FC2ブログ

木を見て庭を見ず

出雲・石見を中心に、歴史的なお庭と屋根と神社仏閣を見て回って、ひとりごとです。

神の降る山

 大雪も一段落の出雲地方です。
 大雪直後の晴天に放射冷却の出雲地方は極寒。宍道湖にも薄氷が張るほど。打ち寄せる波で護岸に打たれた杭もご覧のありさまでした。
先日の宍道湖

さて、
 『続日本紀』によれば、和銅六(713)年、国毎にその土地の様子を報告するよう命令が出されています。後に『風土記』と呼ばれるその報告書は、日本全国の国が提出しているはずで、つまり、当時の国の数と、国に残された控え、下書きなどのプラスアルファがあったはずですが、1,300もの年月を経て、そのほとんどが散逸してしまいした。
 なので、奈良時代の原本はまったく残されていませんが、写本という形でかろうじて残されているのが常陸・播磨・肥前・豊後、そして出雲の5風土記です。しかしいずれも脱落した部分があり、ほぼ完全な形で残されているのは『出雲国風土記』だけだと言われています。
 「ほぼ完全な」・・・。「完本に近い」・・・。そうした形容詞で呼ばれる『出雲国風土記』ではありますが、「ほぼ」とか「近い」と付いている以上、完全ではありません。中でも、「島根郡条」には脱落や誤写が多く、そのために様々な問題を残しているのですが、「島根郡」の隣の「秋鹿郡」も、いろいろ微妙な問題を残していることで知られています。

 前にも一度紹介しましたが、『出雲国風土記』には、4つの神名火山=神の降る山が記されているのですが、この内の一つ、秋鹿郡の神名火山は、その山がどれなのか確定していません。
 秋鹿郡の神名火山は、一般的には朝日山(標高341m)だと言われることが多いのですが、『出雲国風土記』を素直に読めば、「その山の麓」に佐太神社があるようにも、「高さ四十丈(約120m)」しか無いように思えないのです。このため、近年の研究では、佐太神社の背後にある小さな山が神名火山では?と言う説が説得力を持ち始めています。
 しかし、ぱっと見、それがどの山かわからないような山を、神名火山として『出雲国風土記』に載せるのでしょうか?それ以前に、神の降る山は、もっと神々しく、存在感のある山であるべきではないのか・・・。古代の人の感覚を無視した、個人的な願望に過ぎないかもしれませんが・・・。
大雪が止んで、一気に晴れて、で、すんごく冷え込んだ朝。朝日山を見に行ってみました。
霧に浮かぶ朝日山

 霧に浮かぶ朝日山は、神の降る山にふさわしい神々しさと存在感を持って、そこにあったのですが・・・。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/11(日) 21:19:33|
  2. 神話の足跡探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ルビづいとトラヤ | ホーム | 雪の城山稲荷神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kiwomite.blog.fc2.com/tb.php/414-01d4119b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やや

Author:やや
 神社仏閣と古い町並み、そして何より屋根とお庭が大好きな“やっぱり屋根が好き”と申しますが、相棒の“お松”に、あり得ないぐらい略されて、“やや”と呼ばれています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お庭でひとりごと (61)
お松との会話 (61)
出雲のお庭 (34)
いわゆる出雲流庭園 (11)
石見のお庭 (9)
雪舟を探して (11)
雪舟が見つからなくって (8)
屋根フェチの小部屋 (32)
プチ巨石ブーム (23)
石見銀山で散歩 (22)
神話の足跡探し (72)
小泉さんの散歩道 (9)
山寺で修行中 (48)
波乗りウサギに会ってきた (10)
ネタ切れにつき在庫処分 (14)
未分類 (0)

木を見て庭を見ず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR