思い込みも少なくないとは思いますが、それでもそれなりに気をつけて行きたいと思っております。
分からない部分を頭の中で補完するのが楽しいのは言うまでもありません。それが楽しいんですよね。
草取りは、これからたいへんなシーズンですよね。どうか、ほどほどに。
今後とも、よろしくお願いいたします。
  1. 2017/05/11(木) 19:17:50 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

ほっと……

私が、余計なコメントを送った為に、木を見て庭を見ず様が、急にブログを中断…不調って理由で、中断される状況になったのかしら…って、非常に、申し訳なく感じていました。でも、どうやら、私のコメントのせいではなかったのかな…って思えたので、久しぶりに、ほっとして…。これからも、拝読させていただきたいと、改めて思っています。ただ、私、草刈機、殺虫剤、除草剤使用が嫌いで、家周りの草取り、虫退治に追われる身…って、これから超多忙なのですが、時間があれば、是非とも、こちらを拝読させていただきます。
  1. 2017/05/12(金) 22:53:34 |
  2. URL |
  3. 澄水寺 #-
  4. [ 編集 ]

澄水寺 さま

おはようございます。
これからもぼちぼちやっていくつもりですので、時々のぞいてみてくださいませ。
雑草とヤブ蚊のシーズンですね。お気を付けて。

コメントをありがとうございました。
  1. 2017/05/13(土) 06:54:57 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

こんばんはー

竹生島大好きです(o´ω`o)
わたしも何度かこの島へは訪れましたが、
船が竹生島へ近づく時のワクワク感たまりません♪

ここにもウサギをモチーフにした模様があったとは知りませんでした。
次に訪れたときにはしっかり探して見ますわ(-_☆)
  1. 2017/05/13(土) 22:06:09 |
  2. URL |
  3. 七森 #-
  4. [ 編集 ]

七森さま

こんばんは
高速船って、風情がないか?とか、思ってましたが、実際行くと、しっかりワクワクしました。
小袖などに使われる、青海波にウサギを配した文様を竹生島文様と呼ぶそうですよ。
コメントをありがとうございました。
  1. 2017/05/13(土) 22:19:45 |
  2. URL |
  3. やや #YgKj3tPc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/382-d26d9e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (61)
お松との会話 (61)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (32)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (9)
山寺で修行中 (48)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR